MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
野菜を食べる ごちそうとん汁(カレー/代々木)|スペアリブなど具材たっぷり贅沢な豚汁専門店!

野菜を食べる ごちそうとん汁(カレー/代々木)|スペアリブなど具材たっぷり贅沢な豚汁専門店!

骨付きスペアリブに、ごろっと大きな根菜類、スープの中には自家製豆腐も浮かんでいる。専門店が放つインパクト抜群の豚汁だ。

野菜を食べる ごちそうとん汁(最寄駅:代々木駅)

栄養満点&ポカポカカレー専門店が作る豚汁界のニュータイプ

実はこちら、現在約30店舗を構える『野菜を食べるカレーcamp』が新たに取り組んだ店で、写真のBLT豚汁やキーマカレー風など、新感覚の味にもチャレンジ。熱々のスープをすすれば、豊かな味噌の風味の中に八角やシナモンの香りがさり気なくエッジを利かせ、隠し味のバターでミルキーなコクも生んでいる。家庭で作るのとはちょっと違うどこか洋風な味わいで、例えるならば和製シチュ
ー!? しかも蒸、煮、焼、揚と具材にあわせた下ごしらえにより、それぞれの持ち味をキッチリ主張させているのだ。単なる汁物の枠を飛び越えた、まさにゴチソウな1杯だ。

西京味噌のごちそう豚汁
840円(定食セット+100円)

具はBBQスペアリブ、人参、芋類、ゴボウなどレタスの食感あふれる洋風な1杯だ(メイン写真)

BLT豚汁
890円

お店からの一言

代表 佐藤 卓さん

「飲んだ後の〆にもピッタリですよ」

野菜を食べる ごちそうとん汁の店舗情報

[住所]東京都渋谷区代々木1-33-2 [TEL]03-6883-9181 [営業時間]11時半~24時(フード23時LO、ドリンク23時半LO)※ランチタイム有 [休日]無休 [交通アクセス]JR山手線ほか代々木駅西口から徒歩1分


電話番号 03-6883-9181

撮影/西㟢進也 取材/菜々山いく子

2019年1月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ママの出身地大分の料理と、美味しいカレーを食べられる店なのです。カレーはもともと昼の人気メニューで、辞めちゃった人からママが受け継いだ味だとか。
埼玉屈指のカレーの名店『negombo
33』@西所沢が、高円寺に姉妹店を開店。本店は営業時間が11時半~15時だが、こちらは21時まで営業。
キッチンカーからスタートして評判となり、2016年に開店。店主の伊藤さんは、バックパックでインドを訪れ、すっかりカレーの虜になってしまったとか。
スープカレーの先駆け的存在。サラリとしたスープは甘みとコクがたっぷり。※ランチタイムあり
千駄木『スパイスカレー とくじろう』|店主の増田さんは元寿司職人。10年前に店を閉めて修業や研究を重ね、2017年11月19日にこの店をオープンさせた。
キッチングッズ屋さんで、白髪ネギカッターを発見! 料理に白髪ねぎがのっていると美味しいのになぁ~と思うけど、白髪ねぎを作るのは面倒だなぁ~って、けっきょく、やらないわたし。 たまたま、100均のダイソーでも白髪ネギカッターを見つけたので、今回は「DAISO」と「下村工業」の商品を使い比べてみました。
場所は御徒町のガード下。がらりと戸を開けると、いきなり活気ある厨房の風景が目に飛び込んでくる。
地元鎌倉の人が通う、古本屋にして立ち飲みバー。役者やバンド活動をするスタッフが日替わりで店に立ち、ホワイトボードのメニューも人により日ごと変わる。
JR天満駅から徒歩で約10分。住宅街にある和食「瑞」は、料理通なら心躍らせる食のテーマパークだ。 和食が素材にこだわるのは当然といえば当然。ええもんを、いかにひと手間加えて提供するのか、これが料理人の見せ所だ……。
店主は、千葉県で多店舗展開する『まるは』グループと蔵前の人気店『改』で修業を積んだ経歴の持ち主。「ラーメンは麺を食べるための料理だから」と、開業前から「麺は自家製麺」と決めていたという。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt