MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
肉汁水餃子 餃包(餃子/六本木)|人気の中華居酒屋!珍しい水餃子専門店でツルツル食感をお楽しみ下さい。

肉汁水餃子 餃包(餃子/六本木)|人気の中華居酒屋!珍しい水餃子専門店でツルツル食感をお楽しみ下さい。

創業者の出身地・台湾の小籠包と、その奥様の出身地・熊本のだご汁をルーツに生まれたのが、餃包。鶏ガラや豚肉、野菜などをとろとろになるまで煮込んだ白湯スープに、溢れ出す肉汁と肉餡が溶け合い、深みのある旨みに思わず唸る。

perm_media 《画像ギャラリー》肉汁水餃子 餃包(餃子/六本木)|人気の中華居酒屋!珍しい水餃子専門店でツルツル食感をお楽しみ下さい。の画像をチェック! navigate_next

肉汁水餃子 餃包(最寄駅:六本木駅)

水餃子の肉汁が溶け込んだ濃厚白湯スープにハマる

この濃厚スープに負けない厚みのあるもちもちの皮は、この店のためだけに配合された粉で作られているそう。フレンドリーな接客も居心地がよく、常連客が多いというのも納得。気に入ったら、ファンクラブ会員(来店時に1杯目が無料になる・月額540円)になるとお得だ。

餃包
4個 1069円

一つひとつが食べ応えある大きさ。グツグツと音をたてながら土鍋で運ばれてくる

黒豚の角煮
1620円

プルプルの脂身は、あっさりとした上品な味

ひとくち揚げ餃子、餃子ソーセージ
8個 745円、4本 961円

50回以上試食して完成させた餃子ソーセージ。揚げ餃子はパリパリの食感とニンニクが利いて酒が進む

お店からの一言

サービス責任者 湯浅宏仁さん

「生搾り果実を使ったオリジナルのお酒も自信作です!」

肉汁水餃子 餃包の店舗情報

[住所]東京都港区六本木4-9-8 リラビル1階 [TEL]03-6805-3119 [営業時間]16時半~24時25分(23時55分LO)、土・日・祝15時~ [休日]第一月(祝日の場合は翌日) [席]カウンターあり、全55席/全席禁煙/予約可(3名~、6名以上はコースで要相談)/カード不可/お通し代300円別(席料・サービス料込み) [交通アクセス]地下鉄日比谷線六本木駅4a口から徒歩1分


電話番号 03-6805-3119

撮影/浅沼ノア 取材/井島加恵

2018年10月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
「餃子でお祭りのように騒ごう」がコンセプト。個性豊か、多彩な餃子メニューとともにお祭りがモチーフの店内は陽気に呑める。
2017年から3年連続で「ミシュランガイド」のビブグルマンに選出された祇園の餃子専門店『ぎょうざ歩兵』。最大で4時間待ち、多いときには1日2500~3000個販売するなど、数々の金字塔を打ち立てた同店の姉妹店が銀座にオープンした。
看板商品はひと口餃子の「ちびすけ」(8個550円)。焼きまたは揚げを選べるほか、紫蘇やエビも。
昭和24年の創業以来、変わらぬ味を守り続ける老舗。合挽き、玉ネギ、ニラからなる餡を小ぶりの三角形に包み、パリッと焼き上げる。
店内には使用する野菜から豚肉まで本日の原材料産地が。極力地元や東北の食材を使った、手作り感ある餃子メニューが数々。
最新記事
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル