MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
カジュアルダイニング Granna(洋食/新宿)|駅直結!開放的な店内で多国籍料理が楽しめるレストラン♪

カジュアルダイニング Granna(洋食/新宿)|駅直結!開放的な店内で多国籍料理が楽しめるレストラン♪

大きな窓から射し込む日差しに、心ほどけるような空間だ。ここは新宿中村屋ビルの最上階にある直営レストラン。

perm_media 《画像ギャラリー》カジュアルダイニング Granna(洋食/新宿)|駅直結!開放的な店内で多国籍料理が楽しめるレストラン♪の画像をチェック! navigate_next

カジュアルダイニング Granna(最寄駅:新宿駅)

発売当時の人々を魅了 幻の品種「白目米」で味わうスパイス薫る印度カリー

ランチのおすすめが、メインが選べるランチセットで、名物の「中村屋 純印度式カリー」もラインナップ。実はこの店舗限定でカリーのライスを発売当初と同じ“白目米”という特別な品種で通年提供しているのだ。やや小ぶりの米粒にしっかりとソースが絡まり、もっちりとした食感も鮮やか。90年以上経っても色あせない旨さに老舗の凄みを見せつけられる。セラーに並ぶ日本産のみで揃えた約50種類のワインにも手を伸ばしてみたくなる。

選べるランチセット メイン:中村屋 純印度式カリー
2700円

セットにはサラダorスープ、季節のソルベと食後のドリンク(コーヒーまたは紅茶)が付く。骨付きの鶏肉と、ゴロリとしたジャガイモを具にしたカレーは、コク深くスパイシー。“白目米”との相性の良さも堪能したい

選べるランチセット メイン:牛テールの煮込み
2700円

12時間じっくり煮込んでホロホロの口当たりに仕上げている。デミグラスソースの奥深い余韻も続く。ライスかパンからチョイス可。この日のスープはトウモロコシの冷製で8月から変更する

朝日町ワイン ボトル3024円、豊穣神話 甲州 ボトル3780円

お店からの一言

マネージャー 中山義則さん

「ワイングラスを傾けながら、ゆったり贅沢なお昼をお過ごしください」

カジュアルダイニング Grannaの店舗情報

[住所]東京都新宿区新宿3-26-13 新宿中村屋ビル8階 [TEL]03-3352-6167 [営業時間]11時~16時(15時LO)、17時~23時(22時LO)、土11時~23時(22時LO)、日・祝11時~22時(21時LO)※ランチタイム有 [休日]年末年始 [席]全70席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし・17時以降はコース以外チャージ540円別 [交通アクセス]JR山手線ほか新宿駅A6出口直結


電話番号 03-3352-6167

撮影/西﨑進也 取材/菜々山いく子

2019年8月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
もうもうと立ち上る煙の下に現れるはドカンと一枚肉の「特大生姜焼」。腕まくりで挑めばド直球の旨さにハッとする。
創業明治28年。『煉瓦亭』のポークカツレツは“とんかつの元祖”と言われているだけあって隙がない。
ガウチョ(牧童)が絞めて解体した牛を薪で焙り、野外で肉を片手に呑み、かつ喰らう――そんなアルゼンチン流のワイルドなBBQ「アサード」を味わえる店だ。肉を焼くのは、青春時代をアルゼンチンで過ごした伊澤義之さん。
最新記事
福井県の「鯖街道」で「飲食店が少ない」ことで嘆いていた町が、サバジェンヌ曰く「日本でいちばんホットな『サバ名所』」にまで成長! そこで食べられる絶品のサバグルメをジェンヌが食べまくり。熱量たっぷりのレポートです!!
品書きには白飯が進む中華のおかずがズラリ。その中に店名を冠したラーメンを発見した。
福井名物の和菓子といえば「羽二重餅」。その銘菓をどら焼きに挟んだ「羽二重どら焼」が人気だと聞いて食べてみました。“ふっくら”していて“もちもち”の食感。「和菓子通からも長年愛されてきた」という理由が頷ける美味しさです。
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
get_app
ダウンロードする
キャンセル