MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
リストランテ ラストリカート(イタリアン/神楽坂)|絶品イタリアン♪大切な人とのお食事の時間に…

リストランテ ラストリカート(イタリアン/神楽坂)|絶品イタリアン♪大切な人とのお食事の時間に…

 今やレベルの高い店が揃うという意味で、フレンチ同様に注目を集める神楽坂イタリアンだが、創業16年のこちらはその象徴ともいえる存在。磨き上げられた木の床に糊の効いたクロスがかかったテーブルがゆったり配された店内は、正統派のリストランテの佇まい。

perm_media 《画像ギャラリー》リストランテ ラストリカート(イタリアン/神楽坂)|絶品イタリアン♪大切な人とのお食事の時間に…の画像をチェック! navigate_next

リストランテ ラストリカート(最寄駅:飯田橋駅)

品数にも大満足神楽坂の名店で味わう素材派イタリアン

兵庫横丁の一角、繁華街の喧噪とも無縁の贅沢な空間だ。プリフィックススタイルの3456円のランチコースは、店の実力を知るのに十分な内容。華やかな前菜の盛り合わせはワインを呼ぶ味わいで、スープに使う野菜や魚の一品に季節感が滲む。パスタはシンプルで、カラスミや大山鶏など素材の風味がしっか
り。メインは低温で繊細に火を入れた豚のロースト、という具合。家族連れからカップルまで幅広い客層で賑わう雰囲気もいい。

ラストリカートランチコース
3456円

岩中豚の低温ロースト:主菜は2品から選択。豚のローストはフォンのソースが味わいをより深める

季節の前菜 盛り合わせ
 

ゴボウのフレークをまとったレバーパテ、ニンジンのスープなど

釜揚げシラスのスパゲッティ
 

シラス、カラスミの旨みがパスタに絡む。パスタは3品から選べ、2人以上ならハーフポーションで2種をシェアできる

大山地鶏のラグーソースのフェットチーネ
 

キャベツの甘みが鶏の滋味の引き立て役

ティラミス、コーヒー、小菓子

ティラミスのエスプーマ仕立て

お店からの一言

オーナーシェフ 蓮見雅一さん

「味わい、ボリュームともにご満足いただけるはずです」

リストランテ ラストリカートの店舗情報

[住所]東京都新宿区神楽坂4-6 2階 [TEL]03-5261-4230 [営業時間]11時半~15時(13時半LO)、17時半~23時半(21時LO)※ランチタイム有 [休日]月・第2日(8月・12月の第2日は営業) [席]カウンターなし 全20席/全席禁煙(喫煙室あり)/カード可/予約可/昼はサ5%、夜は10% [交通アクセス]地下鉄東西線ほか飯田橋駅B4b番出口から徒歩5分


電話番号 03-5261-4230

2018年9月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
神泉の人気店『オルランド』の兄弟店として今年オープンしたばかり。本店より少しカジュアルに楽しめるカウンターだけの空間だ。
一見、喫茶店のような趣だが、実は豊富な料理が楽しめるイタリアンレストラン。人気の鶏肉のグラタンは、ベシャメルソース、フォン・ブランという鶏ガラのダシや白ワイン、さらに大山地鶏の旨みが一体となった、やさしくもコクのある味わいだ。
「肉の色と質を見てください」。店主の栗山さんが大事そうに抱えてきたのは、沖縄在来種の血統を守る今帰仁アグー。
特に男性にとってちょっとモノ足りないイメージがあるというパスタランチだが、この店ではそんな心配ご無用! 全メニュー同料金でLLサイズの麺量400gまで増量可なのだから。
“恵み”を意味する『ALMA』では、東北六県の魚介類や野菜の仕入れにこだわり、各地の魚屋や農家と密に連携し毎日の食材を取り揃えている。写真の自家製の平打ちパスタにごろっと入るのは、もちろん六県各地の漁港から集まった新鮮なムール貝、ホタテ、サザエにツブ貝たち。
最新記事
洋食屋さんのカツレツはいつだって優しくてあったかい。それは単なる料理の温もりだけじゃない。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は神奈川編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「日本食冒険記」。これなんぞ?と思うでしょう。出演者は、訪日&在日外国人。飲食店で食事しながら日本食に対する思いを語っているのです。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は東京編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
「素直に美味しいと思える野菜を扱いたい」と八百屋を開いた小松さん。小さな生産者から無農薬で化学肥料を使わない野菜を仕入れている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル