MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
大阪穴場グルメ_実にお値打ち! 創業60年、西成にある親子3代続く老舗寿司店「親子寿し」に潜入/大阪ローカル穴場メシ情報[74]

大阪穴場グルメ_実にお値打ち! 創業60年、西成にある親子3代続く老舗寿司店「親子寿し」に潜入/大阪ローカル穴場メシ情報[74]

創業約60年の寿司屋で、昔ながらの1階が店舗、2階が自宅という造り。 西成の“歴史”を見続けてきた人物でもある3代目の大将、太田恵さんが握る寿司は、西成らしく手頃な価格。 だが、ネタは新鮮。舌が肥えた常連客に加えて新しいお客が交差するように訪れる店なのだ。

1皿220円と実にお値打ち! 創業60年、西成にある親子3代続く老舗寿司店「親子寿し」に潜入


「親父が引退して丸1年が経ちます。
先代は祖母と一緒に働いていて、それで『親子寿し』という屋号になったんです」

こう語るのは、JR新今宮駅から徒歩数分の場所にある「親子寿し」の3代目の大将太田恵さん(49歳)。


創業約60年の寿司屋で、昔ながらの1階が店舗、2階が自宅という造り。

「西成暴動で労働者と警察と対峙して……という事件があったのが、この目の前の交差点ですわ(笑)」

そうそう。

太田さんは西成の“歴史”を見続けてきた人物でもある。

外国人観光客の増加にともない、町も随分と変化もした。

「1日1組、外国人観光客の方が来店されますね。東南アジアの方が多いです」

外国人観光客が増えると西成も活気づいた。

お店も増えて、日本の若者が西成に訪れるようになった。

しかも、ココは西成らしく実にお手頃な価格で寿司を食せる。

ネタは新鮮。

舌が肥えた常連客に加えて新しいお客が交差するように訪れるのだ。


寿司はネタケースを見ればいい。

豊富なこのネタを次々と握っていく。

さて、今の時期におススメな旬の素材「牡蠣」(2貫320円)からスタート。

岡山県産の牡蠣で、今の3月中旬が牡蠣もそろそろ終わりの時期。

秋よりも終わりに近くなるほど、サイズが大粒なのが特徴だ。



この大粒の牡蠣をひと口。

ううう、タマらん。

何もかも忘れさせてくれる旨さやないかっ!


続けて「鮪」(220円)。


あ、そうそう。

醤油はハケで塗るタイプ。

上の左からアマダレ、からし醤油、そして下が普通の醤油となる。



サクッと塗ってパクっとひと口。

ビールも勝手に進んでしまうやないか!

続けて「エビ」(320円)と、「カンパチ」(220円)を追加。


体高のあるこのエビ。

そりゃ、旨いに決まっている。


この皿を見てほしい。

220円がこの丸みを帯びた皿。

角ばった下の皿が320円。

常連客になると、こんなパターンも。


皿を見てわかると思うが320円の皿。

3貫でこのお値段だ。

アジやサーモンなどがのっている。


最後のシメは「赤だし」(300円)。

寿司屋らしい出汁と風味がきいた味噌汁を飲んで、この日は退散となった。

最後にひと言。


大満足や!

親子寿し
[住所]大阪市西成区萩之茶屋1-1-8
[TEL]なし
[営業時間]17:00~23:30
[定休日]日曜、祝日







加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

このグルメ記事のライター
加藤慶@まとメシ

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
ソウルミュージックバー「P-FUNK」のオーナー渡邉玲さんは、バーテンダーという顔以外にもこの町祇園では別の顔でも有名だ。 ダンサーという顔のほかに、ラジオDJやクラブディスコのイベントの司会など、その顔は多岐にわたる。 ムーディーな店内はソウルミュージックでフィーバー、ファンクな夜がやって来るのだ!
京都は祇園といえば敷居が高いと思われる人も多いだろう。 「MagicTable」は祇園でオープンして23年の老舗マジックバー。 オーナーの喜多充さんは、この世界では知らない人がいない有名人。 普段は一見お断りだが、このサイトを見た人なら今回は特別に入店可となった……。
京都は西大路。この地に日本酒専門店があるのをご存じか。 その店とは、国道171号線に面する酒場「まさよし」。 このお店、幅広い人脈やツテがないと入手できない銘酒が各種そろっているのだ……。 このお店を知らずして京都グルメを語ることなかれ。
ふらっと立ち寄ったお店で心がときめく瞬間がこれまで何度かある。 「ホテルの1階にこんなお店ができたんや。立ち飲み屋で日本酒も豊富そうやし、変わったお店やな……」 こう感じた店が、今回紹介する「ぽん酒マニア」。 確かオープン初日、もしくは翌日だったはずだ……。
果実酢をベースに作られたこちらの商品は、フルーティで飲みやすいのが特長。中でもオススメが、爽やかな酸味の「りんご(王林)」、スッキリして芳醇な香りの「柚子」、穏やかな甘みで男性にも人気が高い「ジュニパーベリー」。
アッサリしていながらもクッキリとした味わいが味蕾を、鶏の香りが鼻腔を刺激する醤油味スープ。もっちりしつつツルツル感半端ない中太の麺。
夏到来! 今年はマスク必須でこれまで以上に厳しい暑さとの戦いになること必至です。そんなときはつるつるっといただける爽快感抜群の冷やし麺が一番!! 冷やし中華や冷麺、ラーメンに、蕎麦、うどん。すすりにすすって見つけた三ツ星麺をご覧あれ。ほか、夏に効く「辛くて旨いもの」、この夏食べたい「アイス&ソフトクリーム」特集もあります。
231views 本誌紹介
赤羽屈指の行列店で、言わずと知れた讃岐うどんの名店だ。一番人気は、ジューシーな鶏もも肉の天ぷらが3つと大根おろしがのる「かしわおろしぶっかけ」。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt