MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
中華sobaいそべ(ラーメン/矢口渡)|看板メニュー白旨ワンタン麺はとにかく旨い!

中華sobaいそべ(ラーメン/矢口渡)|看板メニュー白旨ワンタン麺はとにかく旨い!

もとは約70年続いた中華料理店。3代目が一念発起し、ラーメン専門店として2年前に再出発した。

中華sobaいそべ(最寄駅:矢口渡駅)

端正な醤油味のスープに合う自家製麺のしなやかな喉越し

昔から使っていた自家製麺を見直し、名店「八雲」で新たに学んで中華そば1本で勝負。4種の醤油でキレのある深い味を完成させた「黒旨」と、白醤油のふくよかな甘みが特徴の「白旨」が味の基本だ。スープは大山どり、豚内モモ、カツオ節、サバ節、羅臼昆布など素材の折り重なる旨みが感じられる。エビと豚肉の2種の特製ワンタン入りがおすすめ。

黒旨特製ワンタン麺
1000円

「黒旨」は小豆島の生醤油や昔ながらの木桶醤油など4種を配合。スープはガラを使わず、大山どりや豚内モモ肉、魚介系からダシを取る。ワンタンは二度挽きした豚肉に生姜を利かせた「肉」と包丁で叩いてプリプリ感を残した「エビ」の2種

白旨中華soba
700円

「白旨」に使う醤油は白醤油の1種。チャーシューは豚と鶏。ツルツルでパツンと歯切れの良い食感の麺がスープと相性抜群だ。柚子と糸唐辛子を添える

お店からの一言

店主 礒部亨さん

「小麦の風味豊かな味で、食感のいい麺になるよう研究しました」

中華sobaいそべの店舗情報

[住所]東京都大田区多摩川1-20-14 [TEL]03-3759-2568 [営業時間]11時半~14時半、18時~21時(月と金は昼のみ営業、スープが無くなり次第終了)※ランチタイム有 [休日]水 [席]カウンターのみ、全10席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし [交通アクセス]東急多摩川線矢口渡駅からすぐ


電話番号 03-3759-2568

撮影/瀧澤晃一 取材/肥田木奈々

2019年2月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ユーグレナ(ミドリムシ)を配合した緑麺が代名詞の『麺屋 六感堂』がセカンドブランドを開業。“化学調味料を使わない体にやさしいラーメン”という本店のコンセプトは崩さず、新店舗では郷愁漂う懐かしい中華そばを提供する。
三軒茶屋で週に一度だけ営業していた幻の人気店『月曜の担々麺』が、路面店になって復活。自慢の汁なし担々麺は、以前と同様“胡麻” と“醤油”の2種類を展開していて、早速、新旧のファンを喜ばせている。
ひと口すすれば焦がしネギの芳しさがたまらなく食欲を刺激する。鶏ガラをメインに豚も加えたスープは店主の宮川さんが目指す「あっさりしつつコクのある味」。
アッサリしていながらもクッキリとした味わいが味蕾を、鶏の香りが鼻腔を刺激する醤油味スープ。もっちりしつつツルツル感半端ない中太の麺。
パステルグリーンの外壁が目を引くメロン専門店。手がけているのは、青森県つがる市。
ユーグレナ(ミドリムシ)を配合した緑麺が代名詞の『麺屋 六感堂』がセカンドブランドを開業。“化学調味料を使わない体にやさしいラーメン”という本店のコンセプトは崩さず、新店舗では郷愁漂う懐かしい中華そばを提供する。
爽やかながら甘みもある日本生まれならではのバランスのよさはこれぞ洋食系の味わい!
吉祥寺の焼き鳥屋といえば『 I 』である。 吉祥寺通りの総本店、井の頭公園の入り口の公園口店は、みんな知ってるよね。 しかし実はもう一店舗あるんですよ。吉祥寺北口店が! ここは、意外に知られてないんだよね……。
いま思い出してもあの衝撃は記憶に残る……。 「なにこれ⁉ 美味い!」と思わず声を張りあげてしまったほど。 この素敵な出会いは、ディナーに誘われて迷い込んだお店で始まった。それが、内外観には草木の緑とレンガで彩られ、入った瞬間、なんとも言えない温かい空気を感じる「ONZORO.」というビストロだった。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt