MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
INARI TEA(日本茶/恵比寿)|路地裏にある日本茶の魅力を伝える専門店。クリエイティブなお茶を体験して♪

INARI TEA(日本茶/恵比寿)|路地裏にある日本茶の魅力を伝える専門店。クリエイティブなお茶を体験して♪

恵比寿の路地裏にある、こぢんまりとした日本茶専門店で提供するのは、独創的な抹茶スイーツ。「INARI抹茶パフェ」は、マカロン、ムース、アイス、ソースすべてに福岡・八女産の抹茶を使用。

perm_media 《画像ギャラリー》INARI TEA(日本茶/恵比寿)|路地裏にある日本茶の魅力を伝える専門店。クリエイティブなお茶を体験して♪の画像をチェック! navigate_next

INARI TEA(最寄駅:恵比寿駅)

八女産の抹茶を堪能できる、美しきスイーツ

それぞれ抹茶の配合量と甘さを変えていて、ひと口ごとに抹茶の味が微妙に変化する。そこにキャラメリゼしたアーモンドの食感が加わり、食べすすめるのが楽しくなるパフェだ。「INARI抹茶レイヤーケーキ」にも、八女産の抹茶を使用。アーモンドが香る生地と抹茶のガナッシュ、イチゴジャムの層を甘めの抹茶チョコでコーディング。さっぱりしたあと味のケーキでこちらもオススメだ。

INARI抹茶パフェ ※選べる日本茶付き(写真は徳之島サンルージュ)
1500円

渋みと豊富なアントシアニンが特徴の煎茶「徳之島サンルージュ」。手作りコーディアルシロップを加え、紫色に変化させている。さっぱりとした甘さ。

INARI抹茶レイヤーケーキ※選べる日本茶付き(写真は八女抹茶)
1400円

濃厚な抹茶アイスはクランブルの食感も加わり、ケーキとは異なる趣きに

八女抹茶ソーダ
800円

抹茶の香りを残すためシェーカーで点てる。ほのかな甘味で爽やかな味わい。サブレ付き

お店からの一言

店長 重松弘毅さん

「抹茶の味を活かして開発しました」

INARI TEAの店舗情報

[住所]東京都渋谷区恵比寿1-5-2 こうげつビル101 [TEL]03-6721-6420 [営業時間]8時~24時、土12時~24時 ※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]カウンターのみ、全5席/全席禁煙/予約可/カード可 [交通アクセス]JR山手線ほか恵比寿駅西口から徒歩2分


電話番号 03-6721-6420

撮影/西﨑進也 取材/渡邉裕美

2019年7月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
丘の上に洋館とバラ園を有し、その眼下に大正8年(1919)造園の日本庭園が広がる。太平洋戦争終戦まで明治の大財閥・古河財閥の総帥本邸として使われ、戦後に国の管理となった。
裏千家の準教授が「茶道に気軽に触れ合える場に」という思いを込めて昨年11月に開店。看板商品は、JAS認定の宇治産有機抹茶を皮に使用する「生どら」だ。
カジュアルに利用できる“日本茶スタンド”をイメージ。ストレートの抹茶は、コーヒー感覚でロングとショートを用意。
埼玉県・川越市にて、旧家の邸宅を公開している庭園。始まりは明治2年(1869)創業の材木商「丹波屋」。
メーカーでの長い海外赴任で抹茶の魅力を再認識し、起業を決意したというオーナーの長田昌宏さん。抹茶は茶葉を丸ごと微粉末にするため、安心できるものをとオーガニックにこだわり、2年かけて全国の茶園を巡ったという。
最新記事
わずか6席のカウンター空間は店主の三浦さんが繰り広げる舞台だ。磨き上げられた厨房が美味の時間を予感させる。
油揚げは、刻んでお味噌汁に入れたり、柔らかく煮たあとにすし飯を入れてお稲荷さんにしたり……。そんなイメージがありますが、ステーキのように焼く食べ方で熱い支持を得ている油揚げが北陸にあります。「谷口屋の、おあげ」のことです。
こちらは渋谷の人気店『鬼そば 藤谷』が手掛ける甲殻類ラーメンの専門店。看板は、2019年10月に行われたNYラーメンコンテストで優勝を果たした「ロブスター味噌らぁ麺」。
洋食屋さんのカツレツはいつだって優しくてあったかい。それは単なる料理の温もりだけじゃない。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は神奈川編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
get_app
ダウンロードする
キャンセル