MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
らーめん 三極志(ラーメン/三河島)|東日暮里にある魚介系ラーメン屋!魚貝の旨味が活きた極上スープが秀逸!

らーめん 三極志(ラーメン/三河島)|東日暮里にある魚介系ラーメン屋!魚貝の旨味が活きた極上スープが秀逸!

店主は、千葉県で多店舗展開する『まるは』グループと蔵前の人気店『改』で修業を積んだ経歴の持ち主。「ラーメンは麺を食べるための料理だから」と、開業前から「麺は自家製麺」と決めていたという。

らーめん 三極志(最寄駅:三河島駅)

“あっさり”に非ず! 旨みとコクが炸裂する鶏とアサリのWスープ

麺を開発する上で最も意識したことは、小麦の香り。全粒粉も含め、小麦粉は国産100%の“春よ恋”を使い、香りとのど越しのよい麺に仕立てた。スープは、鶏とアサリのダシを合わせたWスープ。アサリは、油で炒めながらダシを抽出することで、水で煮出すよりもはるかに濃縮した旨みを引き出している。スープの組み合わせは同じながら、「醤油らーめん」は鶏を強め、「塩らーめん」はアサリを強めに利かせてそれぞれの個性を強調。芳醇なスープに、ネギ油と貝油がさらなるコクと旨みを重ねている。

醤油らーめん
780円

ラーメン類は蓋をして提供される。トッピングは、鶏ムネ肉と珍しい豚バラ肉のレアチャーシュー、あおさなど

塩らーめん
780円

あっさりとしたビジュアルからは想像もつかないほど、ダシの旨みが凝縮されている

お店からの一言

店主 川野朋生さん

「塩ダレで食べるつけ麺も始めました!」

らーめん 三極志の店舗情報

[住所]東京都荒川区東日暮里6-10-1 [TEL]03-6875-9403 [営業時間]11時~15時、18時~20時 ※ランチタイム有 [休日]月(不定休)・火 [交通アクセス]JR常磐線三河島駅から徒歩4分


電話番号 03-6875-9403

撮影/瀧澤晃一 取材/松井さおり

2019年2月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
まるで和食の吸い物のような上品なスープだ。穴子、ヒラメ、真鯛など季節の魚のアラを丁寧に血抜きしてから炙って、じっくり炊き出すダシからは、荒々しさやクセはみじんも感じられない。
写真を見て驚かないでほしい。そう、丼を覆い尽くすのはピンク色に輝くA5黒毛和牛のリブロース。
丼の隅々まで手間をかける理由を聞くと、「だってラーメン屋ですから。普通のことでしょう?」とキョトンとするご主人に似て、同店の一杯は奥深くも食べる者をどこかリラックスさせる。スープは鶏と豚のベースに、サバ節と4種の煮干しのダシを合わせたもの。
青森市を中心に5店舗を展開する人気店が、ご当地の味“津軽ラーメン”を引っ提げて東京へ。もともと「津軽そば」から派生して生まれたご当地ラーメンだけに、津軽そばのダシ同様、水と煮干しだけで旨さを体現することにこだわった。
ほんのり黄色がかった中太ストレート麺が浸るのは、ガツンと濃厚な醤油スープ。京都の老舗『新福菜館』から届く基本のタレを、野菜、豚、鶏からじっくり取ったスープで割っている。
 かつて三田にあった中華料理店『味一番』。少年時代、この店のタンメンと炒飯が大好物だった店主・今野さんは、それを再現するため植木職人から料理の世界に飛び込んだ。
東京で緊急事態宣言がなされて以降、飲食店は多大なるダメージを受けている。 そんな飲食店を応援すべく立ち上がったのが「さきめしSupported by SUNTORY」。 飲食店へ“先払い”する「さきめしチケット」と、さきめしに登録した飲食店全店へ均等に分配する「寄付」で応援するというプロジェクトだ。その考えに、おとなの週末編集部も賛同。実際に利用することで応援してみた。
安くて、旨くて、ボリューム満点の三拍子揃った愛知県の、喫茶店のモーニング。その発祥の地とされる尾張地方西部の街、一宮市にある人気店『カフェ メールネージュ』は、テイクアウトモーニングに力を入れている。そして、新型コロナウィルスの広がりを防止する動きのなかで、その需要はより高くなった……。
店を切り盛りするのは那覇出身の女将さん。ホワイトボードに書かれたメニューもあるけれど、旬の食材を使ったその日の「おまかせ」ですべてを委ねるのが吉。
甘じょっぱいタレに浸かったエビの天ぷらは、ご飯と海苔との相性がバツグン。ご飯とおかずがひと口サイズで一度につまめるため、数あるお弁当の中でもとにかく食べやすい。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt