MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
丹徳庭園(日本茶/川越)|抹茶体験&宿泊ができる丹徳庭園。枯山水を楽しみながら頂く抹茶は絶品♪

丹徳庭園(日本茶/川越)|抹茶体験&宿泊ができる丹徳庭園。枯山水を楽しみながら頂く抹茶は絶品♪

埼玉県・川越市にて、旧家の邸宅を公開している庭園。始まりは明治2年(1869)創業の材木商「丹波屋」。

perm_media 《画像ギャラリー》丹徳庭園(日本茶/川越)|抹茶体験&宿泊ができる丹徳庭園。枯山水を楽しみながら頂く抹茶は絶品♪の画像をチェック! navigate_next

丹徳庭園(最寄駅:川越駅)

小江戸・川越の旧家が育んだ枯山水庭園

初代の名を鈴木徳次郎といい、明治9年(1876)には屋号を「丹徳」とした。五代続く現代の鈴木家も建築土木業の分野で地元の商工業を支えている。平成30年(2018)、当代・芳徳が明治34年(1901)建築の邸宅の一部と庭の一般開放を発案。川越から、日本文化の発信に取り組んでいる。

抹茶の表面に、泡の無い部分が半月状に残る表千家流のお点前で一服

干菓子作り体験(抹茶付き2000円、要電話予約)は、阿波和三盆糖を使い、作った後に抹茶といただける

丹徳庭園の店舗情報

[住所]埼玉県川越市六軒町1-8-2 [TEL]049-224-9115 [開園時間]10時~15時(入園は14時半まで)※ランチタイム有 [休日]火、不定休あり(要電話確認) [入園料]300円(小学生以下は無料)、抹茶体験900円(和菓子付き、なくなり次第終了、要電話予約)、お菓子作り体験2000円 [交通アクセス]東武東上線川越市駅から徒歩3分、西武新宿線本川越駅から徒歩7分


電話番号 049-224-9115

撮影/貝塚 隆 取材/赤谷まりえ

2019年7月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
創業元禄3(1690)年の老舗『山本山』が、4月26日にお茶専門店『山本山 フジヱラボ』を新宿髙島屋の地下1階デイリーマートにオープン。単なる専門店ではなく、抹茶、煎茶、ほうじ茶を使ったドリンクやスイーツを提供しています。一体どんな味なのか伺いました。
おしゃれなデミタスカップで抹茶が飲める「デミタス抹茶」。最近のメニューかと思いきや、こちらの東京丸の内店がオープンした2010年から提供されている。
丘の上に洋館とバラ園を有し、その眼下に大正8年(1919)造園の日本庭園が広がる。太平洋戦争終戦まで明治の大財閥・古河財閥の総帥本邸として使われ、戦後に国の管理となった。
恵比寿の路地裏にある、こぢんまりとした日本茶専門店で提供するのは、独創的な抹茶スイーツ。「INARI抹茶パフェ」は、マカロン、ムース、アイス、ソースすべてに福岡・八女産の抹茶を使用。
裏千家の準教授が「茶道に気軽に触れ合える場に」という思いを込めて昨年11月に開店。看板商品は、JAS認定の宇治産有機抹茶を皮に使用する「生どら」だ。
最新記事
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。細野晴臣の第2回も、「YMO以前」の状況がつづられます。美術家・横尾忠則の要望で、オール・キーボードのアルバムを制作することになり……。
ドイツの年末の風物詩が横浜で楽しめます。クリスマスまであと1カ月。恒例行事となった横浜赤レンガ倉庫のクリスマスマーケット『Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫』(11月26日~12月25日)が始まります。12回目となる2021年は「ギフト」をテーマとして、日本初上陸のグッズ販売に加えスノードームの手作り体験やファーストクラスの機内食の出店など、普段はなかなか体験できない、思い出に残るスペシャルな催しが盛りだくさんです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル