MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
宵のま|料理とお燗でほろりと酔いたい、荒木町の人気店(和食/四谷三丁目)

宵のま|料理とお燗でほろりと酔いたい、荒木町の人気店(和食/四谷三丁目)

「冬は体が温まるのでいいですね。温度を上げると味わいがまろやかになり、香りも引き立ちますし」と、燗酒の魅力を語るのは女将の高久ちぐささん。元女優という美人女将が着物姿で迎えてくれるこちらは、熱烈なファンが多い燗酒のオアシスだ。宵のま(よいのま)[交]地下鉄丸の内線四谷三丁目駅4番出口から徒歩5分

宵のま(最寄駅:四谷三丁目駅)

日本酒好きの女将が選ぶのは飲み心地がよく、料理と一緒に味わいたい食中酒。蔵巡りで見つけた銘柄もあり、蔵の地元で晩酌用として親しまれている「竹葉」もそのひとつだ。 最近お気に入りの「義侠 えにし」は、「はちみつやキャラメルのような甘さとほろ苦さがあるので、ブルーチーズやチョコレートにも合いますよ」と、酒とつまみの相性も型にとらわれず柔軟に楽しませてくれる。 お造りや煮物など純和風の料理も飲み心をそそる。気軽なおまかせコースで楽しむもよし、単品で軽く一杯というのもいい。 半合から注文できる同店ではお燗も半合からOK。ひとりでも気軽に立ち寄れるが、人気店なので事前に電話が安心だ。

あぶり〆さば
918円

〆さばは、炙ることでより燗酒に合う味わいに。いくらでもスルスル飲める石川の酒「竹葉」と

竹葉 能登上撰
972円(一合)

つぶ貝のさんしょう煮
918円

貝の旨みと山椒の香りが日本酒を呼ぶ

鶏と大根の煮もの
918円

味がしみ込んだ大根は冬のごちそうだ。こっくりとしたの煮物の味わいには、低温熟成させた骨太の日本酒を燗にして合わせたい

宵のま

[住所]東京都新宿区荒木町7-1 野崎ビル 2F [TEL]03-6457-8047 [営業時間]18時~22時半 [休日]土・日・祝 [席]カウンター7席、テーブル6席、計13席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし、お通し代別500円 [交通アクセス]地下鉄丸の内線四谷三丁目駅4番出口から徒歩5分

電話番号 03-6457-8047
2016年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
銀座でランチの約束が入ったら、まずはここを押さえるべし。仲買人が営む和食店で、主に北陸の漁場から届くとび切りの海の幸を引っさげ約1年前にお目見えした。
昭和35年創業というから60年近く続く、なんとも気取りがない定食屋の味を、ご主人・山岸さんが守っている。そのとん汁がまた、家庭的とも言えるほっとする旨さ。
静かな北鎌倉は夜になるといっそうひっそりとする。通りからさらに少し引っ込んだ『こころや』は、知らなければまず辿りつけない。
人形町・甘酒横丁にある会席料理店の名物。生の白胡麻の皮を取り、丹念にすって練り上げた純白の胡麻豆腐に、煎った白胡麻のタレをかけていただく。
裏路地のかくれんぼ横丁に位置する「肉会席 ゆかわ」。もともと料亭として使われていたという和空間でのランチは、前日夜8時までの完全予約制だ。
徳島県・吉野川に沿う山間部にある、大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)。歩危マートで売られている岩豆腐を使った、硬くて濃厚な豆腐料理をご紹介。 吉野川沿いの渓谷の景色といっしょに、満喫いたしました……。
あんぱんで有名な『銀座木村家』の知る人ぞ知るメニューが、2階の喫茶で提供されている「小海老のカツレツサンド」だ。軽くふわっと付けられた衣はサクサクで、ぎっしり詰まったエビは絶妙な火加減でプリップリ。
夫婦で切り盛りする小体な喫茶店。店主の坂爪弘樹さんは、「コーヒーもケーキも専門店級の味を届けたい」と数々の洋菓子店や高級珈琲店で修業後、2004年にこの店を開店した。
ふたを開ければ宝石のごとき点心に目も心も奪われる。まずはご覧の蒸し餃子。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt