MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ぐりる スズコウ(洋食/蒲田)名物特大生姜焼きはペロリと食べられる逸品!

ぐりる スズコウ(洋食/蒲田)名物特大生姜焼きはペロリと食べられる逸品!

もうもうと立ち上る煙の下に現れるはドカンと一枚肉の「特大生姜焼」。腕まくりで挑めばド直球の旨さにハッとする。

perm_media 《画像ギャラリー》ぐりる スズコウ(洋食/蒲田)名物特大生姜焼きはペロリと食べられる逸品!の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

ぐりる スズコウ(最寄駅:蒲田駅)

旨い! と思う心に理由はいらない 昭和の遺産的生姜焼

まず熱々の鉄板スタイルがいい。大判でケチケチしない肉がいい。コレコレ!と首がちぎれるほど頷ける懐かしい醤油味のタレがいい。つまりは誠実な味がいい。ここは蒲田で55年愛される洋食店。2代目鈴木貴雄さんが初代の父から受け継ぐレシピを守っている。肉は銘柄にこだわらない国産。生姜は爽やかな辛みの生すりおろしをたっぷりと。高級でも特別でもないけれど、ご馳走とは本来こういうこと。令和に残したい昭和遺産だ。

特大生姜焼(250g)
1680円

こんがり焼いた特大リブロースにすりおろした生の生姜をふんだんにのせ、醤油味のタレをジュワッとかける。ご飯が進む味だ。店主の鈴木さんは元力士。和食店などで修業してから家業を継いだ

ビーフシチュー
1570円

和牛バラ肉がゴロゴロ入る。一度茹でて余分な脂を取り除いているのでクドくなく飽きの来ない旨み

カニクリームコロッケ
1080円

ベシャメルソースにカニのほぐし身を入れたクリーミーな味

ぐりる スズコウの店舗情報

[住所]東京都大田区蒲田5-16-8 [TEL]03-3731-5029 [営業時間]11時半~13時半LO(昼営業は月・水・金のみ)、17時~22時LO [休日]土・日 ※ランチタイム有 [席]カウンターあり、全18席/全席喫煙可/予約不可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR京浜東北線ほか蒲田駅東口から徒歩2分


電話番号 03-3731-5029

撮影/大西尚明 取材/肥田木奈々

2019年9月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
戦後まもなく屋台の飴屋からスタートし、洋食に転向しておよそ半世紀。大塚っ子に愛される味は気取らず変わらず健在だ。
わずか6席のカウンター空間は店主の三浦さんが繰り広げる舞台だ。磨き上げられた厨房が美味の時間を予感させる。
洋食屋さんのカツレツはいつだって優しくてあったかい。それは単なる料理の温もりだけじゃない。
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
創業明治28年。『煉瓦亭』のポークカツレツは“とんかつの元祖”と言われているだけあって隙がない。
最新記事
酒田ラーメンの名店が、創業60年を機に姉妹都市の東京·三鷹市へ。スープは、煮干しとアゴの焼き干し、昆布でとった魚介ダシと、丸鶏とチャーシュー肉、野菜でとった動物スープを半量ずつ合わせたもので、澄んだ黄金色をしている。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
丼の中にあったかいスープ、上には野菜がどっさり。それをどけて持ち上げた麺からは湯気がふわ~っ。ハフハフしながら食べるタンメンは、どこか昭和を感じさせます。そんなノスタルジックな気持ちにさせてくれる5杯をお届けします。
本誌でも! おと週WEBでも! 美味しいニュースで“日本を元気にします”宣言! 美味しいニュースを発信する「おとなの週末WEB」の注目度が高まっています。コロナ禍でも元気に過ごせるよう、ステイホームを楽しむためのステキなプレゼントをご用意! ふるってご応募ください。
創業130年以上の歴史におごることなく挑戦を惜しまない5代目の飯田さん。十数年前に考案した「かきあげあんかけ天丼」がじわじわ人気沸騰中だ。
get_app
ダウンロードする
キャンセル