MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
カフェ・トロワグロ(フレンチ/新宿)|季節感あふれる絶品料理と眺望をお楽しみ下さい♪

カフェ・トロワグロ(フレンチ/新宿)|季節感あふれる絶品料理と眺望をお楽しみ下さい♪

ミシュランで三ツ星を獲得し続ける名店の味を肩肘張らない雰囲気の中いただける。最大の魅力は旬の素材の美味しさをシンプルな調理法で引き出した料理たち。

perm_media 《画像ギャラリー》カフェ・トロワグロ(フレンチ/新宿)|季節感あふれる絶品料理と眺望をお楽しみ下さい♪の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

カフェ・トロワグロ(最寄駅:新宿駅)

気軽さが魅力のフレンチで星付きの味を堪能

月替わりのランチコースはフレンチの枠にとらわれず、辛口のシラチャーソースを合わせるなどの遊び心もたまらない。グラスワイン付きの「アペリティフセット」なども魅惑的だ。週末は特に予約がオススメ。

ランチ限定 前菜とメイン(メインはプリフィックス)※パン、コーヒーまたは紅茶付き
2500円

テリーヌは甘みやほろ苦さなど、野菜の風味が口中にあふれる。メインのホタテは香ばしく焼き上げられ、自家製シラチャーソースとライムの香りが絶妙に合う

ランチ限定 スープとパスタ
2200円

グルテンフリーのパスタを使用。美味しさとヘルシーさを欲張れる。パンは地下2階で購入可能

お店からの一言

店長 岩崎茂康さん

「季節感あふれる味と眺望をご一緒にお楽しみください」

カフェ・トロワグロの店舗情報

[住所]小田急百貨店本館8階 [TEL]03-5325-2493 [営業時間]10時~21時(20時LO)※ランチタイムは11時~14時LO ※ランチタイム有 [休日]不定休(施設に準ずる) [席]全46席/全席禁煙/予約可/カード可/サ・お通し代なし


電話番号 03-5325-2493

撮影/瀧澤晃一 取材/市村幸妙

2019年8月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
市場では仔牛を産んだことのない未経産牛が最も価値が高いと言われている。が、果たしてそれは本物の旨さなのか? 
「冬には温かい料理を何か用意しておきたいですね」という料理長横山さん。「仔牛のクリーム煮込み」も毎年のように作るという。
皿のキャンバスに配した料理はまるでアート。なんて気取ってみたら店主の椿さん、「ただ収まりよくしてるだけです(笑)」とサラリ。
滋賀の食材をメインにしたビストロで、記憶に刻まれるひと皿に出合った。それが近江牛の炭火焼き。中心温度を45℃前後に保ちつつ、炭火に乗せて、休ませてを繰り返すこと3~4回。
煮込み料理は地味かもしれない。けれど地道な仕込みの手間がかけられたその味には、真の美しさが宿るのだと思う。
最新記事
店主・岸本香奈子さんが以前働いていたイタリアンレストランのデザートで人気だったチーズケーキ。レストラン閉店に伴い、岸本さんはこのケーキを引き継ぎたい、とこの店をオープンした。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
1977年開業のカジュアルイタリアン。一度聞いたら忘れられない店名は、オランダにある実在の地名である。
5回に渡って愛知からお伝えしてきた、この夏おすすめの極上の“冷んやり体験”。最後は、豊田市の山間部、旭地区に位置する『カントリーレストラン 渓流荘』を紹介しよう。
名古屋めしで欠かせないもののひとつといえば、きしめん。中でも暑い夏には、地元の人が“きしころ”と呼ぶ、冷やしきしめんがおすすめだ。大正12年創業。数々ある店の中でも美味しさに定評のある『宮きしめん』で味わうべく、店舗のある熱田神宮を訪れた。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル