MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
京都穴場グルメ_京都・西大路 きき酒師の「まさよし」店主が彩る絶品鶏料理に舌鼓/大阪ローカル穴場メシ情報[82]

京都穴場グルメ_京都・西大路 きき酒師の「まさよし」店主が彩る絶品鶏料理に舌鼓/大阪ローカル穴場メシ情報[82]

京都は西大路。この地に日本酒専門店があるのをご存じか。 その店とは、国道171号線に面する酒場「まさよし」。 このお店、幅広い人脈やツテがないと入手できない銘酒が各種そろっているのだ……。 このお店を知らずして京都グルメを語ることなかれ。

perm_media 《画像ギャラリー》京都穴場グルメ_京都・西大路 きき酒師の「まさよし」店主が彩る絶品鶏料理に舌鼓/大阪ローカル穴場メシ情報[82] の画像をチェック! navigate_next

京都・西大路の知る人ぞ知る酒場! きき酒師の「まさよし」店主が彩る絶品鶏料理に舌鼓


京都は西大路。

この地に日本酒専門店があるのをご存じか。

このお店を知らずして京都グルメを語ることなかれ……。

国道171号線に面する酒場「まさよし」だ。

店主の櫻井真義さん(33)はきき酒師でもある。

「オープンして1年と半年ぐらいです。
烏丸の日本酒専門の焼き鳥店で修業をした後、このお店を始めたんです」

このお店、幅広い人脈やツテがないと入手できない銘酒が各種そろっている。


「英勲やどりぎ」は、日本酒通には知られた「マルマン酒店」オリジナルの日本酒だ。

この酒を置いている飲食店は、京都でも手で数えられるほど。

上品な香りと口当たりが非常にいいに仕上がっている。

「日本酒は生原酒が半合で500円、1合1000円でやっています」

酒と合わせるお通しがまた絶品だった。


「鶏肝とハツ」は血合いを抜いて、水でさらして60度のお湯につけること約20分。

それから沸騰したお湯に30秒。

サッと通すと「中に火が通るんです」という。

あとは醤油ダレで低温調理を2時間半。

手間暇かけてできあがった料理は、まさにカンペキだ。

ソーセージのように周りを薄皮がコーティング。

パリッとした噛み応えの後に続くのが鶏肝の本来の柔らかさ。

しかも、臭みなんて一切ない。

程よい柔らかさと風味が口内を包む。

コレ、酒のアテにぴったりのヤツやんか!


「こちらなんていかがでしょうか?」


続けて提供された日本酒は「鰺ヶ澤」。

香ばしくて甘味もある、日本酒通が好みそうな味わい。

それでいて後味はキレがある。

嬉しいことに「梅なんこつ」(480円)を、お通しでサービスしてくれた。



サメ軟骨の鶏バージョンといったところ。

梅味にわさびを添えて味を際立たせていた。

こちらも絶品。

いくらでも食せる味わいだ。

食前酒をしたところで「手羽中スパイシー焼き」(480円・本来は3本)と、「せせりのわさび焼き」(480円)を注文。


手羽中は言うに及ばず、見た目通りに旨味の中に辛味を凝縮。

皮がパリッと揚げられ、中身はジューシー。

これなら何本でもイケるで~!

鶏料理がわさびと、これほど相性が良いと驚かせたのはせせり料理。


ささみとわさびを合わせる料理は一般的だが、こちらの一品もなるほど。

クセになる旨さだ。

「こちらはご存じですか?」

こう言われて出てきたのは「浮世絵御家ごろし」。


この特別なラベルが印象的だ。

「乳酸を加えているので、キレがあるお酒です」


トロみもある中に確かにキレもある。

言うならば、オトナの日本酒。

艶っぽいお酒には「ひね鶏」を。

「新名物親鶏のもも塩焼き」(480円)に加えて、「カキフライしば漬けタルタル」(780円)も。


噛み応え十分のひね肉を頬張ると旨味という旨味が広がっていく。

お好みでコチュジャンをつければ間違いなし。


カキフライのポイントは、しば漬けのタルタルソース。

ひと手間どころか、ふた手間も惜しまない。

住宅街にポツンとある名店は、こうした陰ながらの努力を惜しまないのだ。


西大路酒場 まさよし
[住所]京都市南区吉祥院三ノ宮町41-7
[TEL]075-644-4664
[営業時間]17:00~24:00
[定休日]月曜









加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。


※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
加藤慶@おとなの週末

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

関連記事
生野区の今里には無数の韓国料理店がある。 そのなかで、韓国人からも日本人からも最も評判が良いお店がココ「麦」だ。 驚嘆のレベルの海鮮チヂミや、女子にも人気のスンドゥブなど、韓国料理の醍醐味が味わえる店なのだ。
松阪牛で有名な三重県松阪市で、実は鶏焼肉がスタンダードで人気だという。 「松阪市に親族がいまして、そこで鶏焼肉を食べたらむちゃくちゃハマった。それで鶏焼肉専門にして朝から飲めるスタイルのスタンドを西成で始めたんです」 とは、「スタンド八とり」の店主工藤光一さん。オープンして1年半。西成ですでに有名店だ。
とにかく魚への鮮度にこだわる! 桶売りやイカの生簀まで店内に設置して、他所では出せない魚のクオリティを細部まで突き詰め、高知から関西に進出。破竹の勢いで店舗を増やしたのが「寅八商店」である。 こだわったこの新鮮な食材と、料理への情熱。こんな大変な時期でも「客数が増加した」と聞いて、まさしく納得の店なのだ。
2020年1月、尻無川のほとりに飲食店をメインとした複合施設「TUGBOAT TAISHO(タグボート大正)」がオープン。徐々にではあるが、名が浸透して新名所として活気づき始めている。 このタグボート大正、1階フロアの大半はフードホールで、約10店舗の飲食店が出店し、食を楽しむ人たちにも人気なのだ。
地下鉄メトロの心斎橋駅を歓楽街とは反対側の北方向に歩いて約5分。 平日だとスーツ姿の人が行きかうオフィス街に、“挑戦的な価格”でランチを提供する焼肉店があるという。 それが、10月5日にオープンしたばかりのホルモン・焼肉座「ちからや心斎橋店」。 端的にいえば、とにかく肉が安くて旨い店。だからこそ、ランチもお手ごろ価格なのだ。
最新記事
野外で楽しむバーベキューといえば夏のイメージですが、寒い季節も人気を集めていることはご存知でしょうか。焚き火や炭火で、グリルに肉を豪快にのせて焼くだけでなく、冬は魚介など旬の食材で鍋料理も魅力です。そんな冬レジャーの新たなトレンド「ウインターバーベキュー(BBQ)」が楽しめる東京都内のBBQ会場で12月1日、焚き火の使用が解禁されました。会場は、都内なのでアクセスも便利、しかも手ぶらで行ってもOK!ゆらめく炎を前にゆったりした時間を過ごせば、みんなの心の距離もグッと縮まります。本格的な冬BBQのシーズン到来です。
九州、中・四国の美味しいものを気軽に楽しんでもらいたい。ゆえに魚、肉、ご当地の肴まで幅広く用意する。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな蕎麦のレシピを紹介します。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな鍋のレシピを紹介します。
ここ数年、植物性由来の食材を使い、肉や魚などに似せた「ヴィーガンフード」をよく耳にするようになった。いまや普通のスーパーでも、伊藤ハムや丸大食品などお馴染みのメーカーが作る植物性由来の大豆ミートを使用したハンバーグやハムなどが並ぶコーナーができるほど。しかし、それでもなお珍しいのは海産物系。植物性由来の食材だけで作ったヴィーガン海鮮丼を食べてきた!
get_app
ダウンロードする
キャンセル