MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
Anchor Tokyo(ダイニングバー/日比谷)|旬の素材を活かした料理と厳選ワインが美味しいオールデイダイニング

Anchor Tokyo(ダイニングバー/日比谷)|旬の素材を活かした料理と厳選ワインが美味しいオールデイダイニング

2018年12月14日にオープンした「THE GATE HOTEL東京 by HULIC」4階のオールデイダイニング。シャンパンの泡をモチーフにしたオブジェが目を引く開放的な空間で、洗練されたサービスに身を委ねて食事できる。

perm_media 《画像ギャラリー》Anchor Tokyo(ダイニングバー/日比谷)|旬の素材を活かした料理と厳選ワインが美味しいオールデイダイニングの画像をチェック! navigate_next

Anchor Tokyo(最寄駅:日比谷駅)

ワインが進んで仕方ない、華麗なひと皿に魅了される

メニューは西洋料理をベースに、こだわりの素材を使った見目麗しいものばかり。アルコールも豊富で、グラスが赤白共に8種類揃うなど、特にワインに力を入れている。イチオシのつまみは「シャルキュトリー~ソムリエのおつまみ~」。自家製パテやリエット、生ハムなど4~5種類が美しく盛り付けられ、ワインが何杯も進んでしまった。サクサクした食感が楽しい「クロケット盛り合わせ」も、サフランライスやトリュフなどが入り、味の違いに驚かされる。

シャルキュトリー~ソムリエのおつまみ~
1850円

写真手前から時計回りに、スペインのハモン・セラーノ、鴨肉の燻製、自家製パテ、コンビーフのリエット、ソーセージ。写真は一例で、内容は仕入れにより変わる。ポーションは調節できるので気軽に相談を

国産牛フィレ肉のロッシーニ風
4500円

柔らかなフィレ肉にフォアグラが贅沢にのった逸品

クロケット盛り合わせ
1400円

写真手前からトリュフのクリームコロッケ、チーズ入りのフィッシュボール、生ハム入りのクリームコロッケ、サフランライスのコロッケ

お店からの一言

ソムリエ 花見雄大さん

「味の好みや気分に合わせてぴったりの1杯をセレクトします」

Anchor Tokyoの店舗情報

[住所]東京都千代田区有楽町2-2-3 THE GATE HOTEL東京 by HULIC4階 [TEL]03-6263-8233 [営業時間]6時半~10時半(10時LO)、11時半~16時(15時半LO)、17時~23時(22時半LO)※ランチタイム有 [休日]無休 [席]カウンターあり、全116席/全席禁煙/予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄日比谷線ほか日比谷駅A1出口、地下鉄銀座線ほか銀座駅C1出口から徒歩1分


電話番号 03-6263-8233

撮影/石井明和 取材/松田有美

2019年5月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
一見、鯨肉料理と思えないこちらの春巻。実は中に赤ワイン煮の赤肉とサエズリ(舌)が入っている。
昼はポークジンジャー専門店、夜はレモンや旬のフルーツのサワーが自慢の飲み屋さん、おまけに無農薬野菜の販売店も兼ねる三毛作の店。トコトン旨い豚を追い求める我々が注目したのはもちろん昼部門だ。
看板はない。雑居ビルのフロア案内板に、マジックで書かれた“SOBER”の文字が目印。
店名のペリメニとは、パスタ生地に詰め物をして帽子型に包んだもので、ロシア風水餃子とも言われる。店主の小山さんがひとりで営むこの店では、ペリメニを看板料理に掲げ、ワインやミード(はちみつ酒)などを出す。
「須永辰緒や沖野修也がDJをするホステルがある」。90年代の渋谷を謳歌した人なら、きっと食指が動くはず。
最新記事
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。細野晴臣の第2回も、「YMO以前」の状況がつづられます。美術家・横尾忠則の要望で、オール・キーボードのアルバムを制作することになり……。
ドイツの年末の風物詩が横浜で楽しめます。クリスマスまであと1カ月。恒例行事となった横浜赤レンガ倉庫のクリスマスマーケット『Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫』(11月26日~12月25日)が始まります。12回目となる2021年は「ギフト」をテーマとして、日本初上陸のグッズ販売に加えスノードームの手作り体験やファーストクラスの機内食の出店など、普段はなかなか体験できない、思い出に残るスペシャルな催しが盛りだくさんです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル