MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
黒毛和牛贅沢重専門店 神楽坂本店(ローストビーフ丼/神楽坂)|1杯で3つの味を愉しめる!

黒毛和牛贅沢重専門店 神楽坂本店(ローストビーフ丼/神楽坂)|1杯で3つの味を愉しめる!

神楽坂を中心に展開する、焼き肉の『翔山亭』が、2015年9月にオープンさせた丼専門店が「和牛贅沢重専門店 神楽坂翔山亭」。牛肉を知りつくした専門店だからこそ、その魅力をくまなく引き出した味わい方を提案している。[交]飯田橋駅B4b出口から徒歩5分 ※ランチタイム有

黒毛和牛贅沢重専門店 神楽坂本店(最寄駅:飯田橋駅)

冷凍しない生のA4・A5ランクの黒毛和牛をふんだんに使用した、極上の1杯を味わえるのだ。 メニューは「松」、「竹」、「梅」の3種類を用意。モモ肉のローストビーフと自家製の牛しぐれ煮をのせた「梅」は、赤身肉のしっかりとした旨みをシンプルに堪能できる。それに加えて、脂ののったサーロインや、一頭買いをしているからこそ実現した、稀少部位のヒレも盛りつけた「松」は、部位ごとに異なる肉質を1杯の丼のなかで愉しめる。 牛肉は注文を受けてからタレにくぐらせ、炭火で炙っているため、香ばしさも抜群。まずはそのまま食してから、お次は卵黄をといたタレをまぶして。そして最後には卓上にあるワサビや海苔を添え、牛骨や鶏ガラ、利尻昆布などからとった熱々のダシをかけて、ひつまぶし風にしていただく。

黒毛和牛贅沢重 梅
1080円

上質なモモ肉のローストビーフは、キメ細やかな舌触りで濃厚な旨みがたっぷり。スジなどを煮込んだ自家製のしぐれ煮の甘辛い味つけが、ご飯を進ませる

黒毛和牛贅沢重 松
2140円

ローストビーフとしぐれ煮に加えて、霜降りのサーロイン、そして稀少部位のヒレものせた贅沢な1杯だ。焼いて香ばしさを出したしぐれ味噌と、ザブトンの炙り握りの「突出し」もつく。「梅」には付かないので、単品で注文を

突出し
220円

黒毛和牛贅沢重専門店 神楽坂本店

■『黒毛和牛贅沢重専門店 神楽坂本店』
[住所]東京都新宿区神楽坂3-1 桂ハイツ1階
[TEL]03-6228-1829
[営業時間]11時〜21時(20時半LO)
[休]不定休
[座席]カウンター10席 計10席/カード不可/予約不可/サなし
[アクセス]東京メトロ東西線「神楽坂駅」徒歩12分、地下鉄有楽町線ほか飯田橋駅B4b出口から徒歩5分

電話番号 03-6228-1829
2016年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
仙台牛たんと言えば、定食でいただくのが一般的。しかし、客が自ら目の前の七輪で炙る新たなスタイルを打ち出すのが、2018年4月に開業したばかりのこちらの店。
和ガリコ 神田店(ジビエ料理/神田)|鹿・雉・猪など、多彩なジビエ料理が自慢の肉割烹が、ランチは豚丼で勝負をかける!
クラフト(手作り)をコンセプトにしたアメリカンスタイルのバーベキュー料理の店。オリジナルスパイスで味付けした塊肉を特製スモークチップで低温調理することで、旨みをギュッと凝縮させている。
徳島県・吉野川に沿う山間部にある、大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)。歩危マートで売られている岩豆腐を使った、硬くて濃厚な豆腐料理をご紹介。 吉野川沿いの渓谷の景色といっしょに、満喫いたしました……。
あんぱんで有名な『銀座木村家』の知る人ぞ知るメニューが、2階の喫茶で提供されている「小海老のカツレツサンド」だ。軽くふわっと付けられた衣はサクサクで、ぎっしり詰まったエビは絶妙な火加減でプリップリ。
夫婦で切り盛りする小体な喫茶店。店主の坂爪弘樹さんは、「コーヒーもケーキも専門店級の味を届けたい」と数々の洋菓子店や高級珈琲店で修業後、2004年にこの店を開店した。
ふたを開ければ宝石のごとき点心に目も心も奪われる。まずはご覧の蒸し餃子。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt