MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
「まぐろや 石亭」は目の前で職人が握ってくれる絶品回転寿司店(回転寿司/御器所)

「まぐろや 石亭」は目の前で職人が握ってくれる絶品回転寿司店(回転寿司/御器所)

「まぐろや」という店名だけに、まぐろの寿司はどれも回転寿司のレベルを超えている。[交]御器所駅からすぐ ※ランチタイム有

まぐろや 石亭 御器所店(最寄駅:御器所駅)

「秘伝漬けまぐろ」(356円)や「活真鯛」(302円)、「鉄火巻」(237円)、「本まぐろ三貫握り」(864円)などを注文。

まぐろや 石亭 御器所店

愛知県名古屋市昭和区阿由知通4-1-1 ☎052-875-3072 [営]11時半~14時半LO、17時~21時半LO(土・日・祝は16時半~) [休]無休 [交]御器所駅からすぐ

電話番号 052-875-3072
2016年3月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
まずは名物「貝の籠蒸し」をご覧あれ。日替わりで自慢の新鮮な貝を取り合わせ、豪快に蒸しあげた一品だ。
夜はサロマ湖の牡蠣、函館直送の寒ブリ、オホーツクのカニやジンギスカンといった北海道の食満載の料理店。だが昼の丼もまさしくザ・北海道! 
ほどよく脂をたたえた瑞々しい身の輝きから、間違いなしの旨さを確信する。刺身で食べても抜群の本マグロの中トロを、しゃぶしゃぶにするというのだから、なんとも贅沢。
カルパッチョが2段のスタンド仕立てで登場するなんて初体験だ。それも濃厚な甘エビからフレッシュオレンジを添えた真鯛まで、味も見栄えも華やかなあれこれに目がランラン&心ウキウキ。
一心不乱にエビが食べたい。そんなアナタに朗報。何とエビでお腹いっぱいになる「海老しゃぶ」があるんです。使用するのは大きさと新鮮さを厳選した赤エビで、その量2人前で約1kg。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
2011年3月12日に博多駅~鹿児島中央駅間の、全区間で開業しました。 九州新幹線の開業で、終点鹿児島中央駅で買える駅弁も充実です。 もちろん、南九州らしいメニューです。 そしてもう一つ。 鹿児島に行ったら、ぜひ食べたいと思っていたのが白熊です。 もう、全国区になったカキ氷です。 鹿児島で有名なアーケード天文館にある名店むじゃきに向かいました……。
リンゴを食べて育つ「津軽どり」を使ったチキンカツは、甘みがありプリッとジューシー。自家製のタルタルとすりおろしたリンゴを入れて煮込まれた濃厚なソースを合わせているため、カツに負けない味わいの「胚芽入りパン・ド・ミ」をセレクトしている。
かつて、徳川将軍家の茶の湯に用いる良質な水を汲み上げていたことが「御茶ノ水」の地名の由来だとか。この地で1899年(明治32年)に創業した老舗ホテル『龍名館』が営むのが、まさに日本茶をテーマにしたレストランなのだ。
モツ好きでこの店の味に唸らない人はいまい。備長炭で焼く芳しい串に奥深き味噌味の煮込み、加えてワイワイ陽気な喧騒にハマったら最後、ヤエチカに通うことになる。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt