MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
ルー・ド・メール|「限定メンチカツカレー」チーズがとろける至福のメンチカツ(メンチカツカレー/神田)

ルー・ド・メール|「限定メンチカツカレー」チーズがとろける至福のメンチカツ(メンチカツカレー/神田)

スパイスが香る洗練されたカレーが人気の洋食店。「限定メンチカツカレー」は、挽き肉入りのドライカレーのルーにメンチカツと半熟目玉焼きをのせたもの。ルー・ド・メール (Loup de mer)[交]JR中央線神田駅西口から徒歩2分 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》ルー・ド・メール|「限定メンチカツカレー」チーズがとろける至福のメンチカツ(メンチカツカレー/神田)の画像をチェック! navigate_next

ルー・ド・メール(最寄駅:神田駅)

「限定メンチカツカレー」は、挽き肉入りのドライカレーのルーにメンチカツと半熟目玉焼きをのせたもの。サックリした衣のメンチカツを割ると、溢れる肉汁とともにチーズがトロ~リ。ジューシーなメンチとチーズ、コクのあるルー、玉子が織り成す幸せな四重奏に酔いしれてしまう。

限定メンチカツカレー(中辛)
(昼)1,600円

チキンオムライス
2,000円

※昼の注文は13時~

ルー・ド・メール

東京都千代田区内神田3-10-7斎藤ビル2階 ☎03-5298-4390 [営]11時半~14時半LO、17時半~20時半LO、土11時半~14時半LO、17時半~20時LO、祝11時半~15時半LO [休]日、第2月 [席]テーブル2席×5卓、4席×1卓 計14席(最大18席)/全席禁煙/夜のみ予約可/カード不可/サなし [交]JR中央線神田駅西口から徒歩2分

電話番号 03-5298-4390
2016年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
時折、下校中の小学生が顔を覗かせる。「おかえり!」と声をかけるのは店主・山田さん。
その美味しさに思わず顔がほころぶ。例えば魚は和歌山の漁港から直送されたものを最良の調理法で提供。味が濃い野菜は、皿ごとに異なる種類を極力入れるよう配慮されている。
大きな窓から射し込む日差しに、心ほどけるような空間だ。ここは新宿中村屋ビルの最上階にある直営レストラン。
1925年に創業した老舗レストラン。当代の祖父にあたる2代目が考案して以来の看板メニューがこの「ヤキメシ」だ。
硬めに茹で、ミンチにしたベーコン、玉ネギ、トマトの旨みが溶けたコンソメスープに浸し、味を染み込ませたマカロニがポイント。ロングマカロニは手で折ってから茹でているため、ソースとのなじみも抜群だ。
福岡を代表するサバ料理といえば、サバの刺身を醤油ベースのたれ、白ごま、薬味であえた「ごまさば」。 でも、あんなすばらしい味は福岡に行かなければ到底ムリ(涙)と思っていたら……。 「東京都内で福岡の料理を提供しているお店の多くに、ごまさばがありますよ」と、Facebookグループ『東京にある福岡のお店に行こう』発起人の宮脇さんが情報を提供してくれた。
自宅での晩酌やリモート飲みも増え、自宅用の酒肴が欠かせない今日この頃。ウニの濃厚さとからすみの塩気が絶妙な『天草産うにからすみ』や、焼くだけで至福の味わい『広島産 殻付きかきグラタン』等、見た目も味も抜群な通販商品を、厳選してご紹介します!
台湾の軽食や甘味が楽しめる。豆乳プリン・豆花に舌鼓を打つのもいいが、寒い冬には「鹹豆漿」がおすすめ。
城下町である松本は喫茶店やカフェが多いことで知られている。特に人気があるのが女鳥羽川沿いにある珈琲まるも。
毎年数百軒のお店を紹介している雑誌「おとなの週末」編集部が、2021年に飲食業界でブレイクするフード・ドリンク、業態を勝手に大予想。信じるか信じないかはあなた次第です……。
439views コラム

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル