MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
四川担担麺 阿吽 湯島本店(坦々麺/湯島)

四川担担麺 阿吽 湯島本店(坦々麺/湯島)

唐辛子9種類、香辛料9種類を使って作られる香り豊かなラー油。香りが飛ばないように毎日挽かれる花椒の痺れ。

perm_media 《画像ギャラリー》四川担担麺 阿吽 湯島本店(坦々麺/湯島)の画像をチェック! navigate_next

四川担担麺 阿吽 湯島本店(最寄駅:湯島駅)

辛さと香りと痺れ元気になる旨さが人気!

その美味しさを追求するとともに、身体を元気にする“食養生”の考えをもとに創りあげられたという担担麺だ。やや太めの麺はモチモチした食感で、混ぜ合わせると独特の下地と乳化したようによく絡み、刺激的な香りが上がってきたらもう待てない。口の中はしっかり辛くて、しっかり痺れ、かつ奥行きのある芳醇な旨さが広がっていく。残った肉味噌に京都産棚田米のライスを投入するのもおすすめ。

つゆ無し担担麺
830円

ラー油の辛さ、花椒の痺れは、それぞれ1~6までレベルを選んで組み合わせられる。肉味噌と干しエビ、ヤーツァイ、水菜とカイワレが載る

黒胡麻担担麺
900円

香りの深い黒胡麻のスープが細めのストレート麺とマッチ。辛さや痺れとコクを味わいたい

お店からの一言

副店長 石橋正行さん

「お好みの辛さを見つけてお楽しみを」

四川担担麺 阿吽 湯島本店の店舗情報

[住所]東京都文京区湯島3-25-11 [TEL]03-3834-6350 [営業時間]11時~14時半、17時半~21時45分、土・日・祝11時~15時、17時半~21時(土21時45分) ※材料無くなり次第閉店※ランチタイム有 [休日]火 [席]カウンターあり、全17席/全席禁煙 [交通アクセス]地下鉄千代田線湯島駅5番出口から徒歩2分


電話番号 03-3834-6350

2018年8月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
『ホテルオークラ』や『希須林』で中華の腕を磨き、担々麺の某名店でも働いた経験を持つ店主が満を持して独立。昼間は「汁なし担々麺」と「担々麺」を看板に掲げる専門店ながら、夜はその腕を生かして、お酒が進む一品中華も提供する。
 和食屋、ラーメン店、定食屋と経験した店主が、その魅力を忘れられずに再びラーメンの世界へ。有名ラーメン店で働いていた頃に生み出したというふたつの無化調担々麺を引っ提げて、専門店として新たなスタートを切った。
テーマは“毎日食べたくなる担々麺”。濃厚ながらも重くなく、カラダにやさしい汁なし担々麺を提供する。
中華の経験を活かした“痺れ系”ラーメンの専門店で、“汁あり”、“汁なし”、夏は“冷やし”と3種の担々麺を展開する。定番の“汁あり”は、豚をメインにした厚みのあるスープ。
広島に汁なし担々麺の文化を広めたパイオニアが東京に初出店。“広島汁なし担々麺”の代名詞である花椒がたっぷりかかるため、熱々の湯気と共に爽やかな香りが立ち上る。
最新記事
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル