MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
中華そば 六感堂(ラーメン/池袋)|懐かしの中華そばを味わえる☆化学調味料を使わない体にやさしいラーメン♪

中華そば 六感堂(ラーメン/池袋)|懐かしの中華そばを味わえる☆化学調味料を使わない体にやさしいラーメン♪

ユーグレナ(ミドリムシ)を配合した緑麺が代名詞の『麺屋 六感堂』がセカンドブランドを開業。“化学調味料を使わない体にやさしいラーメン”という本店のコンセプトは崩さず、新店舗では郷愁漂う懐かしい中華そばを提供する。

中華そば 六感堂(最寄駅:要町駅)

1杯なんと680円! 本格的な味わいの懐かし系中華そば

看板は「白」と「黒」、2種類の中華そば。「白」は、煮干しダシと鶏、豚でとった動物スープを合わせたダブルスープのラーメンで、煮干しがほどよく香る、昔ながらのやさしい味わいに仕立てられている。対する「黒」は、豚と鶏の動物スープをベースにどっしり醤油感のあるタレを合わせた中華そば。スープやタレはもちろん、油も別々の素材が使われているので、それぞれの個性を感じることができる。「白」には中細手もみ麺、「黒」には細ストレート麺を合わせるのがオススメ!

中華そば(白)
680円

香ばしく表面を炙ったバラ肉チャーシューも美味

皮ワンタン4枚、チャーシュー3枚と味玉がのる「特製中華そば(黒)」(980円)

お店からの一言

店長 高山昌宏さん

「昔懐かしい中華そばをお楽しみください!」

中華そば 六感堂の店舗情報

[住所]東京都豊島区池袋2-23-5 サンフェニックス山田1階 [TEL]03-6912-6009 [営業時間]11時半~15時、18時~22時 ※ランチタイム有 [休日]不定休 [交通アクセス]JR山手線ほか池袋駅C1出口、地下鉄副都心線要町駅5番出口、各徒歩7分


電話番号 03-6912-6009

撮影/瀧澤晃一 取材/松井さおり

2019年7月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
大正3年に日本橋浜町で創業。スーラーメンなど名物料理は多いが、今回はザ・王道と呼びたくなるラーメンに注目したい。
三鷹の人気焼鳥店『焼鳥 山もと』が、火・水・金・土曜の昼限定で鶏そば専門店をスタート。プロの目利きに叶った大山鶏のガラや丸鶏、手羽先、手羽元、串打ちの際に生じる端材肉などを使い、上品な無化調清湯に仕立てている。
東京における、とんこつラーメンシーンを25年に渡って牽引したのがこちら。スープはクセなくサラリとした質感ながらも、ひと口ごとに深みが増す。
三軒茶屋で週に一度だけ営業していた幻の人気店『月曜の担々麺』が、路面店になって復活。自慢の汁なし担々麺は、以前と同様“胡麻” と“醤油”の2種類を展開していて、早速、新旧のファンを喜ばせている。
正直に白状すると、生卵の白身のどろり感がちょっと苦手な私。 生卵をなめらかに混ぜられてカラザもするりと取れる、卵を混ぜるために作られた『まぜ卵』なるものを発見! 「いや~な白身のどろり感がなくなるよ!」と、パッケージに書いてあったので、さっそく購入して、試してみました。
無類の海老好きにはタマらないお店がある。海老バル「orb福島(オーブ福島)」だ。このお店、難波などで何度か利用した経験があるのだが、まずは入り口に正面にあるこの水槽に誰もが目を奪われるはず。 実はここ、オマール海老のつかみ取りができるお店で有名なのだ。
天保元年創業。日本料理の老舗『なだ万』ときけば身構えてしまうが、こちらは気軽なランチ会もおひとり様も歓迎。
さっぱり風味のあんとコクのあるバター、その相性の良さは言うまでもないが、これにくるみパンをプラス。低温長時間発酵させた味わい深い生地に、食感も心地よいくるみの香ばしさ、あんバターの甘じょっぱさがあいまって、後を引く味に。
ランチや定食をやっている店に入ると、唐揚げ定食をデフォルトで頼んでしまう脂っぽいおっさん女子です。だが、もし店のメニューにあったら唐揚げにも目もくれず頼んでしまうのが、実はハムエッグ定食。 なぜか定食屋さんで食べるハムエッグにはテンションが爆上りなのである(苦笑)。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt