MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
オールデイダイニング「カフェ トスカ」|「満腹」より「満足」をめざすランチブッフェ(ブッフェ/みなとみらい)

オールデイダイニング「カフェ トスカ」|「満腹」より「満足」をめざすランチブッフェ(ブッフェ/みなとみらい)

ホテルのランチブッフェ、「大満足」はココ!「カフェ トスカ」では、ランチブッフェのことを「キッチンスタジアム」と呼んでいる。料理はすべてアラカルトでの提供でも十分に納得出来るレベルなので、つい食べ過ぎてしまったり、食べ切れなくて悔しい思いをすることもあるかも。訪れる際はお腹を空かせて。カフェ トスカ[交]みなとみらい駅

perm_media 《画像ギャラリー》オールデイダイニング「カフェ トスカ」|「満腹」より「満足」をめざすランチブッフェ(ブッフェ/みなとみらい)の画像をチェック! navigate_next

オールデイダイニング「カフェ トスカ」(最寄駅:みなとみらい駅)

「カフェ トスカ」では、ランチブッフェのことを「キッチンスタジアム」と呼んでいる。実演メニュー4種類(茹で上げパスタ、ローストビーフ、オムライス、ベジタブルフリット)を提供する「アクションコーナー」では、どんどんできる行列にコミュニケーションを取りながら対峙するシェフ、本格石窯により焼きあがったピッツァを鈴を鳴らしながら頻繁に持ってくるスタッフ、ブッフェ台をマメにチェックしたり、きめ細やかな目配りのサービススタッフなど、お客さんとの熱いやりとりがスタジアムの名にふさわしい。 だからといって、せわしない雰囲気は一切なく、むしろ時間はゆったりと流れるよう。ただし、料理はすべてアラカルトでの提供でも十分に納得出来るレベルなので、つい食べ過ぎてしまったり、食べ切れなくて悔しい思いをすることもあるかも。訪れる際はお腹を空かせて。

ランチブッフェ
1人3507円 土・日・祝/4187円

目の前で調理される実演メニューの「ローストビーフ」、好きなものを選び、100%オリーブオイルでカラッと揚げられる「ベジタブルフリット」

パスタはすべてパルミジャーノレッジャーノであえてから4種あるソースをかけて提供される。濃厚で不動の人気の名物カルボナーラやトマトなど

デザートもバラエティ豊かだ

オールデイダイニング「カフェ トスカ」

■『オールデイダイニング「カフェ トスカ」』
[住所]神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-7 2F
[TEL]045-682-2222(代)
[営業時間]平日ランチ  11時半~15時、土曜日・日曜日・祝日:11時半~15時半
[休日]無休
[座席]計200席/全席禁煙/カード可/予約可/サ10%
[アクセス]横浜高速鉄道みなとみらい線みなとみらい駅クイーンズスクエア連絡口から直通徒歩約1分

電話番号 045-682-2222(代)
2016年3月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
 ランチビュッフェといえば、まず思い浮かぶのが高級ホテルのそれ。しかし最近では、ビジネスホテルも手頃な価格帯を武器に参戦しはじめているのだ。
ホテル雅叙園東京 ニューアメリカングリル カナデテラスのランチブッフェに関するグルメ取材記事と写真のページ。店内のグリルで常時焼かれているのは、塩水に漬け込み、全体が均等な味になるよう下ごしらえされた牛肉、淡白さを青山椒の風味で包んだ鶏肉。さらに肉のショーキッチン前のブッフェ台にはスペアリブまで。
ホテル前の柘榴坂を店名に冠し、2017年4月に『グランドプリンスホテル新高輪』がニューオープン。シェフが切り分けるローストビーフ、ライブで焼かれる魚介と野菜の網焼きグリル、パティシエが盛り付けるジェラートと、ショーキッチンは圧巻だ。圧巻のショーキッチン
グルメライターが[アスコット丸の内東京 トリプルワン シンガポール&チャイニーズキュイジーヌ]を実食レポート。日本でのシンガポール料理の先鞭をつけた『シンガポール海南鶏飯』が手がける、2017年3月にオープンしたホテルの新店。[住所]東京都千代田区大手町1-1-1 22階
最新記事
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。細野晴臣の第2回も、「YMO以前」の状況がつづられます。美術家・横尾忠則の要望で、オール・キーボードのアルバムを制作することになり……。
ドイツの年末の風物詩が横浜で楽しめます。クリスマスまであと1カ月。恒例行事となった横浜赤レンガ倉庫のクリスマスマーケット『Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫』(11月26日~12月25日)が始まります。12回目となる2021年は「ギフト」をテーマとして、日本初上陸のグッズ販売に加えスノードームの手作り体験やファーストクラスの機内食の出店など、普段はなかなか体験できない、思い出に残るスペシャルな催しが盛りだくさんです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル