MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
手打そば 小菅|緑を帯びた美しい蕎麦を極上のつゆで味わう(そば/目黒)

手打そば 小菅|緑を帯びた美しい蕎麦を極上のつゆで味わう(そば/目黒)

 8月下旬から年明けまでは、北海道から九州にかけて南下する、全国各地の新蕎麦を十割で打つ。香りのよさはもちろん、澄んだ緑色が見た目にも美しいせいろだ。

perm_media 《画像ギャラリー》手打そば 小菅|緑を帯びた美しい蕎麦を極上のつゆで味わう(そば/目黒)の画像をチェック! navigate_next

手打そば 小菅(最寄駅:目黒駅)

また、つゆにも並々ならぬ力を入れる。かえしには砂糖を一切使用しない。枕崎産の鰹節や日高産昆布、干しシイタケでとったダシを湯煎で半分以下になるまで煮詰めることで生まれる、自然な甘みを生かすのだ。蕎麦湯を注げば、ダシの繊細な風味がさらにきわ立ち、その真価を発揮する。最後まで香りを愉しませる一枚だ。

鴨汁せいろ
1500円

低温真空調理した鴨はジューシーで柔らか。長ネギの天ぷらも添えている

せいろ
800円

スルリとした喉ごしも心地良い端正な蕎麦

和風かにしゅうまい
800円

白菜、玉ねぎ、ズワイガニの身をハモのすり身でまとめて蒸し上げる。野菜やカニの甘みが口いっぱいに広がる

玉子焼き
800円

箸で持ち上げるのが困難なほどたっぷりのダシを加えてふわふわの食感だ

[その他のメニュー] 天せいろ1800円、穴子天せいろ1800円、長芋冷やかけそば1300円、かけ800円、合鴨の陶板焼き1600円、和風おこげ1600円、青さ海苔とろろ800円、蕎麦の芽と長芋のサラダ800円、生麩の田楽800円など

手打そば 小菅

■『手打そば 小菅』
[住所]東京都目黒区目黒1-5-16 アイワビル地下1階 
[TEL]03-3491-2132 
[営業時間]11時半〜15時(14時半LO)、17時半〜22時(21時半LO)、日・祝は12時〜15時(14時半LO)、17時半〜22時 ※ランチタイム有 
[休日]月曜日
[座席]カウンター6席、テーブル4席×3卓、小上がり4席×2卓 計26席/全席禁煙/夜のみ予約可/カード可/サなし、アルコール注文の場合のみお通し代600円別
[アクセス]JR山手線目黒駅西口から徒歩3分

電話番号 03-3491-2132
2017年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
立ち食い蕎麦のトッピングの王様といえば、これはもう天ぷらである。
 そんな天ぷらが白眉の店が、本郷三丁目の『そば処 はるな』。
端正な蕎麦だけが蕎麦屋の魅力ではない。蕎麦だけでなく丼ものやカレーなんてのもしみじみ旨い懐の深さ。そんな肩肘はらず、定食屋使いができる町の蕎麦屋を集めてみました。ここではカレーが美味しいお店をご紹介します。
端正な蕎麦だけが蕎麦屋の魅力ではない。蕎麦だけでなく丼ものやカレーなんてのもしみじみ旨い懐の深さ。そんな肩肘はらず、定食屋使いができる町の蕎麦屋を集めてみました。ここではカツ丼が美味しいお店をご紹介します。
10席だけの店で、夫婦ふたりひっそりと。「屋号は“早蕨(わらびの若芽)”から付けました。
この地で創業からおよそ50年、今も家族で切り盛りしている。当時から続く名物が、近くにある駅名と店主の名前の一文字をかけた「谷保天そば」だ。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。様々なYouTuberがいますが、今回紹介する方はおっさんサラリーマン! その名も大西 祐次郎。ダジャレを炸裂しつつも、実は料理を美味しそ〜うに撮る実力者なのです。
大坂の陣における真田丸は最強の砦だったが、こちらの看板地鶏「真田丸」は言わば最高の食材。「力強い歯応えと脂のコクが串焼きに最適」と社長が惚れ込み、生産者から直で仕入れている。
お小遣いの少ない飲み助にとって、家呑み用ツマミとして自由に買えるナンバー1は駄菓子なのではないか! とはいえ、そのまま食べるのも大人としていかがなものか!! ライター・カーツさとうが駄菓子を使った一品料理を考案。レシピ、動画付きでお届けします。
南インド料理の人気店『ダクシン』のビリヤニはチェティナード風。チェティナードとは南インドの地方名で、リゾート地として知られる。
「酒」の提灯、その奥に垣間見える楽し気なカウンターに、まずノックアウトだ。しかし、ここ『洒落者』の本領は、そのカウンター奥から次々と繰り出される、「ほんとにこの値段?」と思わせる素晴らしいつまみの数々だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル