MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
吉祥寺グルメ情報_吉祥寺で“盆暮れ正月が一緒にきた感”のあるメニューの件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(127)

吉祥寺グルメ情報_吉祥寺で“盆暮れ正月が一緒にきた感”のあるメニューの件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(127)

吉祥寺のオシャレカフェをディスりがちな、おっさん女子です。 しかし私にもディスれないっていうか、けっこう好きかも、というオシャレカフェが吉祥寺にあります……。 それはアトレ吉祥寺本館1Fの『S』。 間違いなくオシャレカフェなんだけど、フードメニューがなぜか昭和なのよ……(笑)。 たぶんコンセプトのひとつだと思うんだけどね。

perm_media 《画像ギャラリー》吉祥寺グルメ情報_吉祥寺で“盆暮れ正月が一緒にきた感”のあるメニューの件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(127) の画像をチェック! navigate_next

吉祥寺で“盆暮れ正月が一緒にきた感”のあるメニューの件


吉祥寺のオシャレカフェを比較的ディスりがちな、おっさん女子です。

しかし私にもディスれないっていうか、けっこう好きかも、というオシャレカフェが吉祥寺にあります……。

場所はアトレ吉祥寺。

もはや地元民が大好きな吉祥寺の中心ですね。

その本館1Fに『S』という大型カフェがあるんです。

座席数は82席。

朝9時から夜22時までの営業。

モーニング、ランチ、カフェ、ディナー、ジェラート販売などなど、どの時間帯もお客さんで賑わっているという印象。

2018年に続いて2019年も夏は表参道で大人気&行列のかき氷“アイスモンスター”を期間限定発売していたので、もう女子が大変でしたよ。


インスタ映えに忙しくて……。

こんなオシャレなコラボも多いんですよ。


そんな『S』は、一見おっさん女子のディスり要素満載のように思えますが、ここって間違いなくオシャレカフェなんだけど、フードメニューがなぜか昭和なのよ(笑)。

たぶんコンセプトのひとつだと思うんだけどね。


イラスト/小豆だるま



吉祥寺でこの『S』にしかないメニューというのがあってですね。

なんと『トルコライス』があるの。

しかもオシャレな(笑)。

トルコライスといえば、おっさん女子が大好きな輸入食品&デリ&ワンコインぶっかけ弁当の『C』(連載63回参照)に昔あったメニューなんだけど、いつのまにかなくなっちゃったんだよな~。

そのトルコライスですけど、長崎県発祥で、ピラフ、ナポリタン、デミグラスソースのポークかつがワンプレートになっているという、もはや盆暮れ正月が一緒に来たような“ニギニギしさ&ウキウキ感”で、おっさん女子的にテンションがあがるんだよね~♪
 
そして『S』のトルコライスは、1350円+tax。

ディナータイムのメニューですが、正直、1350円の価値はあります! 

量がね、女子的にちょうどいい。

あと、非常に上品な味付けです。

昭和とオシャレの奇跡の融合なんですよ、マジで!
 
ディナーメニューはほかにもおすすめがあって、ハンバーグ&ナポリタンも頼んでいる人が多い印象。

ナポリタンの上にハンバーグが乗っていて、さらに半熟卵が乗っていて、さらにさらにてっぺんに旗が立っています(笑)。

「大人のお子様ランチ感」漂ってます。



あとね、オムライスも食べてほしい。

ごはんが緑なの……。

バジルが炊き込んであるのよ! 

卵はふわとろ。

オムライスはケチャップライス+固めの卵で全部巻きの私ですけど(53回参照)。

この『S』のオムライスは許す! 

積極的に許す! という感じなんです。


ここまでディスれないオシャレカフェは、吉祥寺にはほかにない!

非常に混んでますけど、若い女子が写真撮りまくってますけど、ママたちがランチ会やってて必要以上にニギニギしいですけど、ドリンク1杯で、3時間くらい居座って勉強している学生もいますけど、それでもおっさん女子は、『S』を推します! 









天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。




小豆だるま
高校の国語教員を経てイラストレーター・漫画家になる。ギャグとシリアスを行ったり来たりする作風で雑誌・書籍・webなどで活躍中。著書は「日々ズレズレ」(小学館)その他。好物はタイ料理と辛いもの。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
天野七月@おとなの週末

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

関連記事
なんと今回は、牛乳です。 ある日、三鷹のパン屋さんで『パン好きの牛乳』という200mlのパック牛乳を発見し、ハマってしまった次第。 ほかにも。美味しい牛乳があった気が……、ということで吉祥寺のスペシャルな牛乳をご紹介したいと思います。
今までの吉祥寺の和風のカフェ、喫茶店、甘味処は、比較的年配のマダムたちの需要が多かった吉祥寺である。しかし最近、けっこう若い女子向けのカジュアルな和風がキテるんじゃないでしょうか? ということで、今回は2020年にオープンした2軒ご紹介してみようと思います。
新型コロナウイルスのせいで、吉祥寺の飲食店は満身創痍という感じな今日この頃……。 メニューの見直し、店舗のリニューアルなどをする店も多いように感じます。 そこで今回は、吉祥寺でのサバイバルのために積極的にリニューアルを続けている定食屋を2軒ご紹介しようと思います。
白いご飯と、鶏唐揚げと、チーズが大好きなおっさん女子とは私のこと。 しかし最近、食パンに対する愛も芽生えてきたので、適度に食パンも食べ散らかしているのですが、最近、吉祥寺のチーズ食パンが熱い!っていうかチーズ教信者の私だけが、熱いのかもしれない……。というワケで、今回は吉祥寺の美味しいチーズ食パンをご紹介したいと思います。
小学校以来の食パントラウマを生食パンで癒し、食パンを食べ散らかしているおっさん女子ですが、最近は、あん食(144回)の暴力的なカロリーと美味しさにハマリ、あんこトーストを自宅で自作しているおっさん女子である。 そこで今回は、あんこトーストのお手本にしたい吉祥寺のお店をご紹介だ!
最新記事
九州、中・四国の美味しいものを気軽に楽しんでもらいたい。ゆえに魚、肉、ご当地の肴まで幅広く用意する。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな蕎麦のレシピを紹介します。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな鍋のレシピを紹介します。
ここ数年、植物性由来の食材を使い、肉や魚などに似せた「ヴィーガンフード」をよく耳にするようになった。いまや普通のスーパーでも、伊藤ハムや丸大食品などお馴染みのメーカーが作る植物性由来の大豆ミートを使用したハンバーグやハムなどが並ぶコーナーができるほど。しかし、それでもなお珍しいのは海産物系。植物性由来の食材だけで作ったヴィーガン海鮮丼を食べてきた!
親子丼の元祖として知られる『玉ひで』の姉妹店として、暖簾を掲げて今年でちょうど20年。熟練の職人が炭火で炙った端正な焼鳥はもちろんのこと、鶏を使った一品料理も申し分ない実力派。
get_app
ダウンロードする
キャンセル