MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
魚の旨い店 飯田橋店(居酒屋/飯田橋)|鮪、刺身、炭火焼きの干物など…店名に偽りなく『魚の旨い』お店♪

魚の旨い店 飯田橋店(居酒屋/飯田橋)|鮪、刺身、炭火焼きの干物など…店名に偽りなく『魚の旨い』お店♪

それが運ばれてきた瞬間、ピンク色に輝く美しいサシに心がときめいた。刺身? いいえ、「トロ焼きしゃぶ」。

perm_media 《画像ギャラリー》魚の旨い店 飯田橋店(居酒屋/飯田橋)|鮪、刺身、炭火焼きの干物など…店名に偽りなく『魚の旨い』お店♪の画像をチェック! navigate_next

魚の旨い店 飯田橋店(最寄駅:飯田橋駅)

店名に偽りなし 魚自慢の店のトロ焼きしゃぶ

写真は中トロだが、大トロやカマトロのこともある。実は店がマグロ仲卸の直営なので、使うのはプロの目利きによる本マグロのみだ。軽く炙っていただくが、まずはそのまま刺身でぜひ。次に焼いて、3切れ目からはお好みで。生で食せばとろけるように口中を潤す脂も、炙ればキレのいい旨みに変わる。トロの魅力を存分に楽しめる食べ方だろう。マグロ料理は多くないが、コースだとカマ焼きなども。ほか看板は炭火焼きの干物等々、店名に偽りなく魚の旨い店だ。

トロ焼きしゃぶ1人前
990円(写真は2人前)

本マグロの中トロを軽く炙っていただく。生とまた違って脂の旨みが爽やかに。日によって大トロやカマトロ、脳天の場合も。いい本マグロが入らないと提供できない日もあるという

お刺身盛り合わせ
1人前690円(写真は2人前)

この日は本マグロのほかビンチョウマグロや〆サバなど

サバ七味味噌
690円

自社開発したおすすめ品。辛味噌に漬け込んだサバを炭火で香ばしく焼いた。七味がピリッと利いてコクのある味

まぐろカマ焼き
(コースの1品)

コース限定の料理。醤油味の甘辛いタレ焼き ※地酒5種飲み放題コース4500円~あり

魚の旨い店 飯田橋店の店舗情報

[住所]東京都千代田区飯田橋4-4-12 [TEL]03-3261-6348 [営業時間]11時半~14時半LO、17時~22時半(22時LO)※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]全38席/全席喫煙可(ランチは禁煙)/夜のみ予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄東西線ほか飯田橋駅A4出口から徒歩4分 ※「魚の旨い店」のメニュー価格は税抜きです


電話番号 03-3261-6348

撮影/大西尚明 取材/肥田木奈々

2019年6月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「酒」の提灯、その奥に垣間見える楽し気なカウンターに、まずノックアウトだ。しかし、ここ『洒落者』の本領は、そのカウンター奥から次々と繰り出される、「ほんとにこの値段?」と思わせる素晴らしいつまみの数々だ。
使い込まれた渋い暖簾、開け放たれた大きなガラス戸から中に入ると、ふたつのコの字カウンターはすでにいっぱい。ワイワイガヤガヤ、思い思いに一杯やっている。
店長の後藤さんは宮崎県出身。東京で日本酒に出合ってすっかり日本酒の虜になったとか。
「ほっとしたい」「気分を上げたい」――日本酒のこんな注文も大歓迎、の店だ。たとえば猪肉のローストに合わせて、「力が湧くお酒を」とリクエスト。
店を構えて35年の居酒屋。魚介を中心にほとんどのメニューが500円前後で揃い、中でも塩焼き、味噌煮、竜田揚げなど、多彩な金華さばのメニューが目を引く。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。様々なYouTuberがいますが、今回紹介する方はおっさんサラリーマン! その名も大西 祐次郎。ダジャレを炸裂しつつも、実は料理を美味しそ〜うに撮る実力者なのです。
大坂の陣における真田丸は最強の砦だったが、こちらの看板地鶏「真田丸」は言わば最高の食材。「力強い歯応えと脂のコクが串焼きに最適」と社長が惚れ込み、生産者から直で仕入れている。
お小遣いの少ない飲み助にとって、家呑み用ツマミとして自由に買えるナンバー1は駄菓子なのではないか! とはいえ、そのまま食べるのも大人としていかがなものか!! ライター・カーツさとうが駄菓子を使った一品料理を考案。レシピ、動画付きでお届けします。
南インド料理の人気店『ダクシン』のビリヤニはチェティナード風。チェティナードとは南インドの地方名で、リゾート地として知られる。
「酒」の提灯、その奥に垣間見える楽し気なカウンターに、まずノックアウトだ。しかし、ここ『洒落者』の本領は、そのカウンター奥から次々と繰り出される、「ほんとにこの値段?」と思わせる素晴らしいつまみの数々だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル