MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
丹徳庭園(日本茶/川越)|抹茶体験&宿泊ができる丹徳庭園。枯山水を楽しみながら頂く抹茶は絶品♪

丹徳庭園(日本茶/川越)|抹茶体験&宿泊ができる丹徳庭園。枯山水を楽しみながら頂く抹茶は絶品♪

埼玉県・川越市にて、旧家の邸宅を公開している庭園。始まりは明治2年(1869)創業の材木商「丹波屋」。

丹徳庭園(最寄駅:川越駅)

小江戸・川越の旧家が育んだ枯山水庭園

初代の名を鈴木徳次郎といい、明治9年(1876)には屋号を「丹徳」とした。五代続く現代の鈴木家も建築土木業の分野で地元の商工業を支えている。平成30年(2018)、当代・芳徳が明治34年(1901)建築の邸宅の一部と庭の一般開放を発案。川越から、日本文化の発信に取り組んでいる。

抹茶の表面に、泡の無い部分が半月状に残る表千家流のお点前で一服

干菓子作り体験(抹茶付き2000円、要電話予約)は、阿波和三盆糖を使い、作った後に抹茶といただける

丹徳庭園の店舗情報

[住所]埼玉県川越市六軒町1-8-2 [TEL]049-224-9115 [開園時間]10時~15時(入園は14時半まで)※ランチタイム有 [休日]火、不定休あり(要電話確認) [入園料]300円(小学生以下は無料)、抹茶体験900円(和菓子付き、なくなり次第終了、要電話予約)、お菓子作り体験2000円 [交通アクセス]東武東上線川越市駅から徒歩3分、西武新宿線本川越駅から徒歩7分


電話番号 049-224-9115

撮影/貝塚 隆 取材/赤谷まりえ

2019年7月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
裏千家の準教授が「茶道に気軽に触れ合える場に」という思いを込めて昨年11月に開店。看板商品は、JAS認定の宇治産有機抹茶を皮に使用する「生どら」だ。
カジュアルに利用できる“日本茶スタンド”をイメージ。ストレートの抹茶は、コーヒー感覚でロングとショートを用意。
メーカーでの長い海外赴任で抹茶の魅力を再認識し、起業を決意したというオーナーの長田昌宏さん。抹茶は茶葉を丸ごと微粉末にするため、安心できるものをとオーガニックにこだわり、2年かけて全国の茶園を巡ったという。
江戸幕府第五代将軍・徳川綱吉に仕えた川越藩藩主・柳澤吉保による大名庭園。吉保自らが設計し、元禄15年(1702)に完成させた。
お茶の香りがものすごい!と思ったら、使われているのは、茶葉や粉末茶を中に閉じ込めた特別な氷。この「利休氷」がいただけるのは、都内ではここだけ。
正直に白状すると、生卵の白身のどろり感がちょっと苦手な私。 生卵をなめらかに混ぜられてカラザもするりと取れる、卵を混ぜるために作られた『まぜ卵』なるものを発見! 「いや~な白身のどろり感がなくなるよ!」と、パッケージに書いてあったので、さっそく購入して、試してみました。
無類の海老好きにはタマらないお店がある。海老バル「orb福島(オーブ福島)」だ。このお店、難波などで何度か利用した経験があるのだが、まずは入り口に正面にあるこの水槽に誰もが目を奪われるはず。 実はここ、オマール海老のつかみ取りができるお店で有名なのだ。
天保元年創業。日本料理の老舗『なだ万』ときけば身構えてしまうが、こちらは気軽なランチ会もおひとり様も歓迎。
さっぱり風味のあんとコクのあるバター、その相性の良さは言うまでもないが、これにくるみパンをプラス。低温長時間発酵させた味わい深い生地に、食感も心地よいくるみの香ばしさ、あんバターの甘じょっぱさがあいまって、後を引く味に。
ランチや定食をやっている店に入ると、唐揚げ定食をデフォルトで頼んでしまう脂っぽいおっさん女子です。だが、もし店のメニューにあったら唐揚げにも目もくれず頼んでしまうのが、実はハムエッグ定食。 なぜか定食屋さんで食べるハムエッグにはテンションが爆上りなのである(苦笑)。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt