MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
目黒でおしゃれランチ!知っていると褒められるレストラン4選♪

目黒でおしゃれランチ!知っていると褒められるレストラン4選♪

目黒駅周辺で絶対に外せない「ランチ」を、グルメライターが厳選!賑やかさと落ち着いた雰囲気を合わせ持つエリアで、和食やイタリアンなど多種多様なジャンル、ひとり向けから家族や友人との大人数向けまで、注目のお店が豊富に揃っています!

perm_media 《画像ギャラリー》目黒でおしゃれランチ!知っていると褒められるレストラン4選♪の画像をチェック! navigate_next

はじめに

目黒といえば、おしゃれなショップやデザイナーズマンションなどの高級住宅街があり、ハイセンスなイメージのエリア。そんな目黒には美味しい飲食店もたくさんあります。
今回は「ランチ」にスポットを当てて、さらに、おしゃれで友人や家族にちょっぴり自慢できるようなおすすめ店を、ピックアップしてみました♪
味も雰囲気も抜群い良いところばかり!
さっそくご覧ください。

目黒のランチマップ

おすすめのランチ情報を、まずは地図でご紹介!

蕎麦『手打そば 小菅』(JR山手線目黒駅 西口 徒歩3分)

▲鴨汁せいろ 1500円

8月下旬から年明けまでは、北海道から九州にかけて南下する、全国各地の新蕎麦を十割で打つ。香りのよさはもちろん、澄んだ緑色が見た目にも美しいせいろだ。

鴨汁せいろは、低温真空調理した鴨はジューシーで柔らか。長ネギの天ぷらも添えている。

こだわりのそばが堪能できるこちらのお店は、街の喧騒をひととき忘れることのできる落ち着いた雰囲気です。全国の新蕎麦を使った十割蕎麦は香りがよく、淡いグリーンの見た目も爽やかで心が和みます。
つゆにもこだわりがあり、砂糖を使用せず、干しシイタケや昆布などをじっくり煮詰めた自然な甘みが口いっぱいに広がります。
しっとりと柔らかい鴨肉がついた「鴨汁せいろ」は一番人気!とろけるような鴨肉が絶品です。

▲『手打そば 小菅』店内の様子

■『手打そば 小菅』
[住所]東京都目黒区目黒1-5-16 アイワビル地下1階 
[TEL]03-3491-2132 
[営業時間]11時半〜15時(14時半LO)、17時半〜22時(21時半LO)、日・祝は12時〜15時(14時半LO)、17時半〜22時 ※ランチタイム有 
[休日]月曜日
[座席]カウンター6席、テーブル4席×3卓、小上がり4席×2卓 計26席/全席禁煙/夜のみ予約可/カード可/サなし、アルコール注文の場合のみお通し代600円別
[アクセス]JR山手線目黒駅西口から徒歩3分

フルーツサンド『果実園リーベル 目黒店』(R山手線目黒駅 西口 徒歩3分)

▲フルーツサンド

登場したフルーツサンドを見て生唾がゴクリ。旬の果物をこぼれんばかりに抱き込んだ、なんとも贅沢な姿よ……。
約25年前にオープンした『果実園』は、「完熟した果物だけを使い、果物はすべて注文後にカットする」が信条の人気フルーツパーラー。

フルーツパーラーとして絶大な人気を誇るこちらのお店では、フルーツは注文を受けてからカット、ケーキやシャーベットなどはお店の手作りと、納得のこだわり。フルーツサンドやミックスパンケーキは他店では見られないほど山盛りの果実が使われています。ランチにはカレーやパスタなども。朝は早くからモーニングがあるのも魅力です。

▲『果実園リーベル 目黒店』店内の様子

■『果実園リーベル 目黒店』
[住所]東京都目黒区目黒1-3-16 プレジデント目黒ハイツ2階 
[TEL]03-6417-4740 
[営業時間]7時半~23時、日曜日:7時半~22時 ※ランチタイム有  
[休日]無休
[座席]テーブル48席/全席禁煙/平日17時~19時のみ予約可/カード可/サなし 
[アクセス]JR山手線ほか目黒駅西口から徒歩3分

イタリアン『RISTORANTE CANOVIANO』(JR山手線目黒駅 西口 徒歩3分)

▲ランチコース 前菜、パスタ、メイン、デザート、コーヒー 3500円~

代官山から『ホテル雅叙園東京』に移転オープンした、植竹シェフが腕を奮う人気イタリアン。白を基調とした内装の店内は華やかでいて静謐だ。

見た目も美しく、お腹も満足できる皿の数々は、穏やかな休日に実によく似合うのだ。

目黒と言えばこちらの「ホテル雅叙園」が真っ先に思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか。その有名なホテル内のイタリアンのお店はこちら。高級感あふれる店内でちょっと贅沢なコースをお昼から味わうことができます。

バターなどの動物性油脂をできるだけ使わずに作られる料理は、素材の味が活かされています。
ランチのコースは3種類。メニューは生ハムと季節野菜のサラダや、見た目も綺麗な真鯛のグリルなど。誕生日や記念日にもオススメですよ。

▲『RISTORANTE CANOVIANO』店内の様子

■『RISTORANTE CANOVIANO』
[住所]東京都目黒区下目黒1-8-1 ホテル雅叙園東京内 
[TEL]050-3188-7570(レストラン総合案内。9時~20時) 
[営業時間]平日11時半~14時半(LO)、17時半~21時半(LO)、土曜日・日曜日・祝日:11時半~15時(LO)、17時半~21時半(LO)※ランチタイム有 
[休日]無休 
[座席]テーブル82席、個室8席、テラスはテーブル24席、バーカウンター4席、計118席/全席禁煙/予約可/カード可/サ10% 
[アクセス]JR山手線ほか目黒駅西口より徒歩3分

ブッフェ『ニューアメリカングリル カナデテラス』(JR山手線目黒駅 西口 徒歩3分)

店内のグリルで常時焼かれているのは、塩水に漬け込み、全体が均等な味になるよう下ごしらえされた牛肉、淡白さを青山椒の風味で包んだ鶏肉。さらに肉のショーキッチン前のブッフェ台にはスペアリブまで。

こちらも「ホテル雅叙園東京」内にある、ランチ食べ放題の人気レストラン!黒とゴールドを基調としていて、シックでモダンな雰囲気のおしゃれな店内です。

グリルで焼かれる牛肉やスペアリブなどの豪華肉料理や、ピザ・パスタにサラダなど、常時40種以上の豊富な品揃えで、私たちを満足させてくれます!洋食ブッフェでありながらも、シソや山椒など和の食材を取り入れたメニューで、斬新かつ日本人の舌に合うものばかり。
子連れも歓迎です!

▲『ニューアメリカングリル カナデテラス』店内の様子

■『ニューアメリカングリル カナデテラス』
[住所]東京都目黒区下目黒1-8-1 1階 ホテル雅叙園東京内
[TEL]050-3188-7570 
[営業時間]ランチの営業時間:11時~14時半、土曜日・日曜日・祝日:11時~15時 ※モーニング、ティー、ディナー時間あり
[休日]無休 
[座席]テーブル132席、カウンター12席、計144席 全席禁煙/カード可/予約可/サ10% 
[アクセス]JR山手線ほか目黒駅西口より徒歩3分

おわりに

どのお店も美味しそうで、目移りしてしまいますね!ランチは、気軽な雰囲気で、お財布にも優しい価格で味わるのが魅力!
ぜひ足を運んでみてくださいね。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連するキーワード
関連記事
歴史の長さと遊興的な文化度の高さから、多くの文人をひきつけてきた街・浅草。著名作家が活き活きと言葉にした老舗の魅力を、令和時代の今も追いかけることができる。小説・随筆の世界にたちまちトリップできる、名店5軒の味をご紹介。
人気グルメ雑誌『おとなの週末』のライターが、実際に食べ歩いて調査したランチ情報!ラーメン、ハンバーグ、カレーなどの人気ジャンルから、「本当に美味しいお店」だけを厳選しました。仕事の合間にひとりで訪れるのにちょうど良いお店もありますよ!
海鮮の宝庫「千葉県」!東京からのアクセスも良く、気軽に訪れることができる距離ながらもちょっとした旅気分も味わえる、魅力的なエリアですよね。ここではお寿司やうなぎなどの和食を中心に、評判でお得なランチをまとめました。
都内の飲食激戦区の1つ新宿三丁目エリア!グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩いて見つけた「この質やボリュームでこの価格!」という感動ランチを厳選!圧巻のイタリアン、お得な刺身定食、気軽な中華店まで多種多様、早速ご覧ください♪
人気グルメ情報誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で発見したランチ情報のまとめ記事です!みなとみらいエリアや横浜駅周辺は取り上げられることが多いですが、ここでは市内全域を隈無く駆けずり回って、真におすすめのお店のみを厳選しました!
最新記事
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル