MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
175°DENO担担麺GINZa(坦々麺/銀座)

175°DENO担担麺GINZa(坦々麺/銀座)

札幌の人気担々麺が東京に進出。店名の“175°”とはラー油を作る温度で、175℃の温度で3時間じっくりスパイスを煮出すことで深い旨みを引き出している。

175°DENO担担麺GINZa(最寄駅:銀座一丁目駅)

幾重にも重なる旨みと辛味、痺れの相乗効果で魅了

コンセプトは「四川料理と日本のラーメン技術を取り入れた担々麺」。辛さよりも旨みを重視した造りで、濃いめの芝麻醤や、豆板醤、甜面醬、豆鼓などで味付けた炸醤、トッピングのカシューナッツや干しエビなど、旨みの相乗効果で魅了する。じんわり心地よい痺れの正体は担々麺の本場・四川省成都で買い付ける最高級花椒。ガリッと香ばしい揚げ花椒も味わいのアクセントになっている。

汁なし担担麺
850円

麺は北海道産小麦で作る、もちもち食感の多加水平打ち麺。痺れ具合は「シビれない」「シビれる」「すごくシビれる」の3段階からセレクトできる

汁あり担担麺
900円

濃厚なごまの風味やスープやラー油の旨みを細麺に吸わせて楽しむ

お店からの一言

店主 DENOミツヒロさん

「チーズリゾットで〆るのがおすすめ!」

175°DENO担担麺GINZaの店舗情報

■『175°DENO担担麺GINZa』
[住所]東京都中央区銀座2-6-16 銀座第2吉田ビルB1F
[TEL]03-6264-4044
[営業時間]11時半~22時LO※ランチタイム有
[休日]無休
[座席]カウンターあり、全21席/全席禁煙
[アクセス]地下鉄有楽町線銀座一丁目駅8番出口から徒歩1分


電話番号 03-6264-4044

2018年8月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
唐辛子9種類、香辛料9種類を使って作られる香り豊かなラー油。香りが飛ばないように毎日挽かれる花椒の痺れ。
テーマは“毎日食べたくなる担々麺”。濃厚ながらも重くなく、カラダにやさしい汁なし担々麺を提供する。
中華の経験を活かした“痺れ系”ラーメンの専門店で、“汁あり”、“汁なし”、夏は“冷やし”と3種の担々麺を展開する。定番の“汁あり”は、豚をメインにした厚みのあるスープ。
広島に汁なし担々麺の文化を広めたパイオニアが東京に初出店。“広島汁なし担々麺”の代名詞である花椒がたっぷりかかるため、熱々の湯気と共に爽やかな香りが立ち上る。
10月に立川のラーメンスクエアにも出店を果たした注目の担々麺専門店。店名のとおり7色の担々麺を展開し、それぞれ異なった味わいを楽しめる。
果実酢をベースに作られたこちらの商品は、フルーティで飲みやすいのが特長。中でもオススメが、爽やかな酸味の「りんご(王林)」、スッキリして芳醇な香りの「柚子」、穏やかな甘みで男性にも人気が高い「ジュニパーベリー」。
アッサリしていながらもクッキリとした味わいが味蕾を、鶏の香りが鼻腔を刺激する醤油味スープ。もっちりしつつツルツル感半端ない中太の麺。
夏到来! 今年はマスク必須でこれまで以上に厳しい暑さとの戦いになること必至です。そんなときはつるつるっといただける爽快感抜群の冷やし麺が一番!! 冷やし中華や冷麺、ラーメンに、蕎麦、うどん。すすりにすすって見つけた三ツ星麺をご覧あれ。ほか、夏に効く「辛くて旨いもの」、この夏食べたい「アイス&ソフトクリーム」特集もあります。
187views 本誌紹介
赤羽屈指の行列店で、言わずと知れた讃岐うどんの名店だ。一番人気は、ジューシーな鶏もも肉の天ぷらが3つと大根おろしがのる「かしわおろしぶっかけ」。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt