MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
[中目黒 牡蠣入レ時] 旨さ際立つ絶品カキ!(牡蠣料理/中目黒)

[中目黒 牡蠣入レ時] 旨さ際立つ絶品カキ!(牡蠣料理/中目黒)

[中目黒 牡蠣入レ時]のおすすめ牡蠣メニューのグルメ記事と写真。カキの魅力を改めて再認識させてくれる店だ。特に「焼き牡蠣」はシンプルだが実に旨い。今にもはち切れんばかりにぷっくりとした見た目もさることながら、噛めば口の中にほとばしるエキスは感涙もの。[交]東急東横線ほか中目黒駅 正面口から徒歩1分

perm_media 《画像ギャラリー》[中目黒 牡蠣入レ時] 旨さ際立つ絶品カキ!(牡蠣料理/中目黒)の画像をチェック! navigate_next

中目黒 牡蠣入レ時(最寄駅:中目黒駅)

料理ごとに違う仕込みで
カキの旨みを生かしてます



 焼きや蒸しなどの調理に使うのは粒が大きく味がいい広島県宮島産で、産地と契約して直送している。

 ほかにもカキの料理は全国から厳選した生ガキをはじめ、高級食材のフォアグラと組み合わせたソテーや春巻きなど、どれも魅力的で目移りしてしまうほど。その道50年の料理長が丁寧な仕込みをした本格派だ。カキ以外にも毎日築地で仕入れる鮮魚や野菜を使った創作料理も秀逸で、カウンター席中心の小さな店が秘めた大きな実力に感服してしまう。

生牡蠣3種6ヶ盛
3800円

生ガキは全国の産地から常時3、4種類を入れている。写真は岩手県産や兵庫県産など。大きさや食感、風味など産地によって違う味わいを食べ比べ。レモンを搾ると爽やかな後味だ

フォアグラと牡蠣のロッシーニ
1400円

表面をカリッと焼いたフォアグラのとろける旨さとプリッと歯切れ良いカキがマッチ。仕上げにトリュフオイルで香りを付け、醤油味の和風ソースでいただく

名物焼き牡蠣(1個)
400円

強火で一気に焼いてドリップを閉じ込めると、縮むことなく丸々と艶やかに仕上がる

宮島牡蠣揚げ春巻き
700円

カキを軽くボイルしてから春巻きに。パリパリの皮の中からカキ汁がジュワッ

牡蠣雑煮
750円

鰹と昆布ダシの関西風。野菜たっぷりで染み入る味わいだ

[その他のメニュー]
牡蠣のオイル漬け500円、特撰カキフライ990円、特撰カキ土手煮780円、牡蠣結び350円、名物トロカツ1350円、焼き雲丹のリゾット海苔のクリームソース1400円、蛤出汁のうどんボンゴレ1150円など

中目黒 牡蠣入レ時の店舗情報

[住所]東京都目黒区上目黒1-19-7 タカギアネックス5階 
[TEL]03-5720-6055 
[営業時間]17時~24時(料理LO 23:00 ドリンクLO 23:30) 
[休日]不定休 
[席]20席(テーブル席あり)/全面禁煙(店外に喫煙スペースあり)
[その他]予約可/カード可/サなし、お通し500円別 
[アクセス]東急東横線ほか中目黒駅 正面口から徒歩1分

電話番号 03-5720-6055
2016年2月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
いいマグロをリーズナブルに食べるなら、忘れちゃいけないのが居酒屋の「マグロブツ」。気軽に頼めるブツを肴にライター・カーツさとうと「おとなの週末」編集・武内が、旨い! 以外のマグロの魅力を考察してみました。
東京駅で魚料理が食べたくなったなら、脇目を振らず、この店に急ぐべし! 本マグロをはじめとした、とびきり新鮮で上質な刺身に、上品な風味がじんわり沁みた西京漬けと、主役級のおかず2種を盛り込んだ「奈可嶋膳」が待っている。
「美味しいサバを食べてほしい」という熱い思いから、日本各地よりその時々の最高のサバを入荷。刺身や焼き、カツなど、サバの特性に合わせて魅力を引き出した料理を提供しているサバ専門店。
「海外の漁師町にあるちょっとしたバル、酒場のイメージですね」と店長の三谷さんが言うように、肩肘張らず、立ち飲みでワイワイ貝料理を楽しめるのがいい。一番人気は、活貝ソテー。
最新記事
みなさんは“チャーラー”をご存じでしょうか。チャーハンとラーメンのセットの略語なのです。愛知で親しまれるこのセットメニューを愛してやまない現地在住のライター・永谷正樹が、地元はもちろん、全国各地で出合ったチャーラーをご紹介します!
築約70年の木造日本家屋で営業を続けるお好み焼き屋。芸人で染太郎の妻・崎本はるが、戦争で染太郎を亡くしたあとに始めたお店で、屋号は後から付けたもの。
リモートワークで毎朝通勤しなくていいのはうれしいけれど、どうも気持ちが仕事モードに切り替わらない。そんな時は甘いものを食べて脳に糖分を注入! 実際に食べて美味しかった朝スイーツをご紹介します。
コロナ禍のステイホームで、家で食事をする時間が増えましたね。ですが、マンネリになりがち。そして晩酌のお酒も……。そこで日本人には馴染みが薄い「シェリー」に注目。それに合うタパス(スペイン風つまみ)を「カルディ」の商品を使って考えてみました。
持ち帰り専門の「ちよだ鮨」が手がけている立ち喰い寿司屋で、握りたての新鮮な生ウニや活貝、江戸前の各種ネタをお手頃価格で味わえる。シャリは精米したての米を使用し、店内で炊き上げている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル