MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
大阪穴場グルメ_有名人がお忍びで来店。本場の人も大絶賛する激ウマ韓国料理を見つけた!/大阪ローカル穴場メシ情報[55]

大阪穴場グルメ_有名人がお忍びで来店。本場の人も大絶賛する激ウマ韓国料理を見つけた!/大阪ローカル穴場メシ情報[55]

「とにかく何を食べても旨いねん!! あんなお店があったなんて驚きや」 そう言うと、周りの人たちも同じ反応。 「日本で韓国よりも美味しい韓国料理を食べたのは初めて」と韓国人女性までが言う。そのお店こそが、韓国家庭料理「鶴本家」だ……。

perm_media 《画像ギャラリー》大阪穴場グルメ_有名人がお忍びで来店。本場の人も大絶賛する激ウマ韓国料理を見つけた!/大阪ローカル穴場メシ情報[55] の画像をチェック! navigate_next

有名人がお忍びで来店する、鶴橋の路地裏で韓国人まで大絶賛する激ウマ韓国料理を見つけた!


仕事でヘトヘト。

翌日に備えて精力をつけねば……。

そんなとき、ふと某著名人の言葉が頭をよぎった。

「とにかく何を食べても旨いねん!! あんなお店があったなんて驚きや」

そう言うと、周りの人たちも同じ反応。

「日本で韓国よりも美味しい韓国料理を食べたのは初めて」と、韓国人女性までが言う。

そのお店こそが、韓国家庭料理「鶴本家」だ。


鶴橋駅から徒歩数分。

アーケード街を反れた路地にその店はある。

店主であり、シェフの生駒律子さんはその秘密をこう明かした。

「主人がその昔、ソウルで7店舗の結婚式場を経営していて、そのなかの料理を彼が考えて作っていたんです。
そのレシピをベースに、このお店で提供しているんです」


何を食べても旨いといわれているとおり、この日替わりのおかずだけでかなりのモノ。

キムチは自家製、明太の味噌あえ豆腐は抜群にウマイ。

「味噌も自家製です。
主人が味噌にうるさくて、ほかの韓国料理店に行ってもまずは味噌を舐めて、この味噌だと何の料理が美味しいか判別するんです。
なので料理によって味噌はそれぞれ異なるんです」

オーダーしたのは「チャドルバギコース2人前」(4500円)と「お肉追加」1人前(1500円)。

「うちはすべて生肉でこのコースのお肉はカルビの裏側の肉です。
希少部位でこのお肉があるので是非このコースがおススメですね。
オギョプサルがありますから追加のお肉はそれでどうでしょう」

オギョプサルとは、5枚肉のこと。

豚の皮まであるお肉で、下処理をしていないと皮に毛が立つ。


このツルンツルンの皮を見よ!

このコースは焼きにんにくや包み野菜、ネギサラダなどがコースに含まれている。

ちなみにオギョプサルは、皮が透明になったら食べごろの合図となる。



このネギは、シャキシャキ新鮮。

そのままでも食べられてしまう。


サンチェやエゴマの葉に加えて、生ニンニクも。


これを焼くとヤバイ。

旨すぎて箸がとまらへん!


大好きなゴマの葉のキムチも追加。

聞くと、「こちらも手作りです。今から作ってきます」と出てきたのがコレ!


こりゃ、明日はしっかりと働けます。

食べ方はいろいろ。

自分好みにプルコッチ(青唐辛子)を入れて、ニンニクをはさんだり……。

こんな食べ方も。


これだけ食べればたちまちマンプクに。

シメは「アワビお粥」(1980円)である。

実は、これが半端なく旨いと聞いていた。


「とても新鮮なアワビなので、まずは生で召し上がってください」


こちらも冷凍ではなく、生。

ごま油で食す。

見ての通り、ウマイに決まっている!


そしてお待ちかねのシメが、デ・デ・デーンと登場や。


済州島のアワビは最高峰。

肝を溶かしてお粥がグリーンに見えると新鮮、品質の良いアワビとされている。

ライトの加減でわかりづらいが、完全なるグリーン。

良いアワビに見せるため、色づけしている韓国料理店もあるので注意をしたい。


アワビとごま油、塩だけの体に優しいお粥。

「もうオープンして5年になります。
手長ダコやケジャンも人気ですね。
ただし、良い食材が入らないと提供できないのであらかじめ予約をしておいて頂ければ、最高級のワタリガニも用意しますよ」

とにかく味のレパートリーが豊富で、かつクオリティが高い。

韓国料理が苦手という人でも、きっとこの味に驚くはずだ。


一緒に同行した記者連中は全員感嘆。


絶賛の嵐だったと付け加えたい。


韓国家庭料理 鶴本家
[住所]大阪市生野区鶴橋2-7-6
[TEL]06-7850-8181
[営業時間]10:00~22:00
[定休日]不定休







加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
加藤慶@おとなの週末

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

関連するキーワード
関連記事
生野区の今里には無数の韓国料理店がある。 そのなかで、韓国人からも日本人からも最も評判が良いお店がココ「麦」だ。 驚嘆のレベルの海鮮チヂミや、女子にも人気のスンドゥブなど、韓国料理の醍醐味が味わえる店なのだ。
松阪牛で有名な三重県松阪市で、実は鶏焼肉がスタンダードで人気だという。 「松阪市に親族がいまして、そこで鶏焼肉を食べたらむちゃくちゃハマった。それで鶏焼肉専門にして朝から飲めるスタイルのスタンドを西成で始めたんです」 とは、「スタンド八とり」の店主工藤光一さん。オープンして1年半。西成ですでに有名店だ。
とにかく魚への鮮度にこだわる! 桶売りやイカの生簀まで店内に設置して、他所では出せない魚のクオリティを細部まで突き詰め、高知から関西に進出。破竹の勢いで店舗を増やしたのが「寅八商店」である。 こだわったこの新鮮な食材と、料理への情熱。こんな大変な時期でも「客数が増加した」と聞いて、まさしく納得の店なのだ。
2020年1月、尻無川のほとりに飲食店をメインとした複合施設「TUGBOAT TAISHO(タグボート大正)」がオープン。徐々にではあるが、名が浸透して新名所として活気づき始めている。 このタグボート大正、1階フロアの大半はフードホールで、約10店舗の飲食店が出店し、食を楽しむ人たちにも人気なのだ。
地下鉄メトロの心斎橋駅を歓楽街とは反対側の北方向に歩いて約5分。 平日だとスーツ姿の人が行きかうオフィス街に、“挑戦的な価格”でランチを提供する焼肉店があるという。 それが、10月5日にオープンしたばかりのホルモン・焼肉座「ちからや心斎橋店」。 端的にいえば、とにかく肉が安くて旨い店。だからこそ、ランチもお手ごろ価格なのだ。
最新記事
マレー半島を旅しているような気分にどっぷり浸れる店だ。数年前、酷暑のクアラルンプールを歩き、汗だくになりながら有名な肉骨茶専門店を訪ねたことがある。
串焼きされた状態で提供されることの多い焼きとん。が、焼肉のように自分で焼いて楽しませる店も。職人の匠の味には及ばないかもしれないが、火を囲み、好みの焼き加減に仕上げるのは、魅惑の食時間なのだ。
コロナ騒動から始まった2021年は、全国に広がる緊急事態宣言やワクチン接種の開始、東京オリンピック・パラリンピック開催に自民党総裁交代など、1年を通じてどこか落ち着きがなかったかも。そんな2021年を締めくくる12月は、「整える」エネルギーを持つ四緑木星が司る。さあ、心も体も環境もすべて整えて、2022年を迎えよう!
コロッケ大好きな店主が開いたコロッケ専門店。潰したものと角切りのものの合わせ技で、ジャガイモの甘みをしっかり表現したコロッケは、イカスミをはじめとするオリジナル味も楽しい。
野外で楽しむバーベキューといえば夏のイメージですが、寒い季節も人気を集めていることはご存知でしょうか。焚き火や炭火で、グリルに肉を豪快にのせて焼くだけでなく、冬は魚介など旬の食材で鍋料理も魅力です。そんな冬レジャーの新たなトレンド「ウインターバーベキュー(BBQ)」が楽しめる東京都内のBBQ会場で、焚き火の使用が解禁されました(一部会場では12月11日から)。会場は、都内なのでアクセスも便利、しかも手ぶらで行ってもOK!ゆらめく炎を前にゆったりした時間を過ごせば、みんなの心の距離もグッと縮まります。本格的な冬BBQのシーズン到来です。
get_app
ダウンロードする
キャンセル