MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ル・ブラン 新宿店(イタリアン/新宿三丁目)|シーフードたっぷりのドリアはランチで一番人気♪

ル・ブラン 新宿店(イタリアン/新宿三丁目)|シーフードたっぷりのドリアはランチで一番人気♪

一見、喫茶店のような趣だが、実は豊富な料理が楽しめるイタリアンレストラン。人気の鶏肉のグラタンは、ベシャメルソース、フォン・ブランという鶏ガラのダシや白ワイン、さらに大山地鶏の旨みが一体となった、やさしくもコクのある味わいだ。

perm_media 《画像ギャラリー》ル・ブラン 新宿店(イタリアン/新宿三丁目)|シーフードたっぷりのドリアはランチで一番人気♪の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

ル・ブラン 新宿店(最寄駅:新宿三丁目駅)

こだわりが詰まった本格グラタン

もともと洋菓子店として創業したということもあり、パティシエが作るケーキのファンも多い。気軽なランチやティータイムのほか、ディナーは本格的なフルコースも。多彩な使い方ができ、知っておくと重宝しそうな一軒だ。

鶏肉のグラタン(パン付)
1150円

シェルマカロニにはソースが絡み、食べ応えも

ドリア
1180円

ベシャメルソースに、エビやアサリ、イカなどを煮出したスープとトマトピューレを合わせたソースはやみつきになる

渡り蟹のトマトソーススパゲティ
1400円

渡り蟹や魚の旨みが凝縮されたソースが食欲をそそる

お店からの一言

ホール責任者 玉野伸之さん

「平日のランチはデザート付きでお得ですよ」

ル・ブラン 新宿店の店舗情報

[住所]東京都新宿区新宿3-30-11 [TEL]03-3356-4574 [営業時間]11時半~21時半(20時半LO)※ランチタイム有 [休日]無休 [席]カウンターなし、全60席/全席禁煙/予約可(ランチは平日のみ、ディナーは17時半以降)/カード可/サなし [交通アクセス]地下鉄丸ノ内線ほか新宿三丁目駅A5出口から徒歩1分


電話番号 03-3356-4574

撮影/貝塚 隆 取材/井島加恵

2019年3月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
鎌倉街道沿いにあり、連日陽気な声が絶えない人気店。パスタやカルパッチョといった定番からスパイスを利かせた煮込み、柔らかく煮てから揚げる牛舌フライなどアイデア溢れる逸品も揃う。
タラのカダイフやズワイガニとキノコのマリネ、スフレオムレツ……。一つひとつ丁寧に彩りも豊かに入ったオーブルの前菜詰め合わせは、自宅でもレストラン気分に浸れる。
近年話題になったイタリアンは、かわいさ溢れる美味揃い。様々な味が気軽に楽しめる「アランチーニ」に、軽やかな食べ心地の「マリトッツォ」、生地とクリームの味わいが絶妙な焼き菓子「カンノーリ」。イタリアフードは日本人の心と胃を揺さぶり続ける!
多彩なメニューが揃うイタリアン・バル。こだわりの食材だけのメニューから、お好きな仕立てをオーダーすることも。
歴史や文化の繋がりを重んじるイタリア・トリノで修業した経験から、「日本の伝統食材、鯨肉も自分のスタイルで次世代に伝えたい」と積極的に取り入れているシェフの門脇さん。今回考えてくれた料理もご覧の通リのセンスの良さだ。
最新記事
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。“ユーミン”こと松任谷由実の最終回では、名曲誕生の秘密が明かされます。そして、筆者が推すユーミンのベスト3を紹介します。
艶やかでずっしりと重たい丼は、見るからに美味しそうで食べ応えも満点。しかも短時間で味わえて、ひとりでも、グループでも楽しめて食べ勝手も抜群です。中でも、人気の親子丼、カツ丼、その他の肉の丼、海鮮丼、天丼。さらには中華店や蕎麦屋の丼まで。どどんとご紹介します! ほか、「ごはんのお供」、「味噌生活のススメ」特集もあります。
get_app
ダウンロードする
キャンセル