MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
オールデイダイニング「カフェ トスカ」|「満腹」より「満足」をめざすランチブッフェ(ブッフェ/みなとみらい)

オールデイダイニング「カフェ トスカ」|「満腹」より「満足」をめざすランチブッフェ(ブッフェ/みなとみらい)

ホテルのランチブッフェ、「大満足」はココ!「カフェ トスカ」では、ランチブッフェのことを「キッチンスタジアム」と呼んでいる。料理はすべてアラカルトでの提供でも十分に納得出来るレベルなので、つい食べ過ぎてしまったり、食べ切れなくて悔しい思いをすることもあるかも。訪れる際はお腹を空かせて。カフェ トスカ[交]みなとみらい駅

perm_media 《画像ギャラリー》オールデイダイニング「カフェ トスカ」|「満腹」より「満足」をめざすランチブッフェ(ブッフェ/みなとみらい)の画像をチェック! navigate_next

オールデイダイニング「カフェ トスカ」(最寄駅:みなとみらい駅)

「カフェ トスカ」では、ランチブッフェのことを「キッチンスタジアム」と呼んでいる。実演メニュー4種類(茹で上げパスタ、ローストビーフ、オムライス、ベジタブルフリット)を提供する「アクションコーナー」では、どんどんできる行列にコミュニケーションを取りながら対峙するシェフ、本格石窯により焼きあがったピッツァを鈴を鳴らしながら頻繁に持ってくるスタッフ、ブッフェ台をマメにチェックしたり、きめ細やかな目配りのサービススタッフなど、お客さんとの熱いやりとりがスタジアムの名にふさわしい。 だからといって、せわしない雰囲気は一切なく、むしろ時間はゆったりと流れるよう。ただし、料理はすべてアラカルトでの提供でも十分に納得出来るレベルなので、つい食べ過ぎてしまったり、食べ切れなくて悔しい思いをすることもあるかも。訪れる際はお腹を空かせて。

ランチブッフェ
1人3507円 土・日・祝/4187円

目の前で調理される実演メニューの「ローストビーフ」、好きなものを選び、100%オリーブオイルでカラッと揚げられる「ベジタブルフリット」

パスタはすべてパルミジャーノレッジャーノであえてから4種あるソースをかけて提供される。濃厚で不動の人気の名物カルボナーラやトマトなど

デザートもバラエティ豊かだ

オールデイダイニング「カフェ トスカ」

■『オールデイダイニング「カフェ トスカ」』
[住所]神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-7 2F
[TEL]045-682-2222(代)
[営業時間]平日ランチ  11時半~15時、土曜日・日曜日・祝日:11時半~15時半
[休日]無休
[座席]計200席/全席禁煙/カード可/予約可/サ10%
[アクセス]横浜高速鉄道みなとみらい線みなとみらい駅クイーンズスクエア連絡口から直通徒歩約1分

電話番号 045-682-2222(代)
2016年3月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
 ランチビュッフェといえば、まず思い浮かぶのが高級ホテルのそれ。しかし最近では、ビジネスホテルも手頃な価格帯を武器に参戦しはじめているのだ。
ホテル雅叙園東京 ニューアメリカングリル カナデテラスのランチブッフェに関するグルメ取材記事と写真のページ。店内のグリルで常時焼かれているのは、塩水に漬け込み、全体が均等な味になるよう下ごしらえされた牛肉、淡白さを青山椒の風味で包んだ鶏肉。さらに肉のショーキッチン前のブッフェ台にはスペアリブまで。
ホテル前の柘榴坂を店名に冠し、2017年4月に『グランドプリンスホテル新高輪』がニューオープン。シェフが切り分けるローストビーフ、ライブで焼かれる魚介と野菜の網焼きグリル、パティシエが盛り付けるジェラートと、ショーキッチンは圧巻だ。圧巻のショーキッチン
グルメライターが[アスコット丸の内東京 トリプルワン シンガポール&チャイニーズキュイジーヌ]を実食レポート。日本でのシンガポール料理の先鞭をつけた『シンガポール海南鶏飯』が手がける、2017年3月にオープンしたホテルの新店。[住所]東京都千代田区大手町1-1-1 22階
最新記事
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
get_app
ダウンロードする
キャンセル