MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
大阪穴場グルメ_実にお値打ち! 創業60年、西成にある親子3代続く老舗寿司店「親子寿し」に潜入/大阪ローカル穴場メシ情報[74]

大阪穴場グルメ_実にお値打ち! 創業60年、西成にある親子3代続く老舗寿司店「親子寿し」に潜入/大阪ローカル穴場メシ情報[74]

創業約60年の寿司屋で、昔ながらの1階が店舗、2階が自宅という造り。 西成の“歴史”を見続けてきた人物でもある3代目の大将、太田恵さんが握る寿司は、西成らしく手頃な価格。 だが、ネタは新鮮。舌が肥えた常連客に加えて新しいお客が交差するように訪れる店なのだ。

1皿220円と実にお値打ち! 創業60年、西成にある親子3代続く老舗寿司店「親子寿し」に潜入


「親父が引退して丸1年が経ちます。
先代は祖母と一緒に働いていて、それで『親子寿し』という屋号になったんです」

こう語るのは、JR新今宮駅から徒歩数分の場所にある「親子寿し」の3代目の大将太田恵さん(49歳)。


創業約60年の寿司屋で、昔ながらの1階が店舗、2階が自宅という造り。

「西成暴動で労働者と警察と対峙して……という事件があったのが、この目の前の交差点ですわ(笑)」

そうそう。

太田さんは西成の“歴史”を見続けてきた人物でもある。

外国人観光客の増加にともない、町も随分と変化もした。

「1日1組、外国人観光客の方が来店されますね。東南アジアの方が多いです」

外国人観光客が増えると西成も活気づいた。

お店も増えて、日本の若者が西成に訪れるようになった。

しかも、ココは西成らしく実にお手頃な価格で寿司を食せる。

ネタは新鮮。

舌が肥えた常連客に加えて新しいお客が交差するように訪れるのだ。


寿司はネタケースを見ればいい。

豊富なこのネタを次々と握っていく。

さて、今の時期におススメな旬の素材「牡蠣」(2貫320円)からスタート。

岡山県産の牡蠣で、今の3月中旬が牡蠣もそろそろ終わりの時期。

秋よりも終わりに近くなるほど、サイズが大粒なのが特徴だ。



この大粒の牡蠣をひと口。

ううう、タマらん。

何もかも忘れさせてくれる旨さやないかっ!


続けて「鮪」(220円)。


あ、そうそう。

醤油はハケで塗るタイプ。

上の左からアマダレ、からし醤油、そして下が普通の醤油となる。



サクッと塗ってパクっとひと口。

ビールも勝手に進んでしまうやないか!

続けて「エビ」(320円)と、「カンパチ」(220円)を追加。


体高のあるこのエビ。

そりゃ、旨いに決まっている。


この皿を見てほしい。

220円がこの丸みを帯びた皿。

角ばった下の皿が320円。

常連客になると、こんなパターンも。


皿を見てわかると思うが320円の皿。

3貫でこのお値段だ。

アジやサーモンなどがのっている。


最後のシメは「赤だし」(300円)。

寿司屋らしい出汁と風味がきいた味噌汁を飲んで、この日は退散となった。

最後にひと言。


大満足や!

親子寿し
[住所]大阪市西成区萩之茶屋1-1-8
[TEL]なし
[営業時間]17:00~23:30
[定休日]日曜、祝日







加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

このグルメ記事のライター
加藤慶@まとメシ

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
JR天満駅から徒歩で約10分。住宅街にある和食「瑞」は、料理通なら心躍らせる食のテーマパークだ。 和食が素材にこだわるのは当然といえば当然。ええもんを、いかにひと手間加えて提供するのか、これが料理人の見せ所だ……。
汁というより、うま味といったうま味を凝縮させた濃厚カレー。この日出合った「カレー中華そば」は、まさに“衝撃的”だった。 知る人ぞ知る、恵美須町の秘境にある隠れた名店「千匹屋」にこのメニューがある。
うどん文化の大阪であっても、今やお酒の後のシメとなると大多数が「ラーメン」と答えるだろう。 特に人気はとんこつで、つい先日の2月22日。北九州のラーメン選手権で堂々の4冠を達成した「石田一龍天満店」が大阪に初上陸!  取材のため、プレオープンに参加してみた。
地下鉄「大国町駅」から徒歩で6、7分の場所に、立ち飲み屋「よしのや酒店」はある。 もともとは駅前に同店の酒屋があり、角打ちをやっていたところがこの店のルーツ。 店内の雰囲気も満点。しかも、食べ物の値段がすこぶる安いときた!
初めて訪れたときは、こんな場所に「お店が⁉」と正直驚いた。 言ってみれば鶴橋商店街のダンジョンから抜けてたどり着いた酒場という印象。 それが「よあけ食堂」だった……。 創業74年。長いカウンター席が特徴的で、一品料理から鍋、洋食など、さまざまな料理が楽しめる名店だ。
キッチングッズ屋さんで、白髪ネギカッターを発見! 料理に白髪ねぎがのっていると美味しいのになぁ~と思うけど、白髪ねぎを作るのは面倒だなぁ~って、けっきょく、やらないわたし。 たまたま、100均のダイソーでも白髪ネギカッターを見つけたので、今回は「DAISO」と「下村工業」の商品を使い比べてみました。
場所は御徒町のガード下。がらりと戸を開けると、いきなり活気ある厨房の風景が目に飛び込んでくる。
地元鎌倉の人が通う、古本屋にして立ち飲みバー。役者やバンド活動をするスタッフが日替わりで店に立ち、ホワイトボードのメニューも人により日ごと変わる。
JR天満駅から徒歩で約10分。住宅街にある和食「瑞」は、料理通なら心躍らせる食のテーマパークだ。 和食が素材にこだわるのは当然といえば当然。ええもんを、いかにひと手間加えて提供するのか、これが料理人の見せ所だ……。
店主は、千葉県で多店舗展開する『まるは』グループと蔵前の人気店『改』で修業を積んだ経歴の持ち主。「ラーメンは麺を食べるための料理だから」と、開業前から「麺は自家製麺」と決めていたという。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt