SNSで最新情報をチェック

 8月下旬から年明けまでは、北海道から九州にかけて南下する、全国各地の新蕎麦を十割で打つ。香りのよさはもちろん、澄んだ緑色が見た目にも美しいせいろだ。

画像ギャラリー

手打そば 小菅(最寄駅:目黒駅)

また、つゆにも並々ならぬ力を入れる。かえしには砂糖を一切使用しない。枕崎産の鰹節や日高産昆布、干しシイタケでとったダシを湯煎で半分以下になるまで煮詰めることで生まれる、自然な甘みを生かすのだ。蕎麦湯を注げば、ダシの繊細な風味がさらにきわ立ち、その真価を発揮する。最後まで香りを愉しませる一枚だ。

鴨汁せいろ

1500円

低温真空調理した鴨はジューシーで柔らか。長ネギの天ぷらも添えている

せいろ

800円

和風かにしゅうまい

800円

玉子焼き

800円

[その他のメニュー] 天せいろ1800円、穴子天せいろ1800円、長芋冷やかけそば1300円、かけ800円、合鴨の陶板焼き1600円、和風おこげ1600円、青さ海苔とろろ800円、蕎麦の芽と長芋のサラダ800円、生麩の田楽800円など

手打そば 小菅

■『手打そば 小菅』
[住所]東京都目黒区目黒1-5-16 アイワビル地下1階
[TEL]03-3491-2132
[営業時間]11時半〜15時(14時半LO)、17時半〜22時(21時半LO)、日・祝は12時〜15時(14時半LO)、17時半〜22時 ※ランチタイム有
[休日]月曜日
[座席]カウンター6席、テーブル4席×3卓、小上がり4席×2卓 計26席/全席禁煙/夜のみ予約可/カード可/サなし、アルコール注文の場合のみお通し代600円別
[アクセス]JR山手線目黒駅西口から徒歩3分

電話番号 03-3491-2132

2017年1月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...