MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
関山米穀店(ビストロ/神保町)

関山米穀店(ビストロ/神保町)

 8.8坪のお店で出すタパスは、気取らないながらも繊細な味付けと美しい盛り付けが魅力。口に含んだ先には、幸せが待っている。

関山米穀店(最寄駅:神保町駅)

美しいタパスはまるで”ワイン泥棒“

中でも大人気のオムレツは、黒トリュフの華やかな香りと卵の柔らかさが一体となり、店主オススメの自然派ワインがどんどん進む! エビのカナッペやマッシュルームのサラダは、宝石のようにちりばめられた野菜やハーブの細やかさにプロの手腕を実感。おひとりさまも気軽に入りやすく、通い詰めたくなること間違いなし。

黒トリュフのオムレツ
900円

東京・練馬区の「パーラー江古田」のパン(500円)は、香ばしくオムレツにもワインにも合う

エビのカナッペゴイスアルギ風、ブラウンマッシュルームだけのサラダ
1P250円、750円

見た目にも美しいタパスの数々は、食べても期待を裏切らない。新鮮な角切り野菜と合わせたエビ、薄く切った生のマッシュルームは素材の風味を贅沢に感じることができる

お店からの一言

店主 関山真平さん

「ほんの少しだけ飲みたいときもお気軽にどうぞ」

関山米穀店の店舗情報

[住所]東京都千代田区神田小川町3-9 AS ONE神田小川町ビル1階 [TEL]03-5244-5446 [営業時間]17時~24時、土17時~23時 [休日]日 [席]カウンターあり、全11席/全席禁煙/予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄半蔵門線ほか神保町駅A9番出口から徒歩3分


電話番号 03-5244-5446

撮影/小澤晶子 取材/赤谷まりえ

2018年10月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
道玄坂から神泉駅に向かう通り沿いにある、古い一軒家を改築したビストロだ。メニューには広島・岡山を中心とした備後地方の食材をふんだんに使用した料理が並んでいる。
皿によそられ出てきたときの興奮度は半端ない。魚介と野菜の色あざやかなルックス。
「ガンゲット」とはビストロよりも気安い酒場のこと。かしこまらずに食べられるが、料理はクラシックなビストロメニューを揃えている。
ワイワイ、カチャカチャ。ビストロらしい賑わいが似合う店だ。メニューには「フランスの片田舎にあるようなワイン居酒屋」とあり、気取りなく、一方でワインに対して気の利いたアテが揃っている。
 かつて神保町で氷屋を営んでいた民家を、9年前ビストロに改装。築72年になる昭和の建物をあえて残し、“晩ご飯の香りが漂う夕暮れに、自宅へと急ぎたくなるような”雰囲気を体現したという。
あんぱんで有名な『銀座木村家』の知る人ぞ知るメニューが、2階の喫茶で提供されている「小海老のカツレツサンド」だ。軽くふわっと付けられた衣はサクサクで、ぎっしり詰まったエビは絶妙な火加減でプリップリ。
夫婦で切り盛りする小体な喫茶店。店主の坂爪弘樹さんは、「コーヒーもケーキも専門店級の味を届けたい」と数々の洋菓子店や高級珈琲店で修業後、2004年にこの店を開店した。
ふたを開ければ宝石のごとき点心に目も心も奪われる。まずはご覧の蒸し餃子。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。
松戸を中心に店舗展開する超人気店『中華蕎麦 とみ田』が、満を持して東京に上陸。同店の代名詞である超濃厚な豚骨魚介つけ麺と、富田店主が業界入りするきっかけにもなった名店『東池袋大勝軒』のクラシカルなつけ麺を二枚看板で提供する。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt