MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
インド料理 やっぱりインディア(カレー/大塚)|兄弟シェフがタッグを組み独立したインドカレーの名店♪

インド料理 やっぱりインディア(カレー/大塚)|兄弟シェフがタッグを組み独立したインドカレーの名店♪

京橋の「ダバ インディア」と三軒茶屋の「シバカリーワラ」、東京の東西を代表する名店で腕を振るった兄のスレンダジーさんと弟のラムジーさんの兄弟が、タッグを組んで独立したのが一昨年のこと。インパクト抜群の店名は、もはやカレー好きの間で知られた存在だ。

perm_media 《画像ギャラリー》インド料理 やっぱりインディア(カレー/大塚)|兄弟シェフがタッグを組み独立したインドカレーの名店♪の画像をチェック! navigate_next

インド料理 やっぱりインディア(最寄駅:大塚駅)

名シェフ兄弟がタッグを組んだリッチ&スパイシーなカレーが何度食べてもやっぱりウマい!

看板を張るのはふたりの出身地である北インド地方の料理。クリームやナッツのソースを使ったリッチなコクの中にもビビッドに香るスパイス使いの妙をしみじみ感じる。ひと口食べれば、「やっぱりこれがインド料理だ!」と店名の由来の通りに膝を打つだろう。

マサハーリーターリー
1400円(ナンをチーズクルチャに変更 +100円)

選べるカレー2種にダール(豆カレー)、ライタ(ヨーグルトサラダ)などのセット。写真のカレーはバターチキンとサーグマトン。チーズクルチャも人気メニューのひとつ

あさりと小海老カレー 南インド風プルスソース 
1100円

南インド地方のカレーもその時々でオンメニュー。タマリンドで爽やかな酸味に仕上げたソースが、魚介の風味を繊細に引き立てる

お店からの一言

シェフ ラムジーさん

「カレーやタンドール料理は、ベジタリアン向けのメニューもありますよ!」

インド料理 やっぱりインディアの店舗情報

[住所]東京都豊島区南大塚3-50-3 運来ビル2階 [TEL]03-6907-2887 [営業時間]11時~15時(14時半LO)、17時~23時(22時LO)※ランチタイム有 [休日]無休 [席]全24席/全席禁煙/夜のみ予約可/夜のみカード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR山手線大塚駅南口から徒歩2分


電話番号 03-6907-2887

撮影/西㟢進也 取材/菜々山いく子

2019年7月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
野菜や豚骨などのスープを煮込んで作るスパイスカレー。辛さが選べ、激辛好きの聖地としても有名だ。
大阪でのブレイクをきっかけに東京でも広まったスパイスカレー。小麦粉不使用が基本であるものの、これといった決まりがないと言います。フリーダムな顔ぶれの中でも美味なる一杯をカテゴリ分けしてお届け!
カレーライスは専門店だけにあらず。喫茶店にも、蕎麦屋にも、店によってはラーメン屋でも、美味しいひと皿があります。しかも、メインメニューに負けない存在感を発揮しているのです。そんな、カレー“も”美味しい店をご紹介します。
日本で独自の進化を遂げて、愛されてきた「カレー」。その進化は様々で、日本で生まれた「蕎麦」と融合したり、中国で生まれた「チャーハン」と手を結んだり。それぞれを存分に楽しめる店をご紹介します。
ダイエットにもさまざまあるが、そのひとつに糖質制限ダイエットがある。気になりつつも、ご飯やあらゆる麺類、揚げ物などが大好きなので、見て見ぬフリをしてきたのが現状。しかし、カレーチェーン店『CoCo壱番屋』に低糖質メニューがあると聞き食べてきました。
最新記事
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル