MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
明石屋(そば/赤羽)|40年続く地元で人気の蕎麦店☆手打ち蕎麦は勿論、逸品や日本酒も全部旨い!!

明石屋(そば/赤羽)|40年続く地元で人気の蕎麦店☆手打ち蕎麦は勿論、逸品や日本酒も全部旨い!!

40年続く地元の人気蕎麦店が2018年10月に代替わり。店を改装し、本格的な手打ち蕎麦の店として再出発した。

perm_media 《画像ギャラリー》明石屋(そば/赤羽)|40年続く地元で人気の蕎麦店☆手打ち蕎麦は勿論、逸品や日本酒も全部旨い!!の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

明石屋(最寄駅:赤羽駅)

酒・肴・手打ち蕎麦……赤羽価格で堪能できる本格的な味に感動!

蕎麦前におすすめの「お任せ五点盛り」は、刺身や鶏レバーオイル漬けなどが美しく盛り付けられ、かなりのボリューム! これだけで何杯も日本酒が進んでしまう。塩で味わう「そばがき」、とうもろこしの甘みがたまらない「かきあげ」などを堪能したら、いよいよ蕎麦のお出ましだ。蕎麦の仕入れは季節で異なるが、取材時は北海道摩周産キタワセを使用。抜き身で仕入れ、石臼挽きした手打ちの二八蕎麦はのど越し抜群。辛口のツユにつけてたぐると清々しい香りが鼻に抜け、しみじみ旨い。日本酒は約20種揃い、「3種飲み比べ」が800円とこちらも破格だ。

手打ちせいろ
650円

香り高い二八蕎麦。宗田鰹やサバ節などのダシが利いたツユも旨い

お任せ五点盛り、日本酒3種飲み比べ
800円、800円

「お任せ五点盛り」の内容は日替わり。左から天然ブリと本マグロの刺身、そばがきの蕎麦味噌焼き、鶏レバーオイル漬け、自家製合鴨ロース煮、酒盗とクリームチーズ。飲み比べの日本酒はお任せの他、リクエストもOK

温キャベツ牛すじカレー チーズのせ、そばがき(一人前)、とうもろこしの丸ごとかきあげ
650円、600円、580円

軽く茹でた千切りキャベツに牛すじカレーが合う

お店からの一言

スタッフ 福崎健一さん(左)、店主 黒澤清一さん(中)、スタッフ 高橋 眸さん

「毎週日曜に予約制の「そば打ち体験」もやっています。ぜひご参加ください!」

明石屋の店舗情報

[住所]東京都北区赤羽2-43-7 玉川ビル1階 [TEL]03-3903-3669 [営業時間]11時~22時LO(21時最終入店)  ※ランチタイム有 [休日]日、第2土 [席]カウンターあり、全19席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし・そばの注文がない方はお通し代300円別 [交通アクセス]JR埼京線ほか赤羽駅東口から徒歩7分


電話番号 03-3903-3669

撮影/小島 昇 取材/松田有美

2019年7月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
飲食店激戦区・恵比寿の地で24年続く実力店。店主は『一茶庵』出身で、茨城県産の常陸秋そばを中心にした手打ち蕎麦を供する。
夏の蕎麦といえば、せいろを思い浮かべる人が多いハズ。でも、それだけではありません。冷たいおツユの冷やかけ、もり汁や蕎麦切りにひと工夫した変わり種まで。夏を感じる一杯をお届けします。
「物を大切にすると命が宿る。きれいな家には穏やかな人が育ち、家が恩返しをしてくれる」。店主の宮下厚志さんは、この言い伝えが好きだという。
最初にかけ汁を口に含んだ時、もしかしたら「おや?」と思うかもしれない。一般的なつゆに比べると、ほんの少しだけ、かえしの風味が淡い薄口仕立て。
蕎麦屋を営んでいた父の背中を見て育ち、「物心がついた頃から蕎麦職人になりたかった」と話す店主の早川さん。大事にするのは、香り、旨み、甘み、色味など全体のバランスだ。
最新記事
野菜や豚骨などのスープを煮込んで作るスパイスカレー。辛さが選べ、激辛好きの聖地としても有名だ。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
コロッケ、ハムエッグ、明太子…人気のおかずの多くは、惣菜パンとして商品化されています。皆さんのおススメ商品は何でしょうか?個人的なお気に入りは断然「ちくわパン」です(北海道出身です)。 JR東日本のエキナカの「NewDays」「NewDays KIOSK」で開催中(9月27日まで)の「北海道フェア2021」で、そのちくわパンがラインアップされていると聞いてチェックしました。ちくわパンといえば、札幌の人気パン店「どんぐり」が発祥です。どんぐりのちくわパンとの比較もしてみました。
三軒茶屋の銘酒居酒屋で腕を磨いた店主が満を持して開店した和食店。レアなものから人気なものまで取り揃える日本酒が自慢だ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。今回から取り上げるのは、“ユーミン”ことシンガー・ソングライターの松任谷由実。今も胸に残る初対面の時の言葉とは…。
get_app
ダウンロードする
キャンセル