MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
おっさん女子の吉祥寺パトロール(63) 吉祥寺でワンコイン弁当をテイクアウトするなら、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(63) 吉祥寺でワンコイン弁当をテイクアウトするなら、の件

吉祥寺って、お弁当屋さんが少ない気がするのは、私だけでしょうか? アトレ吉祥寺の食品売り場にも、東急吉祥寺のデパ地下もお弁当を販売しているけど、やっぱりできたてが食べたいよな、と思っているおっさん女子……。 そこで、財布の中身が寂しい日でもOKのワンコイン弁当をチョイスしてみました!

perm_media 《画像ギャラリー》おっさん女子の吉祥寺パトロール(63) 吉祥寺でワンコイン弁当をテイクアウトするなら、の件の画像をチェック! navigate_next

吉祥寺でワンコイン弁当をテイクアウトするなら、の件


吉祥寺って、お弁当屋さんが少ない気がするのは、私だけでしょうか? 

なぜかチェーンのお弁当屋さんが、五日市街道沿いの一角に集中。

地元民的に、日常生活の動線に五日市街道が含まれていない(私です)と、まったく利用する機会がありません……。

しかし、地元民大好き&地元民動線のど真ん中、アトレ吉祥寺の食品売り場にはお弁当がたくさん!

そして東急吉祥寺のデパ地下もお弁当を販売しているし……。

まぁいいか……と思っていたワケですが、やっぱりできたてが食べたいよな、と思っているおっさん女子。

そこで、吉祥寺のテイクアウトできるお弁当を独断でご紹介。

しかも、財布の中身が寂しい日でもOKの、ワンコイン弁当をチョイスしてみました!

イラスト/スタジヲワンツー


まず1軒目のオススメは、『N惣菜』の唐揚げ系!


まず、もはや有名ですけど末広通りにある『N惣菜』ですね。

お店の場所の番地が店名になっていて、古時計がたくさんある、あのお弁当屋さんです。

ここは、お弁当の種類も豊富&惣菜のみ購入も可能。

お弁当はがっつり肉系から、魚系、丼系など、今日はどれにしようかな? と悩み放題です。

店頭になくても、すぐ作ってくれるんだよね。

あと、待っている間、夏は冷たいお茶、冬は暖かいお茶が、セルフで飲み放題!

これって、けっこうウレシイ、と思うおっさん女子だ。

そして誰も興味がないと思いますが、私は鶏肉至上主義のおっさん女子(連載62回参照)。

お弁当屋といえば『唐揚げ弁当』に決まりでしょう! 

ちなみに『N惣菜』の唐揚げ弁当は、460円(税込)でございます。

さらに唐揚げ弁当にもバリエーションがあり、『唐揚げコロッケ』『のり唐揚げ』『唐揚げ明太』『唐揚げ南蛮』などなど。

しかも、お値段450~530円(税込)っていうところですよ。

メインの唐揚げですが、ボリューミーです。

さらにスタンダードな万人受けする唐揚げだと思います。

ほかに、魚系の弁当がおすすめ。

お値段ちょっと高め(610円~)なんですけど、幕の内弁当っぽい構成になっているので、おかずをたくさん食べたいっていう人には、せひ!

『鮭弁当』がおっさん女子的にイチオシです。

男子は、唐揚げのバリエーション弁当っていうセレクトのオーダーを店頭で聞くような気がする。

さらに、おっさんではない本物の女子は『サバ塩麹弁当』を買っている人が多い気がする……。

JR線路沿いに、2018年5月にオープンした『T』も、激しくオススメ!


JR線路沿いの西荻寄り『カフェZ』の対面に、2018年5月に新しいお弁当屋ができたのです。

『T』という縁起のよさそうな名前です。

ここのお弁当は、オール500円(税込)。

お弁当販売時間は11時45分~14時らしいですけど、14時を過ぎても「どうぞー。ちょっとお時間いただきますけど、大丈夫ですよ~」と、男性店主が非常に親切です。

基本的にお弁当は4種類。

『唐揚げ弁当』と『カレー』が定番で、あとの2種類は日替わりです。

もちろん唐揚げ弁当を買うおっさん女子ですけど、ここの唐揚げって、実家の唐揚げっぽい(笑)。

私の実家の唐揚げっていうよりも、いわゆる「母親の唐揚げ」テイストだと思います。

たぶん唐揚げの下味の付け方が、家庭的なんだなー。

そして唐揚げには、マヨネーズ、チリソース、タルタルソースの3種類の中から1種類をトッピングしてもらえます。

なんとなく、唐揚げ本体のテイスト的にマヨネーズがベストマッチだと思っているおっさん女子だ。

さらに日替わりの魚系のお弁当もおすすめ。

魚の下処理がていねいで美味しいです。

この通り沿いが日常的な吉祥寺動線に含まれている人には、激しくおすすめします。


おっさん女子がヘビロテするワンコイン弁当は、吉祥寺の(比較的)ど真ん中の『C』!


しかし、私がガチでヘビーユーザーなのは、連載59回で紹介したタコライスも売っている輸入雑貨&デリの『C』だ! 

吉祥寺の(比較的)ど真ん中なので、どんな吉祥寺動線に人にもおすすめ。

ここの『ぶっかけ弁当』497円(税込)は、16種類のおかずから3種類選んでご飯にぶっかける、というザックリした人(私です)には、非常に親和性と共感を呼ぶお弁当です。

16種類のおかずは定期的に入れ替わっていますが、私は鶏ひき肉バジル炒め+ナスとパプリカの和風マリネは鉄板で、あと1種類はその日の気分でチョイスという設定。

比較的「エビとブロッコリーのアンチョビ炒め」か「豚キムチ」にすることが多いかもしれない。

鶏肉系は「油淋鶏」「スイートチリマヨ」などのガッツリ系もあるよ。

「カレー」もありま~す。

ココのぶっかけ弁当だったら、3日続いてもOKだと断言できる。

お昼時間を外しても、お弁当レジには常に数人が並んでおります。

やっぱ、ファンが多いんだよな~と思うおっさん女子だ。

今日は何にするか悩むのが楽しいし(笑)。


いかがでしょうか? 

吉祥寺のワンコイン弁当@地元民セレクト。

まあ、家や職場、学校のある場所に左右されるかもな……。


結局は、自分の吉祥寺動線にあった弁当屋さんがベストチョイスだと思いますけど。







天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
天野七月@おとなの週末

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

関連記事
なんと今回は、牛乳です。 ある日、三鷹のパン屋さんで『パン好きの牛乳』という200mlのパック牛乳を発見し、ハマってしまった次第。 ほかにも。美味しい牛乳があった気が……、ということで吉祥寺のスペシャルな牛乳をご紹介したいと思います。
今までの吉祥寺の和風のカフェ、喫茶店、甘味処は、比較的年配のマダムたちの需要が多かった吉祥寺である。しかし最近、けっこう若い女子向けのカジュアルな和風がキテるんじゃないでしょうか? ということで、今回は2020年にオープンした2軒ご紹介してみようと思います。
新型コロナウイルスのせいで、吉祥寺の飲食店は満身創痍という感じな今日この頃……。 メニューの見直し、店舗のリニューアルなどをする店も多いように感じます。 そこで今回は、吉祥寺でのサバイバルのために積極的にリニューアルを続けている定食屋を2軒ご紹介しようと思います。
白いご飯と、鶏唐揚げと、チーズが大好きなおっさん女子とは私のこと。 しかし最近、食パンに対する愛も芽生えてきたので、適度に食パンも食べ散らかしているのですが、最近、吉祥寺のチーズ食パンが熱い!っていうかチーズ教信者の私だけが、熱いのかもしれない……。というワケで、今回は吉祥寺の美味しいチーズ食パンをご紹介したいと思います。
小学校以来の食パントラウマを生食パンで癒し、食パンを食べ散らかしているおっさん女子ですが、最近は、あん食(144回)の暴力的なカロリーと美味しさにハマリ、あんこトーストを自宅で自作しているおっさん女子である。 そこで今回は、あんこトーストのお手本にしたい吉祥寺のお店をご紹介だ!
最新記事
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル