MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
坦坦麺餃子工房 北京(餃子/宮崎台)

坦坦麺餃子工房 北京(餃子/宮崎台)

旨さの秘密は第一に皮にある。無論、餡の配合や全体の調和も大事にするのは言うまでもないが、大前提で皮が旨くないと全てがおじゃん。

perm_media 《画像ギャラリー》坦坦麺餃子工房 北京(餃子/宮崎台)の画像をチェック! navigate_next

坦坦麺餃子工房 北京(最寄駅:宮崎台駅)

キャベツ主役の餡を優しく抱き込むサクモチ皮

だからその手法は子供の頃から父の店を手伝っていた店主の尾池さんが昔のスタイルを貫いている。もっちりきめ細かな皮の質感を生み出すのは計3回の練りだ。練って休ませてを繰り返し、レシピでなく何より手の感覚を信じて仕込んでいる。その皮に包まれるのはキャベツ主役のシャキシャキ餡。ニンニクとニラのパンチも利いて、餃子はこうでなくちゃ!と再確認。食べなきゃソンです。

餃子(6個)
550円

見よ、まさに餃子らしい餃子の美しきお姿を! 厚過ぎない皮はキャベツたっぷりの餡と抜群に合う。野菜が多いので豚肉は脂身が多い部分を使ってコクを出し、焼く時はラードを使用。粉を溶いた水を入れて焼くことでパリッとした食感に仕上げている。これぞ創業約60年の技だ

タンタンメン
870円

餃子と並ぶ看板メニュー。ごま味でなく醤油ベースが特長で、豚骨、鶏ガラ、香味野菜で仕込んだとろみのあるスープが細麺に絡んで絶品

ナス味噌炒め
880円

自家製の甜麺醤を使ったナスの炒め物。調味料はラーメンに使う味噌や醤油ダレなども全て手作りだ

お店からの一言

店主 尾池久男さん

「全てが昔ながら。毎日提供する分だけ仕込んでいます」

坦坦麺餃子工房 北京の店舗情報

[住所]神奈川県川崎市宮前区宮崎2-6-11 [TEL]044-854-4288 [営業時間]11時半~15時、17時~20時半※ランチタイム有 [休日]月曜日、第3月曜日火曜日は連休(月曜日が祝日の場合は営業で翌火曜日休、第3月曜日火曜日が祝日の場合は営業で第4月曜日火曜日を連休) [座席]カウンターあり、全25席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし [交通アクセス]東急田園都市線宮崎台駅北口から徒歩3分


電話番号 044-854-4288

撮影/大西尚明 取材/肥田木奈々

2018年10月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
「餃子でお祭りのように騒ごう」がコンセプト。個性豊か、多彩な餃子メニューとともにお祭りがモチーフの店内は陽気に呑める。
2017年から3年連続で「ミシュランガイド」のビブグルマンに選出された祇園の餃子専門店『ぎょうざ歩兵』。最大で4時間待ち、多いときには1日2500~3000個販売するなど、数々の金字塔を打ち立てた同店の姉妹店が銀座にオープンした。
看板商品はひと口餃子の「ちびすけ」(8個550円)。焼きまたは揚げを選べるほか、紫蘇やエビも。
昭和24年の創業以来、変わらぬ味を守り続ける老舗。合挽き、玉ネギ、ニラからなる餡を小ぶりの三角形に包み、パリッと焼き上げる。
創業者の出身地・台湾の小籠包と、その奥様の出身地・熊本のだご汁をルーツに生まれたのが、餃包。鶏ガラや豚肉、野菜などをとろとろになるまで煮込んだ白湯スープに、溢れ出す肉汁と肉餡が溶け合い、深みのある旨みに思わず唸る。
最新記事
九州、中・四国の美味しいものを気軽に楽しんでもらいたい。ゆえに魚、肉、ご当地の肴まで幅広く用意する。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな蕎麦のレシピを紹介します。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな鍋のレシピを紹介します。
ここ数年、植物性由来の食材を使い、肉や魚などに似せた「ヴィーガンフード」をよく耳にするようになった。いまや普通のスーパーでも、伊藤ハムや丸大食品などお馴染みのメーカーが作る植物性由来の大豆ミートを使用したハンバーグやハムなどが並ぶコーナーができるほど。しかし、それでもなお珍しいのは海産物系。植物性由来の食材だけで作ったヴィーガン海鮮丼を食べてきた!
親子丼の元祖として知られる『玉ひで』の姉妹店として、暖簾を掲げて今年でちょうど20年。熟練の職人が炭火で炙った端正な焼鳥はもちろんのこと、鶏を使った一品料理も申し分ない実力派。
get_app
ダウンロードする
キャンセル