MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
撮り鉄の「食」の思い出(71)がんばれ銚子電鉄! おいしくて楽しいものをいろいろ食べて応援!! /2006年~2020年

撮り鉄の「食」の思い出(71)がんばれ銚子電鉄! おいしくて楽しいものをいろいろ食べて応援!! /2006年~2020年

全国にたくさんあるローカル私鉄、そのなかでもローカル指数一番!といえば銚子電鉄でしょう。 銚子駅から関東の東端の岬、犬吠埼(いぬぼうさき)の近くを通って終点の外川駅まで、全長6.4Kmの小さな路線。 決してラクではないといわれる銚子電鉄の経営難を支えているのが「おいしくて楽しいもの」……なんです。

perm_media 《画像ギャラリー》撮り鉄の「食」の思い出(71)がんばれ銚子電鉄! おいしくて楽しいものをいろいろ食べて応援!! /2006年~2020年の画像をチェック! navigate_next

がんばれ銚子電鉄! おいしくて楽しいものをいろいろ食べて応援!! /2006年~2020年


千葉県にある小さな鉄道が銚子電鉄。

全国にたくさんあるローカル私鉄、そのなかでもローカル指数一番!といえば銚子電鉄でしょう。

銚子駅から関東の東端の岬、犬吠埼(いぬぼうさき)の近くを通って、終点の外川駅まで、全長6.4Kmの路線です。


終点の外川駅。
ローカル線感がすごい駅(2020年撮影)


犬吠崎は初日の出に人が集まる、日の出では有名なスポットです。

終点外川の町は、いかにも漁師町という雰囲気で、軒先に一夜干しの魚が並んでいます。

なかなかの雰囲気で、観光地としても楽しいエリア。

小さな列車が走る沿線にはキャベツ畑も多く、のんびりとした路線です。

現在では、京王電鉄を走り、廃車後愛媛県の伊予鉄道に移籍、さらに伊予鉄道から来たという、たいへんな遍歴の電車が走っています。

京王電鉄→愛媛の伊予鉄道経由で銚子電鉄に来た現在の電車(2020年撮影)

関東の東端、犬吠埼(2006年撮影)

犬吠崎付近は、日の出の名所
(2006年撮影……初日の出ではないです)

外川駅近くの町並み。
漁師町の雰囲気がいい(2006年撮影)

沿線にはキャベツ畑も多い(2006年撮影)


銚子電鉄の車両は、以前は他社で使われていた車両が、中古で移籍して走っていました。

いろいろと貴重な車両があるのですが、そのなかでも面白かったのが地下鉄丸ノ内線の車両です。
 
ご存じの方も多いと思うのですが、丸ノ内線の電車にはパンタグラフがありません。
(2本のレールのほかに3本目があって、ここから電気をとります)

さらに1両で走るために、運転台を両方に取り付けたり、大々的な改造をして走っていました。

以前は銚子電鉄のイメージカラーで走っていたので、まったく丸ノ内線には見えませんでした。

実はこの車両、今では運転を終了していて、仲ノ町駅に置いてあるのですが、最後の時期には丸ノ内線カラーになっていました。
 
懐かしい色です。

銚子電鉄カラーになっている「元丸ノ内線」車両(2006年撮影)

現在は仲ノ町駅に置いてある
(2020年撮影)

この色合い。(写真は正確には違う形式の車両/1990年撮影)


元丸ノ内線車両が置いてあるのは、起点の銚子駅の次の駅、仲ノ町駅。

この駅には車両庫があります。

うれしいことに、鉄道ファン向けに車庫見学をさせてくれます。

駅で車庫見学入場券を150円で購入。

あとは列車に気を付けて自由に見学ができます。

元丸ノ内線車両のほかにも見どころの車両があります。

小さな電気機関車デキ3です。

ちっちゃな機関車で1922年ドイツ製です。

駅に隣接している醤油工場からの貨物を頑張って引っ張っていたのでしょう……。

そんな気持ちで見ると、よりかわいらしく見えます。

ローカルな雰囲気の仲ノ町駅
(2020年撮影)

仲ノ町は「なかのちょう」と読む
(2020年撮影)

車庫の見学入場券(2020年撮影)

駅の入場券も堅い切符で良い感じ
(2020年撮影)

仲ノ町駅の後ろには醤油工場が広がる(2020年撮影)

車庫に保存されているデキ3。
2020年に見たときには
パンタグラフが外されていた(2006年撮影)


2020年に撮影に行ったときに、ちょっと休憩に犬吠埼駅に立ち寄りました。

そこで見たのは銚子電鉄のポスター。

書いてあったのは、

銚子電鉄の動力は
電気ではございません
皆様の温かい応援を
動力に運行してあります

これ、ぬれ煎餅のポスターです……。

明るい雰囲気の犬吠埼駅
(2020年撮影)

駅中にあったポスター
(2020年撮影)

銚子電鉄の危機を救った「奇跡のぬれ煎餅」


そう、最近では銚子電鉄といえば、むしろぬれ煎餅で有名です。

実は、ローカル線の維持にいろいろお金がかかって、さらに当時の社長が売上金を持ち逃げするという……ありえない災難にもあって、倒産直前までいってしまいました。

このときの奇跡、「ぬれ煎餅を買ってください!」という銚子電鉄の発信で売れ始めて、たいへんな危機を乗り越えました。

(このへんの経緯は、箱入りぬれ煎餅に封入されたご挨拶に「奇跡の実話」として詳しく書いてあります)

ぬれ煎餅箱入り(2020年撮影)


このぬれ煎餅、実は佐々倉家では少々評判が分かれていました。

曰く「やわらかいので醤油が染み込みすぎ」

曰く「パリッとしていない」……全否定……


今回買ってみると、味付けが3種類になっていました。

赤の濃い口味
緑の甘口味
青のうす口味

箱の中は3種類のぬれ煎餅
(2020年撮影)


青のうす口味。

しょっぱ過ぎません。

パッケージの説明のように、オーブンで焼けば焼き立ての感じのパリッとした煎餅で、高評価です。


緑の甘口味は、説明通りマヨネーズをつけてみました。

大好きな味です!

甘口にマヨネーズがよく合う
(2020年撮影)


そして昔からある濃い口味ですが、これまた説明書通りお茶漬けにしてみました。

ごはんに細かく砕いたぬれ煎餅を並べて、お湯をかけるだけ。

おいしい。

クセになるようなおいしさです。

さらに、わさび、海苔をのせれば、もう「逸品」状態です。

ぜひ、食べてみてください。

(ちなみに私は、濃い口味をそのまま食べるのが大好きです)

ごはん、砕いた濃い口味に
お湯をかければお茶漬け完成(2020年撮影)

さらに、わさびをのせて……
(2020年撮影)

海苔をふれば完璧(2020年撮影)

続々登場する「銚子電鉄」周辺グルメ(!?)情報


銚子電鉄の沿線では、最近になってもいろいろと発売しています。

地元生産の「ちょうしたのサンマかば焼き缶詰」は、切符やカード入り。

サンマのかば焼きセット
(2020年撮影)

切符&カード入り(2020年撮影)


「うまい棒」ならぬ「まずい棒」も出しました。

銚子電鉄の「まずい棒」(2020年撮影)


もちろん、味がまずいわけではありません。

パッケージには涙目の車両が、

「マズいです! 経営状況が……」

久々に食べたのですが、やっぱりセになるような味ですね。

パッケージには……!
(2020年撮影)


銚子電鉄の商品は更に調子にのります……。

銚子なだけに……。


犬吠駅で販売するのは、「鯖威張る弁当(サバイバル弁当?)」。

銚子名産のサバご飯に塩サバが乗る駅弁です。

駅の電子レンジで温めて食べると、サバの香りをたっぷり楽しめます。

犬吠駅の「鯖威張る弁当」
(2020年撮影)

サバご飯に塩サバ(2020年撮影)


まだまだあります。
 
「鯖威張るカレー」(レトルト)です。

レトルトの「鯖威張るカレー」
(2020年撮影)


パッケージを見ると、

威張れない……
そんな経営状況の
銚子電鉄ですが……
……

たいへんなのはわかりますが、笑っちゃいます。

お味のほうは、最初甘目?で、酸味?の優しい感じかと思えば、後でがっつり胡椒系の辛みが襲います。

そして最後にきっちりサバが出てきます。

かなりおいしいサバカレーです。


犬吠駅の売店のほか、仲ノ町駅の駅員室の中にも販売コーナーがあります。

(仲ノ町駅の駅舎の中、かなりレトロな雰囲気でお奨めです)

仲ノ町駅の販売コーナー、
レトロな事務所の中にある(2020年撮影)


小さなな小さな千葉のローカル線。

ぜひ乗りに行って、楽しくておいしいものを買って……。

いつまでも走り続けられるように応援してください。







佐々倉実(ささくら みのる)
 鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、初めて鉄道写真を撮ったのが小学生のころ、なんやかんやで約50年経ってしまいました。鉄道カメラマンなのに撮影の8割はクルマで移動、列車に乗ってしまうと、走るシーンを撮影しにくいので、いたしかたありません。そんなワケで年間のかなりの期間をクルマで生活しています。趣味は料理と酒! ヨメには申し訳ないのですが、日々食べたいものを作っています。
 鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、いろいろとお付き合いください。
 ちなみに、鉄道の他に“ひつじ”の写真もライフワークで撮影中、ときどきおいしいひつじの話も出てきます。なにとぞご容赦ください。

このグルメ記事のライター
佐々倉実@まとメシ

鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、お付き合いください。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
現在、過去を含めて、いちばん好きな鉄道車両は?と聞かれたら、私は即答します。 「日本最大でけた外れの迫力のC62型蒸気機関車(以下C62)」。 これにつきます。 その巨大さと、天をつくような煙、昔レコードで聞いたジェット音にもたとえられる迫力の音に酔いしれました……。
函館本線は函館駅と旭川駅を結ぶ路線です。 この路線の、長万部(おしゃまんべ)駅から小樽駅の間は、通称「山線」と呼ばれていて、名前の通り峠を越えながら山中を走る山岳路線。 この山線の撮影中によく立ち寄るお店で“きのこ王国”があります。 店内は、その名の通りきのこだらけです……。
秋といえばフルーツ。 さすがにフルーツ大国の信州。JRのホームにも、実のなる駅があるんです。ものすごくおいしそうなのですが、ホームの果実を食べるわけにもいきません。  そこで昨年取材で訪れた、信州の鉄道とアルピコ交通撮影時に出会ったフルーツのお話です。
前回は北海道の大地を走り抜けたザ・ロイヤルエクスプレス(以下ロイヤルEXP)の走行と、公開のときに撮影した車内を見ていただきました。 今回は2018年に行われた試乗会の様子です。 実際に旅をして、豪華な食事を出していただきました。
今回は、いつもよりずっと贅沢! 豪華列車のお話です。 2020年夏、鉄道ファンの間で大きな話題になったのが、北海道を走るザ・ロイヤルエクスプレス(以下ロイヤルEXP)です。 通常は横浜駅から伊豆急行線の伊豆下田駅までを8両編成で走るレストラン列車ですが、この夏は北海道の大地を駆け抜けました……。
厚削りの本枯節をじっくり煮出したダシに、醤油のまろやかな風味が立つかえし。どっしりとした風合いのつゆは、これぞ江戸蕎麦と言わんばかりの伝統的な味わいだ。
キャラメリゼした表面のカリッとした食感とシナモンの香りと甘さ。それも食べやすいサイズに切ってあるのでついパクリと食べてしまいます。
ラーメン。中でも醤油ラーメンは日本人にとって原点の味だ。様々なラーメンに携わり、最終的に「醤油だ!」と戻ってくる店主も少なくない。今回はその醤油に特化。研ぎ澄まされた進化系から、昔ながらの懐かし系まで、唸る一杯の三ツ星店を集めました。ほか、東京の「コの字酒場」、自宅で温泉気分に浸れる「入浴剤」も特集しています!
1040views 本誌紹介
道を究めた一流の料理人と、日本を代表する美容業界社長という、異業種の組み合わせで語り合う本企画。第3回目となる今回は、天ぷら界随一の理論派でもある近藤文夫さんをフォーカス。対する高級化粧品会社社長・小林章一さん、実は“天ぷらNG”の前情報もあり、ビジネス談義以外も見所満載。 果たしてふたりの会話の行方は如何に、そして小林社長は天ぷら開眼なるか!?
231views まとめ記事

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル