MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
魚の旨い店 飯田橋店(居酒屋/飯田橋)|鮪、刺身、炭火焼きの干物など…店名に偽りなく『魚の旨い』お店♪

魚の旨い店 飯田橋店(居酒屋/飯田橋)|鮪、刺身、炭火焼きの干物など…店名に偽りなく『魚の旨い』お店♪

それが運ばれてきた瞬間、ピンク色に輝く美しいサシに心がときめいた。刺身? いいえ、「トロ焼きしゃぶ」。

魚の旨い店 飯田橋店(最寄駅:飯田橋駅)

店名に偽りなし 魚自慢の店のトロ焼きしゃぶ

写真は中トロだが、大トロやカマトロのこともある。実は店がマグロ仲卸の直営なので、使うのはプロの目利きによる本マグロのみだ。軽く炙っていただくが、まずはそのまま刺身でぜひ。次に焼いて、3切れ目からはお好みで。生で食せばとろけるように口中を潤す脂も、炙ればキレのいい旨みに変わる。トロの魅力を存分に楽しめる食べ方だろう。マグロ料理は多くないが、コースだとカマ焼きなども。ほか看板は炭火焼きの干物等々、店名に偽りなく魚の旨い店だ。

トロ焼きしゃぶ1人前
990円(写真は2人前)

本マグロの中トロを軽く炙っていただく。生とまた違って脂の旨みが爽やかに。日によって大トロやカマトロ、脳天の場合も。いい本マグロが入らないと提供できない日もあるという

お刺身盛り合わせ
1人前690円(写真は2人前)

この日は本マグロのほかビンチョウマグロや〆サバなど

サバ七味味噌
690円

自社開発したおすすめ品。辛味噌に漬け込んだサバを炭火で香ばしく焼いた。七味がピリッと利いてコクのある味

まぐろカマ焼き
(コースの1品)

コース限定の料理。醤油味の甘辛いタレ焼き ※地酒5種飲み放題コース4500円~あり

魚の旨い店 飯田橋店の店舗情報

[住所]東京都千代田区飯田橋4-4-12 [TEL]03-3261-6348 [営業時間]11時半~14時半LO、17時~22時半(22時LO)※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]全38席/全席喫煙可(ランチは禁煙)/夜のみ予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄東西線ほか飯田橋駅A4出口から徒歩4分 ※「魚の旨い店」のメニュー価格は税抜きです


電話番号 03-3261-6348

撮影/大西尚明 取材/肥田木奈々

2019年6月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
店主・赤津敬佳さんが謳うのは「お酒に底上げされる料理」。2017年のオープン時、日本酒の軸として決めた1本が「丹澤山」。
2016年12月にオープンしたこの店は、福井県の旨いものが満載。気になるメニューは数あれど、絶対に外せないのが「浜焼き鯖」。使用するのは30㎝以上のマサバ。
スナック感漂う扉に一瞬ひるむ……かもしれない。だが入ってみれば大大大正解。
渋谷にあるスタイリッシュな『トランクホテル』。その軒先にあるのが大衆的な居酒屋という、ギャップが面白い。
「旅をするように日本酒を楽しんでほしい」と店主の橋野元樹さん。橋野さんと料理長小林直矢さんが日本各地を旅し、蔵元を訪ね、3カ月ごとに「特集」を組む、なんとも愉快な酒場だ。
スパイシーなんだけどそれだけじゃない。エビならエビ、マトンキーマならマトンの風味がしっかり広がり、サクサクとスプーンが進む。
極太で真っ黒な見た目がインパクト大! 北海道で最も人口が少ない街、音威子府村で今からおよそ90年も前から親しまれてきた、なんとも荒々しい風情の蕎麦だ。
なんと今回は、牛乳です。 ある日、三鷹のパン屋さんで『パン好きの牛乳』という200mlのパック牛乳を発見し、ハマってしまった次第。 ほかにも。美味しい牛乳があった気が……、ということで吉祥寺のスペシャルな牛乳をご紹介したいと思います。
江戸時代から同じ場所で五代続く店のばらちらし。醤油をささずにすみ、時間が経ってもしっとり酢の頃合いがよいままなので、かつて料亭や置屋があった頃から芸者や商いのお客に好まれたという。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル