MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
NYグリル&ブッフェ Fiore|ビジネスマンも多く訪れる食べ応え満点のランチブッフェ(ブッフェ/銀座)

NYグリル&ブッフェ Fiore|ビジネスマンも多く訪れる食べ応え満点のランチブッフェ(ブッフェ/銀座)

ホテルのランチブッフェ、「大満足」はココ!ランチブッフェの目玉は、目の前で焼いてくれる「牛肉のステーキ」。NYグリル&ブッフェ フィオーレ [交]コートヤード・マリオット 銀座東武ホテル 1F ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》NYグリル&ブッフェ Fiore|ビジネスマンも多く訪れる食べ応え満点のランチブッフェ(ブッフェ/銀座)の画像をチェック! navigate_next

NYグリル&ブッフェ Fiore(最寄駅:東銀座駅)

 ランチブッフェの目玉は、目の前で焼いてくれる「牛肉のステーキ」。甘みと深みのあるオニオンソース、または香ばしさが食欲をそそるガーリックソースが選択でき、ホースラディッシュや粒マスタード、大根おろしなどが添えられている。 そのほか実演コーナーでは、その場で茹で上げてくれるパスタもある。濃厚な「カルボナーラ」もしくは「トマトソース」が定番。いずれも細めのパスタにしっかりと絡む。 席間は広々と取られているので、都会の喧騒を忘れてゆったりと過ごせるオアシス的環境だ。

ランチ
1人平日 4,752円/土休日5,346円

特に野菜類が充実していたのがうれしい

大ぶりで柔らかなステーキが人気

NYグリル&ブッフェ Fiore

東京都中央区銀座6-14-10 1F/☎03-3546-0111(代) [営]6時半~10時半、11時半~15時、17時半〜21時半、土・日・祝11時半~17時、17時半〜21時半 [休]無休 [席]計97席(個室あり。室料+3564円)/全席禁煙/カード可/サ10% [交]地下鉄日比谷線など東銀座駅A1出口から徒歩約3分

電話番号 03-3546-0111(代)
2016年3月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
 ランチビュッフェといえば、まず思い浮かぶのが高級ホテルのそれ。しかし最近では、ビジネスホテルも手頃な価格帯を武器に参戦しはじめているのだ。
ホテル雅叙園東京 ニューアメリカングリル カナデテラスのランチブッフェに関するグルメ取材記事と写真のページ。店内のグリルで常時焼かれているのは、塩水に漬け込み、全体が均等な味になるよう下ごしらえされた牛肉、淡白さを青山椒の風味で包んだ鶏肉。さらに肉のショーキッチン前のブッフェ台にはスペアリブまで。
ホテル前の柘榴坂を店名に冠し、2017年4月に『グランドプリンスホテル新高輪』がニューオープン。シェフが切り分けるローストビーフ、ライブで焼かれる魚介と野菜の網焼きグリル、パティシエが盛り付けるジェラートと、ショーキッチンは圧巻だ。圧巻のショーキッチン
グルメライターが[アスコット丸の内東京 トリプルワン シンガポール&チャイニーズキュイジーヌ]を実食レポート。日本でのシンガポール料理の先鞭をつけた『シンガポール海南鶏飯』が手がける、2017年3月にオープンしたホテルの新店。[住所]東京都千代田区大手町1-1-1 22階
最新記事
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル