MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
樂醉くばら(居酒屋/池袋)|駅徒歩5分!蔵元に29年勤めた店主が選ぶ旨い酒と酒呑みのハートを掴むアテ♪

樂醉くばら(居酒屋/池袋)|駅徒歩5分!蔵元に29年勤めた店主が選ぶ旨い酒と酒呑みのハートを掴むアテ♪

龍力という日本酒をご存知だろうか? 酒米の王者山田錦の主産地・播州平野の西にある酒蔵。

perm_media 《画像ギャラリー》樂醉くばら(居酒屋/池袋)|駅徒歩5分!蔵元に29年勤めた店主が選ぶ旨い酒と酒呑みのハートを掴むアテ♪の画像をチェック! navigate_next

樂醉くばら(最寄駅:池袋駅)

姫路おでんに龍力で一杯の至福

その山田錦にとことんこだわり、米の旨みがあるしっかりした酒だ。店主の久原さんは、その蔵元に29年、長年県外での営業販売に努めたあと、一昨年に独立してこの店をオープン。お酒は日本酒中心。龍力の揃えはもちろん、お酒を知り尽くした久原さんが選ぶ旨い酒が揃っている。そして、ぜひ合わせたいのが「姫路おでん」だ。鰹と昆布に牛すじから出たコクのあるダシが染みた具材に、生姜醤油をかけて食べるのが特徴。さっぱりして杯が進む。ほかにも、噛むほどに鶏の旨みが広がる播州名物「ひねぽん」など、酒呑みのハートを掴むアテが揃う。穏やかで明るいご主人と奥さんの笑顔もいい空気感で、きっとまた来ようと思うはずだ。

姫路おでん 牛すじ、エビだんご、だいこん、とうふ
410円、378円、162円、172円

牛すじからのコクに生姜醤油がさっぱりして旨い

樂醉唐揚げ
648円

桜のチップで燻製して揚げた唐揚げは日本酒とよく合う

鯖と大根のなます、ひねぽん
410円、518円

にんにくと生姜が利いたポン酢で食べるひね(親鳥)は播州名物。久原さんの「小さい頃からの家の味」という〆サバと大根のなますは鉄板のアテ

左・渋旨の山廃純吟「旦」。中・すっきりした酸味「五橋 fiveイエロー」。右・特上山田錦を使う純米大吟醸「龍力 米のささやき 上東條」

お店からの一言

店主 久原公雄さん、明子さん

「季節ごとその時々の日本酒もおすすめです」

樂醉くばらの店舗情報

[住所]東京都豊島区西池袋3-27-3 中根ビル地下1階 [TEL]03-5927-9688 [営業時間]17時~23時(料理22時LO、酒22時半LO)、日・祝13時~21時(料理20時LO、酒20時半LO) [休日]火 [席]カウンターあり、全19席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし、お通し代540円別 [交通アクセス]JR山手線ほか池袋駅西口から徒歩5分


電話番号 03-5927-9688

撮影/鵜澤昭彦 取材/池田一郎

2018年12月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
「酒」の提灯、その奥に垣間見える楽し気なカウンターに、まずノックアウトだ。しかし、ここ『洒落者』の本領は、そのカウンター奥から次々と繰り出される、「ほんとにこの値段?」と思わせる素晴らしいつまみの数々だ。
使い込まれた渋い暖簾、開け放たれた大きなガラス戸から中に入ると、ふたつのコの字カウンターはすでにいっぱい。ワイワイガヤガヤ、思い思いに一杯やっている。
店長の後藤さんは宮崎県出身。東京で日本酒に出合ってすっかり日本酒の虜になったとか。
「ほっとしたい」「気分を上げたい」――日本酒のこんな注文も大歓迎、の店だ。たとえば猪肉のローストに合わせて、「力が湧くお酒を」とリクエスト。
店を構えて35年の居酒屋。魚介を中心にほとんどのメニューが500円前後で揃い、中でも塩焼き、味噌煮、竜田揚げなど、多彩な金華さばのメニューが目を引く。
最新記事
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「ホルモンしま田」。前回に引き続き、飲食店系Youtuber。肉のプロならではのレシピや実験・検証動画がすこぶる面白いという。チャンネル登録者数も急上昇です!
この連載では、20年ほど前、世界一周の旅の途中で体験した「へんな夜」について綴っています。ドレーク海峡編に続き、第2夜はルーマニアの民家で見た驚きのベッドルームについて前編・後編に分けてお届けします。
釧路の長昆布、原木シイタケ、枕崎産の本枯節を厚削りにし、約10時間かけて旨みを抽出したダシが味の肝。三輪素麺や小豆島のオリーブ素麺など各地のそうめんやオリジナリティ全開のフォーがいただけて、ダシ好き、麺好きの私は舌と心を鷲掴みにされてしまった。
あいがけのひと品から抜け出し、それだけですこぶる美味しいと、今、キーマカレーが人気上昇中だ。そこでキーマを味わうならここ!的な三ツ星店を集めてみました。個性あふれる味わいに悶絶必至です。
看板商品の「デミグラスソース」と、トマトの甘みと酸味のバランスが絶妙な「トマトソース」の2種のミートソースをメインに、四季ごとの季節限定メニューを展開する。味のベースとなる自家製フォンは、焼き上げた牛骨と野菜から旨みを抽出して凝縮。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル