MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
季節料理 おきつ(和食/大塚)|ランチの「おまかせ定食」が圧巻

季節料理 おきつ(和食/大塚)|ランチの「おまかせ定食」が圧巻

大塚の和食店「季節料理 おきつ」のランチ取材記事とおすすめメニューの写真。女将が切り盛りする、季節の食材をふんだんに使った料理が自慢の居酒屋ながら、こちらのランチタイムにいただける「おまかせ定食」が圧巻なのだ。季節料理 おきつ[交]JR山手線大塚駅南口から徒歩5分 ※ランチタイム有

季節料理 おきつ(最寄駅:大塚駅)

旬の食材を使用した心づくしの手料理にお腹も財布も大満足

 女将が切り盛りする、季節の食材をふんだんに使った料理が自慢の居酒屋ながら、こちらのランチタイムにいただける「おまかせ定食」が圧巻なのだ。おかずには築地から毎日届く新鮮な刺身の盛り合せと、脂ののった干物の2大スターがそろい踏み。さらには天ぷら、煮物、サラダなどを盛り合わせた惣菜プレートが脇をしっかりと固めている。炊きたてホカホカのご飯は大盛りも無料。丁寧にダシをひいた味噌汁が付いて、お値段800円というから良心的というほかない。

 旬を味わってもらうため、料理は日替わり。苦手な食材があれば、別の品と変えてくれる心づかいもうれしい。扉を開けると思わず「ただいま」と言いたくなるような、ほっこり優しい笑顔で迎えてくれる。

おまかせ定食
800円

この日の刺身は、北海道産の蒸しタコ、インドマグロ、赤貝。干物は写真のサバの他にもサンマなど数種類から選べる。一日限定20食程度

季節料理 おきつの店舗情報

東京都豊島区南大塚3-23-7 ☎03-3987-8083 [営]11時45分〜14時半(14時LO)、17時半〜23時(22時LO)※土・祝は夜のみの営業 [休]日 [交]JR山手線大塚駅南口から徒歩5分

電話番号 03-3987-8083
2016年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
練馬の小料理店「あわび亭」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。店名が物語るように、新鮮なあわび料理をオンパレードで味わえる隠れ家だ。で、“活きた”あわびならではの醍醐味を存分に味わえるおすすめが、あわびのしゃぶしゃぶ。[住所]東京都練馬区練馬1-35-1 [TEL]03-3557-7369
東京駅の定食店「米どころん 八重洲店」のランチグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。ふっくらツヤツヤのご飯をお腹いっぱい食べたい!そんな時はここを訪れるべし。[住所]東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー 地下1階
三軒茶屋「三茶呑場 マルコ」は居酒屋のような雰囲気ながら、ひと手間かけた料理とお酒が楽しめる。米は店主の出身地・新潟県の三大コシヒカリブランドのひとつ「いわふね米」を使用。
池尻大橋エリアの和食店「池尻本店 おわん」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。おわんを持った時のぬくもり、ほっとできる空間を大切にする店。店主は人との繋がりも大事にしており、滋賀県近江市の契約農家とも厚い信頼関係を紡ぐ。
日本橋 米祥(こめしょう)和食/三越前|食感や香りなど味わいの異なる、5種類のブランド米を常時用意する、米が主役の和食店だ。ひたすら米の旨さを追求した炊き方は、自宅では真似のできないプロの技。
新型コロナウィルス蔓延防止の自粛中は、毎日掃除の日々(笑)。 そうしたら、BBQ以外では使ったことがないスキレットが出てきました! お店は閉まっているので、自宅でスキレット使ってためしてみま~す~。
吉祥寺は飲食に関しては何でもある街と思われているが、実は意外にないものがある。今回は、意外にないもののひとつ、仕事帰りのおひとり様女子(乗り換えでいったん吉祥寺に降り立つ女子も含む)を癒す店をご紹介だ。
デミグラスソースでハンバーグを煮込む。そのひと手間を加えるだけでこんなにも味わい深くなるものか。
名古屋市昭和区にある『炭焼 うな富士』。地元では知らない人はいないうなぎの名店である。 全30席の店内は常に満席で、平日でも店の前に行列ができるほどの人気ぶり。 そんな『うな富士』が今年4月、新型コロナウイルスの影響もあり、出前とテイクアウト、そしてついに通販も開始した。
昭和47~48年頃、賄いでグラタンを食べたいという従業員のため、耐熱皿の代わりにトースト用食パンで作ったのが“グラパン”誕生のきっかけ。さらに1年ほど前、メニューにあったビーフシチューをグラパンにしたら美味しいのではないかと、土・日・祝限定で「デミグラスグラパン」を始めた。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt