MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
丹徳庭園(日本茶/川越)|抹茶体験&宿泊ができる丹徳庭園。枯山水を楽しみながら頂く抹茶は絶品♪

丹徳庭園(日本茶/川越)|抹茶体験&宿泊ができる丹徳庭園。枯山水を楽しみながら頂く抹茶は絶品♪

埼玉県・川越市にて、旧家の邸宅を公開している庭園。始まりは明治2年(1869)創業の材木商「丹波屋」。

perm_media 《画像ギャラリー》丹徳庭園(日本茶/川越)|抹茶体験&宿泊ができる丹徳庭園。枯山水を楽しみながら頂く抹茶は絶品♪の画像をチェック! navigate_next

丹徳庭園(最寄駅:川越駅)

小江戸・川越の旧家が育んだ枯山水庭園

初代の名を鈴木徳次郎といい、明治9年(1876)には屋号を「丹徳」とした。五代続く現代の鈴木家も建築土木業の分野で地元の商工業を支えている。平成30年(2018)、当代・芳徳が明治34年(1901)建築の邸宅の一部と庭の一般開放を発案。川越から、日本文化の発信に取り組んでいる。

抹茶の表面に、泡の無い部分が半月状に残る表千家流のお点前で一服

干菓子作り体験(抹茶付き2000円、要電話予約)は、阿波和三盆糖を使い、作った後に抹茶といただける

丹徳庭園の店舗情報

[住所]埼玉県川越市六軒町1-8-2 [TEL]049-224-9115 [開園時間]10時~15時(入園は14時半まで)※ランチタイム有 [休日]火、不定休あり(要電話確認) [入園料]300円(小学生以下は無料)、抹茶体験900円(和菓子付き、なくなり次第終了、要電話予約)、お菓子作り体験2000円 [交通アクセス]東武東上線川越市駅から徒歩3分、西武新宿線本川越駅から徒歩7分


電話番号 049-224-9115

撮影/貝塚 隆 取材/赤谷まりえ

2019年7月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
丘の上に洋館とバラ園を有し、その眼下に大正8年(1919)造園の日本庭園が広がる。太平洋戦争終戦まで明治の大財閥・古河財閥の総帥本邸として使われ、戦後に国の管理となった。
恵比寿の路地裏にある、こぢんまりとした日本茶専門店で提供するのは、独創的な抹茶スイーツ。「INARI抹茶パフェ」は、マカロン、ムース、アイス、ソースすべてに福岡・八女産の抹茶を使用。
裏千家の準教授が「茶道に気軽に触れ合える場に」という思いを込めて昨年11月に開店。看板商品は、JAS認定の宇治産有機抹茶を皮に使用する「生どら」だ。
カジュアルに利用できる“日本茶スタンド”をイメージ。ストレートの抹茶は、コーヒー感覚でロングとショートを用意。
メーカーでの長い海外赴任で抹茶の魅力を再認識し、起業を決意したというオーナーの長田昌宏さん。抹茶は茶葉を丸ごと微粉末にするため、安心できるものをとオーガニックにこだわり、2年かけて全国の茶園を巡ったという。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。様々なYouTuberがいますが、今回紹介する方はおっさんサラリーマン! その名も大西 祐次郎。ダジャレを炸裂しつつも、実は料理を美味しそ〜うに撮る実力者なのです。
大坂の陣における真田丸は最強の砦だったが、こちらの看板地鶏「真田丸」は言わば最高の食材。「力強い歯応えと脂のコクが串焼きに最適」と社長が惚れ込み、生産者から直で仕入れている。
お小遣いの少ない飲み助にとって、家呑み用ツマミとして自由に買えるナンバー1は駄菓子なのではないか! とはいえ、そのまま食べるのも大人としていかがなものか!! ライター・カーツさとうが駄菓子を使った一品料理を考案。レシピ、動画付きでお届けします。
南インド料理の人気店『ダクシン』のビリヤニはチェティナード風。チェティナードとは南インドの地方名で、リゾート地として知られる。
「酒」の提灯、その奥に垣間見える楽し気なカウンターに、まずノックアウトだ。しかし、ここ『洒落者』の本領は、そのカウンター奥から次々と繰り出される、「ほんとにこの値段?」と思わせる素晴らしいつまみの数々だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル