MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
尾崎幸隆 丼|米と酢をチョイス オーダーメイドの極上マグロ丼(魚介/白金高輪)

尾崎幸隆 丼|米と酢をチョイス オーダーメイドの極上マグロ丼(魚介/白金高輪)

麻布十番に店を構える高級割烹「尾崎幸隆」が姉妹店として開業した丼専門店が「尾崎幸隆 丼」。ただの丼と侮るなかれ!一人ひとりの好みにあわせたオーダーメイドの1杯を作ってくれるのだ。[交]地下鉄南北線ほか白金高輪駅4番出口直結 ※ランチタイム有

尾崎幸隆 丼(最寄駅:白金高輪駅)

9種類あるメニューから丼の種類をチョイス。そしてお次は米だ。白米か独自にブレンドした二十一雑穀米から好みの方を。最後は選んだ米に白酢と赤酢のいずれかを混ぜ、1人前ずつ丁寧にシャリを切ってくれる。 採算度外視というメニューが、本マグロの赤身に加え、頭部分の“突先”や尾の身のすき身をたっぷりとのせた「サービス丼」。また、大間産本マグロの中でも超稀少な“脳天”の身だけを使用した「鮪脳天丼」は、2500円と少々値は張るものの、食べれば納得の極上の逸品だ。

サービス丼
1080円

築地で競り落とされた上質な本マグロの赤身は濃厚なコクを堪能できる。すき身はほどよく脂がのってトロリとした口当たり。白米×赤酢でオーダー※写真奥の天然本マグロからとるスープや小鉢は別料金で追加可能

海鮮丼
1500円

マグロのすき身に鯛、甘エビ、穴子など8種類の魚介をブレンド。各々の素材の味や食感のバランスが見事! 雑穀米のシャリは香ばしい風味がたっぷり

尾崎幸隆 丼

東京都港区白金1-17-2 白金アエルシティ地下1階 ☎03-5795-0823 [営]11時〜14時半LO、17時〜20時半LO、土・祝は11時〜19時半LO[休]日 [交]地下鉄南北線ほか白金高輪駅4番出口直結 ※ランチタイム有

電話番号 03-5795-0823

2016年3月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
秋葉原「さま田」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。大のカツ丼好きの店主が、フレンチで培った技術を駆使しつつ、リーズナブルに楽しめる丼をと考案。豚バラ肉の角煮カツを醤油ベースの玉ネギソースをかけたご飯にのせ、さらにとろり半熟オムレツをオン。[住所]東京都千代田区神田佐久間町3-21-6 第1ヤマコビル1階
大正7年創業の老舗『ひさご』が、土・日のランチのみ1日10食限定で提供している迫力満点の天丼。旬の野菜と築地で仕入れる新鮮な魚介を惜しみなく使う太っ腹さ、食後感を軽やかにと揚げ油にサラダ油を使用する気配り……老舗ならではの味わいで、これが絶品なのだ。
丸の内、東京駅周辺でランチの狙い目は、平日限定10食の大海老天重。66年前の創業時から継ぎ足して作られているというタレが格別なのだ。「菊亭」の[交通アクセス]はJR山手線ほか東京駅丸の内南口から徒歩4分、地下鉄丸ノ内線ほか東京駅からKITTE経由で地下直結
期せずして、脇を固めていた一品が人気メニューになることがある。銀座4丁目の人気焼き鳥店『ばぁーどはうす○勝(まるかつ)』が、ランチや夜の〆で提供していた親子丼がそれだ。
6063views 銀座グルメ
下町うまいもん散歩 柴又特集掲載店。帝釈天参道に漂う香ばしいごま油の香りは、この店から漂う魅惑のシグナル! 店頭の大鍋で揚げられたエビやキス、ししとうといった天ぷらに回しかけられる甘じょっぱい天ツユは、心も胃袋も満足すること間違いなし。
6620views 柴又グルメ
徳島県・吉野川に沿う山間部にある、大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)。歩危マートで売られている岩豆腐を使った、硬くて濃厚な豆腐料理をご紹介。 吉野川沿いの渓谷の景色といっしょに、満喫いたしました……。
あんぱんで有名な『銀座木村家』の知る人ぞ知るメニューが、2階の喫茶で提供されている「小海老のカツレツサンド」だ。軽くふわっと付けられた衣はサクサクで、ぎっしり詰まったエビは絶妙な火加減でプリップリ。
夫婦で切り盛りする小体な喫茶店。店主の坂爪弘樹さんは、「コーヒーもケーキも専門店級の味を届けたい」と数々の洋菓子店や高級珈琲店で修業後、2004年にこの店を開店した。
ふたを開ければ宝石のごとき点心に目も心も奪われる。まずはご覧の蒸し餃子。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt