MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
鴻運楼(中華料理/西川口)

鴻運楼(中華料理/西川口)

メニューにはぎっしりと300種類以上の中国料理が、日本語なしで並ぶ。いつ行っても中国人で賑わっている印象だ。

perm_media 《画像ギャラリー》鴻運楼(中華料理/西川口)の画像をチェック! navigate_next

鴻運楼(最寄駅:西川口駅)

食材から調理法までまんま現地な料理のオンパレード

人気の秘密は、ひと皿のボリュームは大だがリーズナブルで、やはりホンマもんの味だからだろう。肉、海鮮、鍋、点心、ご飯もの…、中華らしい食材もオンパレード。マテ貝のスープも旨かった。

自家製ニラ大餃子(2個)
480円

中にはニラと玉子がたっぷり入ったジャンボサイズで、チヂミっぽい美味しさ

揚げ饅頭
480円

「揚げ饅頭」480円は、もちもち甘いごまの餡入りで、スイーツといってもいい変化球。点心のメニューはほかにも、「エビ餃子」「焼き小籠包」「上海大ワンタン」など多彩

フカヒレ餃子
3個480円

3個480円の「フカヒレ餃子」もリーズナブル。黒酢で食すのが◎

鴻運楼の店舗情報

[住所]埼玉県川口市西川口1-24-2 [TEL]048-437-6858 [営業時間]11時~翌2時 ※ランチタイム有 [休日]無休


電話番号 048-437-6858

撮影/鵜澤昭彦 取材/池田一郎

2018年10月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
『ゴルゴ13』などのヒット作で知られる漫画家のさいとう・たかをさんが9月24日、膵臓がんのため亡くなりました。84歳でした。さいとうさんが生前好んで食べたという絶品の「酢豚」を、月刊誌『おとなの週末』(2018年9月号)でも取り上げていました。お店の人に聞くと、「よく来られていました。最近はコロナなので、お持ち帰りがメインでした」といいます。当時の記事を再掲します。
日本発祥と言われる冷やし中華だが、本場の味が集まる横浜中華街でも夏の定番としてすっかり定着。よだれ鶏をのせる、刀削麺を使うなどバリエーションも様々。中でも「美味!」と唸らされた三ツ星店を紹介!
琥珀色の米粒から、ぷぅ~んと匂い立つ醤油の香ばしさ。1929年の開業時から受け継がれた味だ。
ランチタイムは行列、ディナータイムは連日満席。そんな人気店の看板メニューのひとつがこの「焼きめし」。
台湾の人気炒飯店『民生炒飯』の味に惚れ込んだ日本人スタッフが現地で修業をし、本場の味を習得。店主に認められ、国外初出店を果たした。
最新記事
北海道では秋が収穫どきな小豆。そんな、今まさに旬!な小豆を使った「あんパン」と「あんバター」から、厳選された逸品をご紹介します。昔ながらのあんパン派の『おとなの週末』ライター池田と、今どきのあんバター派の編集・戎によるあんこバトルも開戦?
芸能界イチのパン好き女優・木南晴夏さん。好きが高じて2020年3月に自身初となる著書『キナミトパンノホン』を上梓しました。東京を中心に関東のパン屋さんから9カテゴリ全48軒が登場しています。その中から、オンラインショップでも買える5軒を厳選。木南さん本人のおすすめポイントと共にご紹介します。
読者の皆さん(特に男性)、異国情緒あふれるお洒落な店内に尻込みするべからず。何てったってココは極旨のローストポークがあるんだから! 
コロナ禍で、食材や料理を産地から新幹線で直送するニュースを見かけます。それを超えるスケールで展開するのが「サバヌーヴォー」。ノルウェーから飛行機で水揚げから約60時間でやってくるのです。しかもこれが相当な美味というのです。サバジェンヌ渾身のレポートをご覧あれ。
当サイトでグルメ系YouTubeを紹介しているライター・菜々山いく子。無類のTKG好きである彼女が、つい何度も見てしまう卵かけご飯動画を厳選。見ると必ずTKGが食べたくなること必至です!
get_app
ダウンロードする
キャンセル