MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
富白(ラーメン/御徒町)|人気の塩ラーメン専門店!老若男女問わず愛される体に優しい塩スープ♪

富白(ラーメン/御徒町)|人気の塩ラーメン専門店!老若男女問わず愛される体に優しい塩スープ♪

シャキッと小気味いい野菜に、ゴツゴツとパワフルな縮れ麺。両者の相反する食感が、口の中で鮮やかに調和し引き立て合う。

富白(最寄駅:御徒町駅)

剛麺の力強いコシと小気味いい食感の野菜で際立つ白湯スープの旨み

野菜にたっぷり吸わせたスープは、鶏ガラをベースにニンニクや生姜、香味野菜で深みを持たせた濃厚白湯。その骨太な旨みが、具材と麺をたくみにつないでくれるのだ。唐辛子入りの鶏油をかけた辛タンメンも人気の一杯。基本的に昼の営業で、その日の仕込み分が売り切れとなってしまうのでご注意を。

鶏ぶた塩タンメン
880円

麺は浅草開化楼製の太い縮れ麺。小麦粉をぎゅっと凝縮したような、力強い香りとコシにあふれている。カツオ節や昆布で旨みを持たせた塩ダレが、スープにさらなる深みと厚みを出している

鶏塩拉麺
700円

同じ素材でとった清湯スープに細麺を合わせた、あっさりとした味わい。スープに浮かぶ鶏油が麺に絡みつきコクを増している

富白の店舗情報

[住所]東京都台東区台東3-14-10 [TEL]非公開 [営業時間]11時~15時 ※ランチタイム有 [休日]日・祝(臨時休はツイッターで告知) [席]カウンターあり、全11席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄日比谷線仲御徒町駅1番出口から徒歩2分


電話番号 非公開

撮影/西﨑進也 取材/菜々山いく子

2019年2月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
店主は、千葉県で多店舗展開する『まるは』グループと蔵前の人気店『改』で修業を積んだ経歴の持ち主。「ラーメンは麺を食べるための料理だから」と、開業前から「麺は自家製麺」と決めていたという。
ほんのり黄色がかった中太ストレート麺が浸るのは、ガツンと濃厚な醤油スープ。京都の老舗『新福菜館』から届く基本のタレを、野菜、豚、鶏からじっくり取ったスープで割っている。
本郷三丁目の人気店『ねむ瑠』が手掛けるセカンドブランド。濃厚な“イカ煮干し”ラーメンで名を馳せる本店に対して、こちらは“カキ煮干し”ラーメンで注目を集めるが、店主の推しは “淡麗醤油”というから驚く。
桑名産ハマグリと宇和島直送の真鯛に、乾物からひいた和風ダシをあわせたトリプルスープ。そこに石臼挽き全粒粉をブレンドした自家製麺を浮かべた見事な一杯だ。
キッチングッズ屋さんで、白髪ネギカッターを発見! 料理に白髪ねぎがのっていると美味しいのになぁ~と思うけど、白髪ねぎを作るのは面倒だなぁ~って、けっきょく、やらないわたし。 たまたま、100均のダイソーでも白髪ネギカッターを見つけたので、今回は「DAISO」と「下村工業」の商品を使い比べてみました。
場所は御徒町のガード下。がらりと戸を開けると、いきなり活気ある厨房の風景が目に飛び込んでくる。
地元鎌倉の人が通う、古本屋にして立ち飲みバー。役者やバンド活動をするスタッフが日替わりで店に立ち、ホワイトボードのメニューも人により日ごと変わる。
JR天満駅から徒歩で約10分。住宅街にある和食「瑞」は、料理通なら心躍らせる食のテーマパークだ。 和食が素材にこだわるのは当然といえば当然。ええもんを、いかにひと手間加えて提供するのか、これが料理人の見せ所だ……。
店主は、千葉県で多店舗展開する『まるは』グループと蔵前の人気店『改』で修業を積んだ経歴の持ち主。「ラーメンは麺を食べるための料理だから」と、開業前から「麺は自家製麺」と決めていたという。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt