MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
Bistro Roven(洋食/三田)|駅から5分、ロールキャベツが名物の小さなビストロ♪13時には売り切れることも!

Bistro Roven(洋食/三田)|駅から5分、ロールキャベツが名物の小さなビストロ♪13時には売り切れることも!

ロールキャベツをオーブンで焼いて温めるから店名は造語の『ローブン』。なにしろ看板がロールキャベツだ。

perm_media 《画像ギャラリー》Bistro Roven(洋食/三田)|駅から5分、ロールキャベツが名物の小さなビストロ♪13時には売り切れることも!の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

Bistro Roven(最寄駅:三田駅)

行列必至のロールキャベツ 3種3様のソースも楽しい

それは大人の拳以上はある王道の俵型。旨いに決まってる。特長は仔牛の骨や野菜などを約12時間煮出して作る自家製フォン・ド・ヴォーで煮込むこと。凝縮された牛の濃厚な味を隅々まで煮含ませるのがポイントで、供する前にココット鍋に入れてオーブンで四方からじんわり熱を入れる。するとふわふわでとろっとした食感になるというワケ。ソースはデミグラス、ホワイト、トマトと揃うが、初めてならば定番のデミグラスを。ビターな味わいがキャベツの甘みと肉の旨みをグググッと増幅させ……はあ、もうたまりません。

デミグラスソースのロールキャベツ
1620円(ランチはライスかパン、サラダ、スープ付きで1350円)

俵型でボリュームたっぷり。中は牛と豚の合挽き肉で、大小のキャベツを4~5枚ほど組み合わせて巻く。大鍋で煮込む前に一度冷凍させるとキャベツの細胞が壊れ、柔らかく仕上がるという。デミグラスはルウを使わず煮詰めながら濃度を出す

ホワイトソースのロールキャベツ
1350円(ランチはライスかパン、サラダ、スープ付きで1000円)

牛乳と生クリームなどで作る真っ白なホワイトソースも人気

本日の一皿~3種盛合せ~

夜のメニュー。内容は日替わり。写真は牡蠣のコンフィなどワインに合う味

お店からの一言

シェフ 三輪貴浩さん(左)、スーシェフ 小林陽介さん(右)

「ロールキャベツは13時には売り切れることも。お早めにどうぞ」

Bistro Rovenの店舗情報

[住所]

東京都港区芝4-13-11 [TEL]03-3452-5110 [営業時間]11時半~14時半(14時LO)、17時半~23時(22時LO)※ランチタイム有 [休日]不定休 [席]カウンターあり、全30席/全席禁煙/予約可(平日昼は不可)/夜のみカード可/サなし、夜はお通し(パンの盛り合わせ)432円別 [交通アクセス]都営三田線ほか三田駅A6出口から徒歩3分、JR山手線ほか田町駅三田口から徒歩5分


電話番号 03-3452-5110

撮影/貝塚 隆 取材/肥田木奈々

2019年3月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
もうもうと立ち上る煙の下に現れるはドカンと一枚肉の「特大生姜焼」。腕まくりで挑めばド直球の旨さにハッとする。
創業明治28年。『煉瓦亭』のポークカツレツは“とんかつの元祖”と言われているだけあって隙がない。
ガウチョ(牧童)が絞めて解体した牛を薪で焙り、野外で肉を片手に呑み、かつ喰らう――そんなアルゼンチン流のワイルドなBBQ「アサード」を味わえる店だ。肉を焼くのは、青春時代をアルゼンチンで過ごした伊澤義之さん。
50ケ国以上あるアフリカ大陸。トーゴと聞いて場所を指差せる人は、かなりの地図好きだろう。
最新記事
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
その天ぷらひとつを供するまでに、一体どれほどの手間と心が注がれているか。店主自ら毎日豊洲に通う素材選び然り。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回は全員巨漢のYouTuberユニット「ブチかまし」をレコメンド。メンバー・立山(たてやま)さんの1日のカロリー摂取量を追った動画「立山カロリー」を中心に熱く語ります。
get_app
ダウンロードする
キャンセル