MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
COFFEE モカ(珈琲店/江古田)昭和50年創業の老舗喫茶店。名物は冷たいミルクたっぷりコーヒーゼリー!

COFFEE モカ(珈琲店/江古田)昭和50年創業の老舗喫茶店。名物は冷たいミルクたっぷりコーヒーゼリー!

昭和50年創業の喫茶店で提供されるコーヒーゼリーは、見た目からして唯一無二の逸品。コーヒーゼリーに使うのは、深煎りのモカフレンチ。

perm_media 《画像ギャラリー》COFFEE モカ(珈琲店/江古田)昭和50年創業の老舗喫茶店。名物は冷たいミルクたっぷりコーヒーゼリー!の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

COFFEE モカ(最寄駅:江古田駅)

最後まで飲み干したい やさしさが詰まった一杯

たっぷりと注がれたミルクの表面から、ぷるぷると柔らかな舌触りのコーヒーゼリーが顔を出す。浮かぶバニラアイスは食べ進むうちに溶けてきて、やさしい甘みが加わっていく。心がふんわりほぐれていくような至福のひと時を過ごせる名店だ。


コーヒーゼリー
420円

牛乳には生クリームも入っていて、コクをプラスしている

Aセット厚焼きトースト
590円 ※アイスドリンクは+50円

トーストセットは5種のほか裏メニューも。約5cmもの分厚いトーストにはサラダ、毎朝作るポテトサラダ、自家製ゼリーが付く。アイスコーヒーはオーダー後に一杯ずつ淹れる丁寧さだ

お店からの一言

店主 藤野ミチコさん

「いつ来ても変わらぬ安心できる場所を提供したいですね」

COFFEE モカの店舗情報

[住所]東京都練馬区栄町39-5 [TEL]03-3993-5648 [営業時間]9時~18時LO ※ランチタイム有 [休日]不定休 [席]カウンターあり、全20席/全席禁煙/13時半以降予約可/カード不可 [交通アクセス]西武池袋線江古田駅北口2から徒歩3分


電話番号 03-3993-5648

撮影/小島 昇 取材/市村幸妙

2019年6月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
本格的な水出しコーヒーから作られた香り高い一品から、トッピングにこだわったものまで、東京でいただける個性豊かなコーヒーゼリーの逸品を紹介します。
デニムの着物を着たバリスタのいる和モダンな空間で、エスプレッソを楽しめる。豆は石川県金沢市にある人気カフェ『SUNNY BELL COFFEE』にオリジナルブレンドをオーダー。
グラッセとは、フランス料理の用語で、冷やすの意。「カフェオレ グラッセ」はアイス・カフェオレを指すが、断然、この方が洒落た響きだ。
店頭の焙煎機で自家焙煎された、オススメのコーヒー豆が壁際に10種類ほど。極力環境にやさしい栽培で、丁寧に収穫された豆を、肩肘張らずに扱っている。
最新記事
酒田ラーメンの名店が、創業60年を機に姉妹都市の東京·三鷹市へ。スープは、煮干しとアゴの焼き干し、昆布でとった魚介ダシと、丸鶏とチャーシュー肉、野菜でとった動物スープを半量ずつ合わせたもので、澄んだ黄金色をしている。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
丼の中にあったかいスープ、上には野菜がどっさり。それをどけて持ち上げた麺からは湯気がふわ~っ。ハフハフしながら食べるタンメンは、どこか昭和を感じさせます。そんなノスタルジックな気持ちにさせてくれる5杯をお届けします。
本誌でも! おと週WEBでも! 美味しいニュースで“日本を元気にします”宣言! 美味しいニュースを発信する「おとなの週末WEB」の注目度が高まっています。コロナ禍でも元気に過ごせるよう、ステイホームを楽しむためのステキなプレゼントをご用意! ふるってご応募ください。
創業130年以上の歴史におごることなく挑戦を惜しまない5代目の飯田さん。十数年前に考案した「かきあげあんかけ天丼」がじわじわ人気沸騰中だ。
get_app
ダウンロードする
キャンセル