MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
富士屋本店(居酒屋/渋谷)|ピザ、洋メニュー、お値打ちワイン…全部旨い♪

富士屋本店(居酒屋/渋谷)|ピザ、洋メニュー、お値打ちワイン…全部旨い♪

渋谷を代表する大衆酒場『富士屋本店』。昨年、再開発のため45年の歴史に幕を下ろした。

perm_media 《画像ギャラリー》富士屋本店(居酒屋/渋谷)|ピザ、洋メニュー、お値打ちワイン…全部旨い♪の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

富士屋本店(最寄駅:渋谷駅)

ピザや肉料理とワインでグビッ 富士屋本店ブランドの集大成!

「店は閉めても、この街に名前を残したい」。その思いから『富士屋本店 ダイニングバー』や『アルフォルノ』などのバル業態3店舗を移転統合。まさに集大成といえる新店をオープンさせた。
 薪窯で焼きあげる本格ピッツァ、そして遊び心を利かせた洋メニューの数々。お値打ちワインなど酒の魅力も増し、店全体がパワーアップしている。また、スタッフ陣も皆が富士屋本店を愛し、もてなしを楽しむ人たち。グッと広くなった新店に、熱い魂は受け継がれていた。

ピッツァ モンテビアンコ
1400円

ルッコラとプロシュートの黄金タッグ。耳までジュワッと旨い

黒毛和牛の朴葉焼き
1400円

黒毛和牛のランプ肉の上にウニをどっさりと

ファン・ヒル クワトロ・メセス サクラ、苺のスパークリング
600円、700円

元は酒屋として創業した富士屋本店。こちらは春の限定酒

金華サバの味噌煮
750円

後を引く味噌ソースは、甘エビの殻のダシが決め手

富士屋のポテサラ
500円

いぶりがっことクリームチーズ、黒トリュフが融合した傑作!

お店からの一言

店長 佐々木稔さん

「新・富士屋本店も渋谷で長く愛される店を目指します!」

富士屋本店の店舗情報

[住所]東京都渋谷区桜丘町24-4 第5富士商事ビル1階 [TEL]03-3461-1195 [営業時間]17時~23時(22時LO) [休日]日・祝、第4土 [席]カウンターあり、全37席+スタンディング約23席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、テーブル席のみチャージ300円別 [交通アクセス]渋谷駅西口から徒歩2分


電話番号 03-3461-1195

撮影/大西尚明 取材/林 匠子

2019年4月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「酒」の提灯、その奥に垣間見える楽し気なカウンターに、まずノックアウトだ。しかし、ここ『洒落者』の本領は、そのカウンター奥から次々と繰り出される、「ほんとにこの値段?」と思わせる素晴らしいつまみの数々だ。
使い込まれた渋い暖簾、開け放たれた大きなガラス戸から中に入ると、ふたつのコの字カウンターはすでにいっぱい。ワイワイガヤガヤ、思い思いに一杯やっている。
店長の後藤さんは宮崎県出身。東京で日本酒に出合ってすっかり日本酒の虜になったとか。
「ほっとしたい」「気分を上げたい」――日本酒のこんな注文も大歓迎、の店だ。たとえば猪肉のローストに合わせて、「力が湧くお酒を」とリクエスト。
店を構えて35年の居酒屋。魚介を中心にほとんどのメニューが500円前後で揃い、中でも塩焼き、味噌煮、竜田揚げなど、多彩な金華さばのメニューが目を引く。
自家製粉にこだわる、2代続く町の蕎麦屋さん。北は北海道から南は島根県まで、各地の蕎麦農家から収穫の出来や時期に合わせて仕入れ、そのときいちばん美味しい玄蕎麦を店で挽く。
近年、愛知で愛されるうなぎの名店が次々に東京へ出店しています。そして、次に見据えるのは世界進出!「ひつまぶし」だけではない愛知うなぎの魅力に迫ります。
みんな大好き、うなぎ。東京だけでも相当な数があり、どこに行けばいいのか迷うはず。そこで、覆面調査で美味しくて居心地のいい三ツ星店を見つける「おとなの週末」厳選した名店をご紹介。うな重をはじめ、旨いうなぎが食べたければここへ行くべし。
ああ、体が肉を欲してる! そんな日はこの店へ。人気のグリル盛り合わせは、ひと皿に黒毛和牛、銘柄豚、和牛ハツ(たまに鶏肉!)と肉、肉、肉のオンパレード。
自治体のアンテナショップのいいところは、地方の特産品が1カ所に集められ、手軽に買えることです。香川県と愛媛県が共同で運営する「せとうち旬彩館」の4月の「かくれた逸品」に選ばれた愛媛の豆菓子が気になりました。
get_app
ダウンロードする
キャンセル