MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
神楽坂タンテボーネ(イタリアン/神楽坂)

神楽坂タンテボーネ(イタリアン/神楽坂)

店名の“タンテ”はmanyで“ボーネ”はgoodを意味する。多くの“ボーネ”な料理が揃うなかで目を引くのが、スフィンチョーネとピアディーナ。

perm_media 《画像ギャラリー》神楽坂タンテボーネ(イタリアン/神楽坂)の画像をチェック! navigate_next

神楽坂タンテボーネ(最寄駅:飯田橋駅)

手打ち生パスタに南北のメジャーフード„ボーネ"な料理に感動

前者は南イタリアでメジャーなストリートフードで、後者はフライパンでパリッと焼いた丸型の生地に具材をのせた、北イタリア発祥の国民食なんだとか。こちらは神楽坂の有名イタリアン出身のシェフが独立し、今年6月に開業。そんなシェフが力を入れる、もうひとつの“ボーネ”な料理が生パスタ。「生地に練り込む素材やパスタの形状、そしてソースとのマッチングで、無限の味を作り出せるのが面白い」と語る。タリアテッレ、ピチ、カサレッチェなど、毎日3~4種を手打ちする。モチモチとした弾力の食感を楽しんでいると、小麦の力強い風味がぐんぐん膨らみ、フォークを口に運ぶ手が止まらない。

ピアディーナ プロシュート
1400円

小麦粉、オリーブ油、塩を練り込んだ素朴な味わいの生地にブラータチーズとルッコラ、プロシュートをトッピング。手軽につまめてワインのお供にピッタリだ

スフィンチョーネ マーレ
1400円

フォカッチャに似たふんわり感が、アサリやエビなどたっぷりの魚介の旨みとチーズのコクを包み込む。パン粉を散らしてカリカリ感を生むのがポイントだ。

ラム肉のスペツィアートと夏野菜のアーリオオーリオ タリアテッレ
1400円

日替わりの一品。スパイスでマリネしたラム肉とパプリカ、万願寺唐辛子などの夏野菜をふんだんに盛り込んだオイルベースのパスタ。幅広のタリアテッレの弾力が抜群の存在感を放っている

ビステッカ
2200円

オーストラリア産牛肉のガッツリとした旨みをダイレクトに堪能できる。玉ねぎ、バルサミコ酢、ハチミツの甘酸っぱいソースが力強い風味と絶妙にマッチ。250g前後というボリュームにも大満足!

お店からの一言

オーナーシェフ 中田 歩さん

「ランチも生パスタを用意しています」

神楽坂タンテボーネの店舗情報

[住所]東京都新宿区神楽坂3-1 キクシマビル1階 [TEL]03-5946-8300 [営業時間]11時半~15時(14時半LO)、18時~23時(22時半LO)、土・日・祝12時~22時(21時半LO)※ランチタイム有 [休日]火 [席]カウンターあり、全18席/全席禁煙/予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄有楽町線ほか飯田橋駅B3出口から徒歩3分


電話番号 03-5946-8300

2018年9月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
神泉の人気店『オルランド』の兄弟店として今年オープンしたばかり。本店より少しカジュアルに楽しめるカウンターだけの空間だ。
一見、喫茶店のような趣だが、実は豊富な料理が楽しめるイタリアンレストラン。人気の鶏肉のグラタンは、ベシャメルソース、フォン・ブランという鶏ガラのダシや白ワイン、さらに大山地鶏の旨みが一体となった、やさしくもコクのある味わいだ。
「肉の色と質を見てください」。店主の栗山さんが大事そうに抱えてきたのは、沖縄在来種の血統を守る今帰仁アグー。
特に男性にとってちょっとモノ足りないイメージがあるというパスタランチだが、この店ではそんな心配ご無用! 全メニュー同料金でLLサイズの麺量400gまで増量可なのだから。
“恵み”を意味する『ALMA』では、東北六県の魚介類や野菜の仕入れにこだわり、各地の魚屋や農家と密に連携し毎日の食材を取り揃えている。写真の自家製の平打ちパスタにごろっと入るのは、もちろん六県各地の漁港から集まった新鮮なムール貝、ホタテ、サザエにツブ貝たち。
最新記事
ゲンコツと背ガラ、豚足で炊く豚骨100%のスープは、近年稀に見るこってり度。どろりと濃厚、あえてざらつきを残してワイルドに仕立てているが、豚骨臭は皆無で驚くほどクセがない。
スープと同じくラーメンの味を左右する麺。自家製麺の店も増えているが、今回は業界を代表する 3つの製麺所に注目。『おとなの週末』ライター肥田木が取材しました。それぞれの麺作りの姿勢は……いやあ、こうも奥深いものとは。感動を呼ぶ(?)麺物語。今回は浅草開化楼!
わずか6席のカウンター空間は店主の三浦さんが繰り広げる舞台だ。磨き上げられた厨房が美味の時間を予感させる。
油揚げは、刻んでお味噌汁に入れたり、柔らかく煮たあとにすし飯を入れてお稲荷さんにしたり……。そんなイメージがありますが、ステーキのように焼く食べ方で熱い支持を得ている油揚げが北陸にあります。「谷口屋の、おあげ」のことです。
こちらは渋谷の人気店『鬼そば 藤谷』が手掛ける甲殻類ラーメンの専門店。看板は、2019年10月に行われたNYラーメンコンテストで優勝を果たした「ロブスター味噌らぁ麺」。
get_app
ダウンロードする
キャンセル