MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
森の机(和食/恵比寿)|キノコたっぷり旨辛ヘルシー鍋料理が人気のお店!体の奥からポッカポカ♪

森の机(和食/恵比寿)|キノコたっぷり旨辛ヘルシー鍋料理が人気のお店!体の奥からポッカポカ♪

生キクラゲやしめじ、トラマキダケなど6種類のキノコと豚バラ肉を具材にした特製の火鍋。スープには鶏ガラに花椒や丁字、八角、四川唐辛子など15種類ものスパイスがオリジナルブレンドで加えられ、体の奥をじんわりと温める旨辛さ。

perm_media 《画像ギャラリー》森の机(和食/恵比寿)|キノコたっぷり旨辛ヘルシー鍋料理が人気のお店!体の奥からポッカポカ♪の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

森の机(最寄駅:恵比寿駅)

漢方入りの旨辛スープがあとをひくたっぷりキノコと豚バラ肉の特製火鍋

通常は要予約で3~4人前の大きい鍋がよく出るそう。とはいえ日本酒や焼酎、日本ワインとお酒も充実し、それに合う料理も幅が広く用意してあるので、いろんな料理を少しずつ楽しみたいときは、この小鍋サイズがピッタリなのだ。

森の火鍋
小鍋1800円

スパイスの香り、辛いのに旨みがしっかりあるスープで食欲倍増

岩中豚と玄米玉子の塩麹みぞれ煮
600円

岩中豚を自家製ベーコンと塩豚にして、塩麹と大根おろしのスープで炊き合わせたもの。玄米玉子を使った味付け玉子と、ぬか漬けきゅうりの千切りがアクセント

雑炊
1人前300円

ご飯と玉子、ネギを入れて雑炊に。火鍋のスパイシーさがまろやかになり、不思議と和風に

お店からの一言

店主 森温机さん(右)、
料理長須藤順也さん

「ヘルシーさも兼ね備えた料理を広めのお席でゆったりとどうぞ」

森の机の店舗情報

[住所]東京都渋谷区恵比寿南1-18-9 TimeZone ヒルトップビル3階 [TEL]03-3710-8383 [営業時間]月~金18時~24時、土・祝17時~23時 [休日]日(月が祝の場合は営業、月休) [席]カウンターあり、全54席/全席禁煙/予約可/カード可/サ10% [交通アクセス]JR山手線ほか恵比寿駅西口から徒歩4分


電話番号 03-3710-8383

撮影/瀧澤晃一 取材/赤谷まりえ

2018年12月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
万雷の拍手で迎えたくなる王道の定食だ。絶妙な塩梅の粕漬けの紅鮭、さりげない野菜小鉢、滋味深い味噌汁。
テーマは“47都道府県レストラン”。日本各地で真面目に作られる特産品や地域で親しまれる郷土料理を東京で発信するアンテナショップ的存在だ。
栄養豊富で健康的な美味しい和食を提案する店。全て国産素材で、魚や野菜など生しか使わない。
三軒茶屋の銘酒居酒屋で腕を磨いた店主が満を持して開店した和食店。レアなものから人気なものまで取り揃える日本酒が自慢だ。
安くて量のある定食に定評あり。自粛期間中も人気が高かったという180g 300円の酢豚は、ごろごろ野菜と肉厚の豚肉がしっかりと入って驚きの価格。
最新記事
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル