MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ポンガラカレー 赤坂アークヒルズ店(カレー/六本木一丁目)|様々なスパイスを使用したポンガラカレーは絶品♪

ポンガラカレー 赤坂アークヒルズ店(カレー/六本木一丁目)|様々なスパイスを使用したポンガラカレーは絶品♪

スリランカを度々訪れ、スパイス使いの腕を磨き続けている黒田健さんのカツカレーは、まるでスパイスが生きているよう。甘めでまろやかなルウの中で、クミンの華やかさ、ブラックペッパーの辛み、クローブの深い香りなど、さまざまなスパイスが主張してきて、実に面白い。

perm_media 《画像ギャラリー》ポンガラカレー 赤坂アークヒルズ店(カレー/六本木一丁目)|様々なスパイスを使用したポンガラカレーは絶品♪の画像をチェック! navigate_next

ポンガラカレー 赤坂アークヒルズ店(最寄駅:六本木一丁目駅)

今まで蓄えてきたスパイスの知識と日本のカレーを融合

これは、スパイスを完全なパウダーにしないことで、噛んだときにそれぞれの持ち味が飛び出すからだという。さらに食べやすくするため、日本のカレーに近付けて、敢えて少し小麦粉を入れている。肩ロースを使ったカツはジューシーだが、脂身の少ないしっかりとした肉質。噛むたびに広がる旨みとルウとのバランスも秀逸だ。

SPICE魂カツカレー
980円

すりおろしたリンゴやニンジンを入れて甘みをつける。シナモンとブラックペッパーはスリランカで仕入れて、コンディションを徹底管理。香りがまったく違うという

ポンガラカレープレート
1280円

スリランカカレーのレンズ豆やラッサムなど5種と、ココナッツのサンボルやしめじのモジュなど3種の副菜のセット(内容はその都度変わる)

スパイスポテト、ビール(生)
300円、380円

チリやクローブなどで和えたポテト。カレーリーフが香ばしくて食欲をそそる

お店からの一言

左から、店長 奥原直人さん、プロデューサー 黒田 健さん、スタッフ ラマナヤカ・カビンド・サリカルパさん

「月替わりの新しいカレーにも注目」

ポンガラカレー 赤坂アークヒルズ店の店舗情報

[住所]東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル3階 [TEL]03-5797-7669 [営業時間]11時~23時(22時LO)、土・日・祝11時~22時(21時LO)※ランチタイム有 [休日]無休 [席]カウンターあり、全27席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし [交通アクセス]地下鉄南北線六本木一丁目駅3番出口から徒歩5分


電話番号 03-5797-7669

撮影/貝塚 隆  取材/井島加恵

2019年8月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
下北沢を、いや東京を代表するカレー専門店。人気のチキン、エビをはじめ、ここのカレーは素材の旨みがしっかり感じられるものばかりで、とにかく旨い。
野菜や豚骨などのスープを煮込んで作るスパイスカレー。辛さが選べ、激辛好きの聖地としても有名だ。
大阪でのブレイクをきっかけに東京でも広まったスパイスカレー。小麦粉不使用が基本であるものの、これといった決まりがないと言います。フリーダムな顔ぶれの中でも美味なる一杯をカテゴリ分けしてお届け!
カレーライスは専門店だけにあらず。喫茶店にも、蕎麦屋にも、店によってはラーメン屋でも、美味しいひと皿があります。しかも、メインメニューに負けない存在感を発揮しているのです。そんな、カレー“も”美味しい店をご紹介します。
日本で独自の進化を遂げて、愛されてきた「カレー」。その進化は様々で、日本で生まれた「蕎麦」と融合したり、中国で生まれた「チャーハン」と手を結んだり。それぞれを存分に楽しめる店をご紹介します。
最新記事
20年前、私はひたすら世界を旅をしていました。南米から中米の旅を終えて、メキシコから国境を越え、いよいよ自由の国アメリカへ。テキサス州ヒューストンまでの夜行バスと図書館で遭遇した驚きのルールをご紹介します。
ハワイ名物から、オリジナルフードまで味わえるレストラン「ザ・アイランド」 1号店が12月2日、東京・銀座にオープンしました。現地定番の味や創意工夫を凝らしたメニューはもちろんのこと、ホテルのロビーのような洗練された店内も大きな魅力です。ゆったりとした時間が流れる優雅な空間で料理をいただけば、慌ただしい師走にあっても、南国ハワイにいるような自分だけのくつろいだ時間を送ることができるでしょう。
マレー半島を旅しているような気分にどっぷり浸れる店だ。数年前、酷暑のクアラルンプールを歩き、汗だくになりながら有名な肉骨茶専門店を訪ねたことがある。
串焼きされた状態で提供されることの多い焼きとん。が、焼肉のように自分で焼いて楽しませる店も。職人の匠の味には及ばないかもしれないが、火を囲み、好みの焼き加減に仕上げるのは、魅惑の食時間なのだ。
コロナ騒動から始まった2021年は、全国に広がる緊急事態宣言やワクチン接種の開始、東京オリンピック・パラリンピック開催に自民党総裁交代など、1年を通じてどこか落ち着きがなかったかも。そんな2021年を締めくくる12月は、「整える」エネルギーを持つ四緑木星が司る。さあ、心も体も環境もすべて整えて、2022年を迎えよう!
get_app
ダウンロードする
キャンセル