MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
なべ肉や なべ彦(創作料理/中目黒)|鍋にそびえる圧巻の神戸牛!山形牛ホルモン・国産野菜たっぷりのお鍋♪

なべ肉や なべ彦(創作料理/中目黒)|鍋にそびえる圧巻の神戸牛!山形牛ホルモン・国産野菜たっぷりのお鍋♪

 鍋からすっくとそびえるのはスライスされた神戸牛のロースとバラ。段々煮えてくると中から白菜やニラなどの野菜が姿を現し、下には山形牛のぷりぷりホルモンが潜んでいる。

perm_media 《画像ギャラリー》なべ肉や なべ彦(創作料理/中目黒)|鍋にそびえる圧巻の神戸牛!山形牛ホルモン・国産野菜たっぷりのお鍋♪の画像をチェック! navigate_next

なべ肉や なべ彦(最寄駅:中目黒駅)

神戸牛の山! 圧倒的な姿に心が躍る!!

味の決め手は、自家製コチュジャンと全国を探してようやく見つけたという山口県産の醤油。スープをひと口飲めば、やや濃厚なピリ辛味でズバンと脳天に響く旨さなのである。すき焼き風に生卵(1個100円)を絡めて食べると、まろやかな旨みが増し、いくらでも食べられそう。お楽しみのシメは、ぜひチーズリゾット(500円)を注文したい。ピリ辛スープにチーズのコクが加わり、まさに激ウマ!

なべ肉コース(写真は2人前)
4500円

ロースとバラを合わせて約180gの神戸牛を使用

ピリ辛味のホルモンはヤミツキの旨さ

シメでさらに酒が進んでしまいそうな濃厚チーズリゾット

コースには、鍋のほか、写真の神戸牛サラダ、神戸牛肉巻き、にらチヂミといった一品料理3品とデザートが付く。シメはうどんかご飯で、チーズリゾットは300円追加。席があれば、当日でも1名から注文可能

お店からの一言

店主 青山一作さん

「こだわりハイボールや国産マッコリなどなべ肉に合う酒類も豊富です」

なべ肉や なべ彦の店舗情報

[住所]東京都目黒区上目黒2-7-12 ドアーズ中目黒1階 [TEL]03-6452-2139 [営業時間]18時~24時(23時LO) [休日]無休(年末年始を除く) [席]カウンターあり、全22席/全席禁煙/予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄日比谷線ほか中目黒駅東口1出口から徒歩1分


電話番号 03-6452-2139

撮影/小島 昇 取材/松田有美

2018年12月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
はて?ここは何の店?それが第一印象。だし巻き玉子にチャーハン、ピザにタイ風春巻きと料理はノンジャンル。正直、“ハズレ”の予感すらよぎる。ところが! それらの何を食べてもひたすら旨いのだ。
 昼も夜も地元客で満席になる、島内でも指折りの人気店だ。リゾートホテル出身のシェフが作るのは、奄美食材を丁寧に使ったフレンチ&イタリアン。
京橋エリアをグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめイタリアンバル。オマール海老やトリュフなど高級食材のつまみがワンコイン?! 思わず二度見してしまう安さに「原価率は半分以上です」とシェフの平井さんは笑う。
中野エリアのダイニング「創作ダイニング パルプンテ」のグルメ記事とおすすめメニューの写真。スナックの居抜きを自身の手で改装し、開店したのは4年前。小さな厨房ながら、リゾットは3種のダシで炊く、ピッツァは生地から手作りなど、カジュアルイタリアンを中心に和食、創作料理などメニュー数は約40種揃う。
2017年3月、名古屋市西区の円頓寺商店街から一本入った場所に開店。メニューは、旬の食材を使った御造や煮物、蒸物など料理8品と食事、甘味の「おまかせ」(7344円)のみ。
最新記事
福井県の「鯖街道」で「飲食店が少ない」ことで嘆いていた町が、サバジェンヌ曰く「日本でいちばんホットな『サバ名所』」にまで成長! そこで食べられる絶品のサバグルメをジェンヌが食べまくり。熱量たっぷりのレポートです!!
品書きには白飯が進む中華のおかずがズラリ。その中に店名を冠したラーメンを発見した。
福井名物の和菓子といえば「羽二重餅」。その銘菓をどら焼きに挟んだ「羽二重どら焼」が人気だと聞いて食べてみました。“ふっくら”していて“もちもち”の食感。「和菓子通からも長年愛されてきた」という理由が頷ける美味しさです。
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
get_app
ダウンロードする
キャンセル