MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
肉会席 ゆかわ(日本料理/神楽坂)|神楽坂の裏路地にある和モダンな個室で極上のランチを堪能♪

肉会席 ゆかわ(日本料理/神楽坂)|神楽坂の裏路地にある和モダンな個室で極上のランチを堪能♪

裏路地のかくれんぼ横丁に位置する「肉会席 ゆかわ」。もともと料亭として使われていたという和空間でのランチは、前日夜8時までの完全予約制だ。

肉会席 ゆかわ(最寄駅:飯田橋駅)

しっとりとした空間で贅沢に味わうランチ限定レア牛カツ

黒毛和牛のしゃぶしゃぶやステーキもあるが、ぜひ試していただきたいのがランチ限定の牛カツ。程よくサシが入って柔らかく、噛むほどに甘みが広がる。薄~い衣のサクサクとした歯ざわりも小気味よい。牛肉は、北海道や東北から仕入れる黒毛和牛を使用。その時々で最上のリブロースを指定しているとか。あっさりとした心地よい後味にも感激だ。

ゆかわ御膳
2800円

小鉢3種(金時草のお浸し、ミスジのサラダ、オクラのゴマ和え)、キャベツのサラダ、馬鈴薯饅頭 べっこう餡、牛カツ、味噌汁、漬物、ご飯:小鉢の一品に使われている金時草や米の「能登ひかり」など、料理長の出身地である石川県の旬の食材を味わえる。牛カツは、お好みでわさび醤油かポン酢を付けていただく。ご飯はお替わりもOK

カツは衣のパン粉が少し色づく程度に、高温でさっと素早く揚げる。絶妙なタイミングがポイント

お店からの一言

店長 山崎 修さん

「牛カツに合う柔らかい肉を厳選しています」

肉会席 ゆかわの店舗情報

[住所]東京都新宿区神楽坂3-1 [TEL]03-6457-5888 [営業時間]11時半~14時半(最終入店13時LO)、17時半~23時(最終入店20時半)、土・祝は~22時(最終入店20時)※ランチタイム有 [休日]日 [席]全室個室 全50席/全席喫煙可/予約可/カード可/夜はサ5% [交通アクセス]地下鉄東西線ほか飯田橋駅B3番出口から徒歩5分


電話番号 03-6457-5888

2018年9月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
奥渋谷のとあるマンションの1室に、とびきり居心地のいい店がある。調理も接客もひとりでこなすのは店主・江間さんだ。
外から見れば小さな惣菜屋。しかし昼時ともなれば、その奥にある扉の向こうに人が吸い込まれるように入っていく。
天保元年創業。日本料理の老舗『なだ万』ときけば身構えてしまうが、こちらは気軽なランチ会もおひとり様も歓迎。
ザクッと香ばしい衣の中から現れるのが、とろ~り口どけのいいお肉。人生で幾皿ものトンカツに出合ってきたけど、こんなの初めて! 
かつて、徳川将軍家の茶の湯に用いる良質な水を汲み上げていたことが「御茶ノ水」の地名の由来だとか。この地で1899年(明治32年)に創業した老舗ホテル『龍名館』が営むのが、まさに日本茶をテーマにしたレストランなのだ。
店主の飽くなき研究で供される寿司にハマる人、続出。赤身のヅケに福井県の地がらしをちょんと乗せたり、赤貝を昆布〆にしてみたり。
どこまでも深いスープにフルフルの豆腐、そこへ辛さの刺激が追っかける! 寒さ増すこの時期にピッタリの韓国鍋で体の中から温まろう。
船橋の『まるは』グループが、「日本近海の海の幸を使った鮮魚ラーメン」を引っ提げて東京に進出。割烹料理や大衆居酒屋も営むことから、市場との伝手を生かした、他店では食べられないような贅沢な一杯を目指す。
上質なスイーツはもちろん、ヴィエノワズリーも頂上レベルのこちら。この「パン・オ・レザン」は、ブリオッシュ生地にラムの香り豊かなレーズンが巻かれ、噛んだ瞬間からその甘美な世界にうっとり。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル