MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
千種鮨(寿司/目黒)|目黒にある最高のマグロを出す老舗寿司屋千種鮨。コスパ抜群!ネタは全部新鮮で肉厚♪

千種鮨(寿司/目黒)|目黒にある最高のマグロを出す老舗寿司屋千種鮨。コスパ抜群!ネタは全部新鮮で肉厚♪

目黒に最高のマグロを出す寿司屋がある。それも今風の高級店ではなく、昔ながらの風情漂う昭和の小さな老舗である。

perm_media 《画像ギャラリー》千種鮨(寿司/目黒)|目黒にある最高のマグロを出す老舗寿司屋千種鮨。コスパ抜群!ネタは全部新鮮で肉厚♪の画像をチェック! navigate_next

千種鮨(最寄駅:目黒駅)

最高級の大間産を庶民的な寿司屋のお値打ち価格で

毎日つけ場に立つのは御年84歳の店主、木曽さん。彼が握る看板ネタこそ、築地の仲卸「やま幸」から仕入れる最上級の天然本マグロ。しかも夏から冬は昼夜共に大間産を出すと聞けば、それだけで目黒へと足が急ぐはず。これまたネタの質からは信じられないほどお値打ちなのだ。さあ、惜しげもなく肉厚に切り付けられた気品ある輝きを見よ!「江戸前伝統の舟形が理想」という握りはもちろん、ネギトロ巻には希少なカマトロを使うなど一切の妥協ナシ。穏やかながら揺るぎない職人魂に感服だ。

まぐろ赤身、大トロ、中トロ
1貫432円、1貫1296円、1貫756円(写真は6156円)

7月末から1月中旬ごろまでは大間産を使う。おきまりの赤身セットなら2500円(上)、中トロは4500円(いずれも7貫)などとさらにお値打ち。店は大正時代に日本橋で創業し、昭和初期に目黒に移転。常にマグロ第一

極上すし
4500円

日によって変わる。この日は大間の大トロ2貫にウニや活車エビなど見事なネタが入る

ねぎとろ巻
1本1080円

脂がのった希少なカマトロを使う

お店からの一言

店主 木曽武義さん

「ネタの王様はマグロ。質を落とさないよう守っています」

千種鮨の店舗情報

[住所]東京都品川区上大崎3-3-5 [TEL]03-3441-6014 [営業時間]11時~13時45分、16時~21時(日・祝は20時まで)※ランチタイム有 [休日]月 [席]カウンターあり、全16席/全席禁煙/夜は予約可/カード不可/サなし [交通アクセス]JR山手線ほか目黒駅東口から徒歩5分


電話番号 03-3441-6014

撮影/大西尚明 取材/肥田木奈々

2018年11月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
持ち帰り専門の「ちよだ鮨」が手がけている立ち喰い寿司屋で、握りたての新鮮な生ウニや活貝、江戸前の各種ネタをお手頃価格で味わえる。シャリは精米したての米を使用し、店内で炊き上げている。
地元・神奈川県の小田原や、全国各地の漁港からの直送ネタにこだわる。すし酢は酒粕だけの濃いめの赤酢と、米酢入りの赤酢の2種を混ぜたものを使用し、シャリへの色付きをあえて控えめに作っているのだとか。
この道55年、銀座で修業を重ねたのちに自らの店を構えて42年。店主の野崎さんが握る寿司は、ほんのり甘めのシャリに自ら豊洲で仕入れた新鮮なネタがのる。
昭和元年に屋台から始まった老舗で、現在は3代目の主人がカウンターに立つ。ヒラメやボタンエビなど地元で水揚げされたばかりの地物をふんだんに揃えており、握りやちらしで味わえる。
流線型に整えられた、美しい姿に惚れ惚れするような握りだ。六本木の名店で腕を磨いた店主・下津さん。
最新記事
「また食べたいと思ってもらえるものを。何度口にしても感動してもらえる味を」。そのためにフランス人シェフのサントスさんが徹底しているのが改良を重ねて作り上げたレシピと、全工程へのこだわりだ。
大手メーカーと違い、各ブルワリーの個性溢れるクラフトビール。飲んでみたいけど、ちょっと高い。では、何を飲めばいいのか? 本誌飲み比べ隊がスーパーやコンビニで買えるビールを薄張りグラスで都度洗浄して試飲しました!
みなさんは“チャーラー”をご存じでしょうか。チャーハンとラーメンのセットの略語なのです。愛知で親しまれるこのセットメニューを愛してやまない現地在住のライター・永谷正樹が、地元はもちろん、全国各地で出合ったチャーラーをご紹介します!
築約70年の木造日本家屋で営業を続けるお好み焼き屋。芸人で染太郎の妻・崎本はるが、戦争で染太郎を亡くしたあとに始めたお店で、屋号は後から付けたもの。
リモートワークで毎朝通勤しなくていいのはうれしいけれど、どうも気持ちが仕事モードに切り替わらない。そんな時は甘いものを食べて脳に糖分を注入! 実際に食べて美味しかった朝スイーツをご紹介します。
get_app
ダウンロードする
キャンセル